2004年10月29日

今日は今の部署の最後の日

異動が決まって1週間。とりあえずファイルを作ったり、机の上を片づけたりと、引き継ぎ業務を終えて、異動のために荷物を机から取り除いたら、これまたすごーく汚い。埃がたまりまくり。特に汚いのがキーボード。家のキーボードはもうキーボード全体に手垢がついて汚いを通り越しちゃって風格が出てるって感じなのですが、会社のキーボードはそこで菓子食べたりとかするし、ぼろぼろの本の屑がこぼれ落ちたりして、ひどいのです。改めてこれを次の人に渡すのは気の毒だと思い、まずはエアダスターでシュビシュビバーと中の埃を飛ばし(それを掃除するのも大変)、さらにキーを1個1個拭いて、なんとかまあ普通のキーボードに戻ってくれました。来週からはノートパソコン。私は家でもこだわってデスクトップにしてるので、今更ノートに戻るのも憂鬱。あの狭くて浅いキーボード打てるかしらん。まずそれが心配。

2004年10月28日

葉物はホントに高いですね。

野菜高騰:台風が食卓を直撃 葉物など目を疑う高値に(毎日新聞)

ビックリするほど高いのがレタス。私の住む町は、都心に近い割に誰もが「物価が安い」という変な町です。それでもレタス650円。なんと豚肉どころか、牛肉100gより断然高い!さすがに売れてませんでしたよ。確かに需給関係からその値段になっちゃうのかもしれませんが、それにしたって上限がありますよね。大体レタス使わなくちゃ作れない料理なんて無いですし、代用品だってたくさんある。さすがにキャベツはそこまで高くありませんでしたが、ほうれん草とかも普段なら198円、138円レベルのものが398円とかいう値札がついてます。鍋の必需品ハクサイも高いですが、これは良い方法があります。本当はハクサイをたっぷり入れたほうが良いのですが、仕方ない。ハクサイのキムチを買ってきて、鍋にぶち込めばいいのです。ああいうものは突然値上がりしませんし。

しばらく根菜で乗り切ろう。。。うん、そうしよう。でもキャベツが無いと餃子が作れなくて哀しい。

2005本格ミステリベスト10

本格ベスト10

今年もメールで投票アンケートが来てるのですが、何しろ「本格ミステリ」と呼べるような本を全く読んでないので、投票は遠慮させていただきます。

今年は何が人気になるんでしょうね。全くわからないや。そういうのとは関係なく、面白かった本を年末にあげる予定です。たぶん。

2004年10月27日

見てもらったほうがいいのか、それとも見る権利を売るほうがいいのか

Japan.internet.com Webビジネス - 開始まもない「Google ニュース日本版」の恩恵を受けた日経新聞と朝日

googleニュース、結構重宝してます。同じ記事を何度も読まされることもないし、逆に同じ事件に関する記事を様々な角度から見ることもできます。普段見ない新聞の記事も読むことができたり、それによって他紙には掲載されないような小さい記事を知ることもできたり。検索機能も使えますし。

一方で、産経や読売はgoogleニュースへの掲載を拒否してるんですよね。日経・朝日はRSS配信をいち早く始めたことからも分かるとおり、「来てもらわなくては、読んでもらわなくては意味が無い」方針で、産経・読売は、「記事は、(たとえフリーなスペースに置かれていても)そのものが財産である」と考えてるってことですね。

多分私は日経や朝日のほうが正しいと思ってます。だって記事なんて見てもらってなんぼでしょ。それで購読しようと思う人間もいるかもしれないし、そういう誘導をHP上ですることも可能。無料の部分以外に有料の部分を作る方法だってあるし、なにより見てもらえば広告料が入るというビジネスモデルはいまや当たり前。個人サイトですらアフィリエイトでお小遣いが稼げるのですから、桁の違う利用者のいる新聞サイトなら、それだけでもかなりの収入になるのでは。日経や朝日は早くからオンラインによる情報提供や記事のデジタル化をしてきた新聞社ですから、そのあたり抵抗感が無かったのかもしれませんね。

しかし読者数、露出度の差は、そのまま影響力の差になってしまうのはどのマスコミだってわかってるはず。Googleニュースの効果が有意な差となって現れはじめた今、無断リンク嫌いの2社がどう出るのか、ちょっと見ものです。読売あたりはYahooとの関係もあるので、そう簡単にはいかないのでしょうけれども。

[movie]火星からの手紙


監督: キム・ジョングォン
出演: シン・ハギュン, キム・フィソン
2003年韓国/カラー/107分/

幼くして父を亡くしたソヒ(は、父の死の直前の言葉を信じて、父が火星に行ったと信じていた。「火星の父」へと手紙を出すソヒに淡い恋心を抱く少年・スンジェ(キム・ハギュン)は、ソヒの夢を壊したくないばかりに、「ソヒの火星の父」になりきって手紙を書いていた。そして、月日は経ち・・・


同じ監督の『リメンバー・ミー』もそうでしたが、ちょっとファンタジーの入った恋愛映画でした。映像がとっても綺麗だったし、田舎の純朴な青年と、ソウルに出て変わってしまった女性のすれ違いといったテーマもそのファンタジーのおかげで、意外と新鮮に映りました。ただ、火星とかけた「赤」をすごく意図的に使っているように思ったのですが(ソヒが突然村に戻ってきたときのマフラー、薬屋のおねえちゃんも赤いマフラー、そしてラスト間近でソジュンが来ているセーター、誕生日プレゼントのカードも赤だった)、それが何を表しているのか、いまいちつかみきれなかったかも。

なんか見ている間中、シン・ハギュンが誰かに似てる・・・と思ってたのですが、最後の頃になってようやく気づきましたよ。浜ちゃんそっくりだと。

上映時間もちょうど良い感じでしたし、ビデオとかで見るにはなかなかかも知れません。ただ、私はあまりラストは好きじゃない。あれは怖いでしょう、そんなことないですか?

最近よく見ます<iPod

「アップルが好き」だからiPod miniを買うわけではない――NS総研調査 / デジタルARENA

最近よく電車の中でiPodやiPodminiを見ます。女性からおじさんまで、持ってる人は様々。本当に普及してるんだな~と思います。レーベルゲートはWMAフォーマットでのダウンロード販売を始めるそうですが、iPodはライセンス管理されてるWMAフォーマットに対応するでしょうか。。。

2004年10月26日

[movie]笑の大学

笑の大学 オフィシャルサイト

笑の大学 スタンダード・エディション
星護

東宝 2005-05-27
売り上げランキング : 888

Amazonで詳しく見る
by G-Tools






監督: 星護
原作・脚本: 三谷幸喜
出演: 役所広司, 稲垣吾郎

昭和15年日本。国は娯楽への規制を強化しはじめていた。ある日、警視庁検閲官に任命された向坂睦男(役所広司)は、取調室で喜劇作家・椿一(稲垣吾郎)と向き合っていた。あなたの脚本では全く話にならない。上演許可は到底無理だ。全面的に書き直してこい。そう命令した向坂だったが、椿は向坂の無理難題を次々と乗り越え、脚本はどんどん面白くなっていき・・・


本当に面白かった。映画館で確かに笑いが起きることはありますが、あそこまで誰もが爆笑してる映画ってあったでしょうか。笑いを取ろうとする喜劇作家と、それを阻止しようとする検閲官という完全に反対の方向を向いている二人なのに、何故か台本に向き合うとその違いこそが、おもしろさを作り出してしまうのです。無理難題をなんとか乗り越えようと、四苦八苦する喜劇作家のストレートな面白さと、それになんとか横槍を入れようとして出す無茶苦茶な注文のすっとぼけた面白さ。そしてその状況が作り出すズレの面白さ。いろんな笑いが入り交じって、とにかく笑える。もう笑い疲れたーというところでくる最後の無理難題(クライマックス)。そして、感動のラスト。とにかく見て損はない映画です。最近笑ってないけど、瀬戸内寂聴さんの法話集を買うのはちょっと、という方に絶対おすすめ。抱腹絶倒間違いなし!

10月30日(土)より、東宝洋画系でロードショー。

2004年10月25日

また揺れてる・・・

今また揺れてますね。

新潟からかなり離れている我が家でも、一昨日から断続的に微妙な揺れを感じています。中越地方で震度5強だそう。

一昨日、本震が起きたときに私は自転車を漕いでました。買い物なんかのついでにツタヤにビデオを返そうと行ったのに、その肝心のビデオを家に置き忘れたことに気づいて、家に戻っているところでした。商店街の電気屋の前に人だかりができていて、なんだなんだ、と思って見ると、震度を表した地図が出てました。しかも震度6強。こちらでもかなり揺れたようなのに、全く気づきませんでした。

新潟には親類もいるので心配です。

大地震って本当に忘れた頃(でも前の地震の記憶が完全に忘れられる前)にやってきますよね。今年は天災の本当に多い。お払いでもしたほうが良いのでは?奈良時代とかなら、絶対神の祟りとか言われてたでしょうね。

2004年10月23日

[TVドラマ/ビデオ]ロングバケーション

ロングバケーション
木村拓哉 山口智子 竹野内豊 稲森いずみ 松たか子 りょう

ポニーキャニオン
2001-11-21
売り上げランキング 1,647

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




脚本: 北川悦吏子
出演: 木村拓哉、山口智子、稲森いずみ、松たか子、竹野内豊、りょうほか
1996年/フジテレビ/全11回

南(山口智子)は夫となるべき朝倉の家へと花嫁衣装を着たまま走っていた。たどりついた家には朝倉のルームメイトだという瀬名(木村拓哉)が一人。朝倉は荷物をまとめて出て行ったという。花婿に財産を持って逃げられ、住むところも無くなった南は、朝倉の住んでいた部屋、つまり瀬名の部屋に転がり込んでくる。奇妙な同居生活が始まった。


今更なんでこんな古いドラマを見ようと思ったかというと、

ISBN:4047215147

こんな本を見たからなんです。96年はこのドラマ「ロングバケーション」が主要な賞を総なめした年。松たか子や広末涼子(めちゃめちゃかわいい!)がまだ新人として出てたドラマでもあり、しかも「こんなドラマはもう二度と作られないだろう」という評判だとか。そう言えば「ロンバケ」って言われて流行ってたし(ちなみに当時私は受験生だった)、そこまで言われると見てみたくなるのが人情というもの。ビデオもDVDも売られてるみたいなので、TSUTAYAに行けばあるだろう、と探したらあるのですけど、意外と借りられてたり。半額キャンペーンを使いつつ、ちまちまと分けて借りて1週間。あはは。確かに面白いわ、これ。山口智子とキムタクも良いのですが、脇役が良いですよね。稲森いずみってこの人だったのか~とか、松たか子ってどうあっても「お嬢役」から抜けられないなあとか、一瞬おいてから「もしや・・・広末?」と思ったかわいすぎる広末(子役)とか、やっぱりアニマル系かよと思った竹野内豊とか。

すんごく不思議なのが、生活感ゼロなところなんですよね。食事っていうとカップラーメンか近所の中華料理屋というのはともかく(でも南は結婚するつもりで、かつもう31歳なんでしょ、そんな生活してて大丈夫なのか)、ベランダも無さそうなのに、なんで部屋の中にも洗濯物が干されてないのかとか、男女二人じゃ洗面所とか大変だろうなとか、どうでもいいことが気になります。それに瀬名の恩師(森本レオ)が、奥さんに逃げられてどうしているのかも気になります。なんとなくあちこちに見られる90年代風も良い。この年はミニスカにロングの髪が流行ってたんだな~とか、キムタク髪切ろうよ(よく考えると小泉首相のライオンヘアーはキムタクの真似なのか?)、とか。

私のツボは、そのセリフ。山口智子が言われる「おまえ(それでも)女だろ」「がさつだな」「男と話してるみてえ」って私も言われたことあるんですよ!確かに言われるとそのとおりなんですけど。それでもさすが女性脚本家。そういうことを言う男(つまりここでは木村拓哉扮する瀬名君)は比較的若く、かつ女性にちょっと幻想を抱いちゃってる男だったりするんですが、正にそんな役の瀬名君。また、前半に相手役として信じられないほどのお嬢様で世間ズレしてない松たか子嬢、という役を配するところも笑えますけど巧い。

でもこのとき山口智子ってCMクイーンとかで、すんごいテレビ出てたと思うのですが、どこ行ったのでしょう。男の人は得ですよね。年齢重ねるとまた別の意味で味がでるから。いまだに同じような役ができるキムタクもどうかと思うのですが、それでも今でも「キムタク」ってだけで視聴率が取れるんですもん、それはそれですごいと思う。

あまりのすれ違いと、出来過ぎなラストですけど、まあ女の子ウケはしそう。でも、多分これを実際に放送されてたときに(つまり高校3年のときに)見てたら絶対思わなかったと思うのですが、結婚するなら年下君はおすすめです。バツイチの年上男よりも断然。

歴史というか、ゴミというか

人事異動で部署が変わることになって、今の机を片付けなくてはならなくなりました。もう8年も今の部署に居着いていたので、大変です。資料もそうだし、その資料の底には何やら大昔に渡された本が出てきたり。。。で、片っ端からそれを片付けてるのです。

資料を区別しながら思うのは、こういう資料に残せるような事柄ではなくて、自分が仕事をしながら経験で得てきた「感覚」とかそういうのって、なかなか残せないよなあということです。どんな部署にも経験を積み重ねたベテランっていうのはいると思うのですが、その経験って共有できないものですよね。私は問題処理係だったもので、マニュアル的に処理できないような本だの資料だのはぜーんぶ私のところに回ってきてました。そういう変な図書をどう処理するかとか、どういうところに問題があるのか、とか、そう言えば前もそれあったな、とか、そういう頭の中の記憶が実は一番重要だったりするわけです。とりあえず資料(テキスト)にできるものは全部していかなくてはいけないでしょうけれども、そういう日々培ってきたものが残せないのがちょっと悔しいかも。

2004年10月22日

サントリー ウィスキー&ミステリートークショー



2年ぶりに当たって行ってきました<サントリーのミステリートークショー。去年から会場が六本木アカデミーヒルズに変更になって、3000円の料金を取るようになったようですが、3000円取るだけのことはあるのです。発売される「謎2004」はハーフロックなどなどで飲み放題状態。おつまみ一皿、さらにワイン2本、グラス2個、「謎2004」1本という超重いおみやげまでついて、しかもアカデミーヒルズに行けました(普通は会員しか入れない)から、それだけで満足。

で、トークショーですが、最初はそれぞれがどういうブレンドをしたか、という話をサントリーの輿水チーフブレンダーが話ながら、それぞれの思い入れを聞き、後半は会場からもらっていた質問を中心にトークショーという形式は同じ。始まって以来ずーっとブレンドをしている後ろの御大たちは、癖がありすぎて超爆笑。北方謙三氏のはピートが強いモルトを大量に入れていて、輿水氏も「私は好きですが、いつも北方さんのはすぐわかるんですよ」とのこと。剛爺、大沢親分のも他の人が5%とか10%とか切りの良い数字でブレンドしているのに、2%とか18%とか、変な数字。剛爺曰く、「火のように炎のように、とスペインのような雰囲気にしながら、スペインから持ってきたというシェリー樽のモルトを使わなかったところがどんでん返し」とのこと。とにかく後ろの3人は、ウィットの効いたしゃべりが面白い。

一方前の3人は今年は篠田節子女史、神崎京介氏、石田衣良氏。私、実は神崎さんとかもっと若い人だと思ってたのですが、一番若そうで、落ち着きも無さそうなのは石田衣良氏でした。特に北方謙三氏は、おしゃべりで、口のうまい(?)石田衣良氏に後ろからピーナッツをぶつけまくっていました。篠田女史は、逆にもっとおばさんかと思ってたのですが、ずっと若そう。しかもお嬢様な雰囲気。

前回の反省を生かしてトークショー向きな質問を用意しておいた私は、なんと採用されまして、出演者全員のサイン入り新刊、

逢坂剛『恩はあだで返せ』
北方謙三『楊家将』(上下)
大沢在昌『パンドラ・アイランド』
篠田節子『秋の花火』
神崎京介『好きの果実』
石田衣良『約束』

の6タイトル7冊(パンドラ以外未読でラッキー)と、日本推理作家教会設立50周年記念のトランプ(!)、そして「ぼくらの愛した二十面相」のビデオとパンフレットという豪華で且つ重いセットをいただきました。前述のおみやげとこれとを相方に持たせ、私は相方の鞄を持って、えっちらおっちら帰ってきたのでした。

2004年10月21日

bk1どうしちゃったの?

私は最近、本はほとんどbk1で買ってるのですが、そろそろ積ん読も底をついてきたので、また調達するかとbk1を開いたらおっそいおっそい。ようやっと現れたトップページには「現在サイトにアクセスが集中しており表示が重くなっております」とのこと。いや、bk1は普段もサクサク動くというレベルではないので、こんな表示を掲げるレベルっていうのはもうすごいんですよ。とりあえずbk1.jpのほうは使えそうなので、そっちで買い物かごを生成して、さて買うかと思ってからが長い。買い物かごを転送してます。。。と出て5分。認証に5分。注文確定に5分。よく落ちないなーと思ったものです。

本屋が超人気のラーメン屋みたいに混んでる雰囲気でしょうか。デジタルの弱いところは、沢山人がくるとサービスさえできなくなっちゃうところかな~と思うんですよね。これってどうにかならないのかしら。

2004年10月19日

今年、台風はよほど日本が好きらしい

超大型の台風、本州接近へ (NIKKEI NET)

先週の今ごろは、気象庁も米軍もそろってそのまま西へ行ってしまう予想をしていた台風23号。何を思ったか沖縄手前で北に進路を変えて、やっぱり本州上陸の可能性ありらしいですね。。。今のところ高気圧ががんばってて関東には来ないっぽいのですが、なんでしょ、このでっかい強風域。今日からまた雨が続くようでとっても嫌。今週末は菊花賞ですから、あまり影響出ないといいのですが。コスモバルク、早めに輸送して大正解。

いや、でも先日思ったのは暴風域に入らなかったら台風とはいえないってことですね。あれはホントに恐ろしかった。もう日本に台風は十分なんで、そのまま消滅しちゃってください>トカゲさん。数を更新するのは金メダルだけで良いです。

2004年10月18日

[韓国ドラマ]「イヴのすべて」 折り返し

ようやっと10話終わりました。あと10話。アナウンサーに憧れて、大学に入学したソンミと、どん底の生活から意地でものし上がりたいヨンミの物語は、既に舞台はMBSのアナウンサー室へと移っています。ウジンを巡る争いでは完敗したソンミは、ロンドン留学時代に出会い、その出自を全く知らなかったユン・ヒョンチョルが、なーんとMBSの会長の息子で、今はMBSの理事に収まってた(そんなのありかよ)、ってことで、一発逆転状態。ただアナウンサーとしての資質は、努力家でもあるヨンミのほうが一枚も二枚も上手。ソンミの武器は視聴者受けする愛嬌だけ(でも視聴率至上主義においては、その武器は何よりも強かったりする)、というそんなところです。

なんか韓国女性ってめちゃめちゃ強いんですかね。今のところこのドラマで主導権を握るのは常に女性、ウジンもユン理事もソンミの父親も、アナウンサー室の男性陣も常に元気な女性たちに振りまわされっぱなし。日本の恋愛系ドラマなら必ず出てくるだろう、男に尽くすタイプの控えめな女性は皆無ってのが面白いです。

さてさて、後半は白馬の王子様(正にそんな感じだ、あまりにハマリ役で、ある意味滑稽>チャン・ドンゴン)を巡ってのソンミとヨンミの争い?が始まるようですが、白馬の王子様が迷われる様子は今のところありません。一方でヨンミは次々襲ってくる「過去」を乗り越えなければならない、というハンデを背負わされており、ちょっとかわいそうになってくるのは私だけ?

インターネットリーグも間近か?

ソフトバンク、ダイエーホークス買収に名乗り (NIKKEI NET)

楽天、プロ野球参入に書いたインターネットリーグ。Amazonはその気は全く無いようですが、Yahooニアリーイコールのソフトバンクがダイエーを購入することで参入しそう?あのときあげたgooはNTTグループでしたから、いろんな制約で無理だとして、エキサイト辺りは出てきませんかね。Amazonは無いだろうなあ。広告には金はかけないって方針みたいですし。

しかし、これで候補は3球団。パリーグならぬインターネット・リーグ、略してイ・リーグ実現の日も近いかも!

2004年10月17日

興福寺国宝展

上野の芸大美術館で開催中の興福寺国宝展に行ってきました。興福寺っていうと、三重塔と、阿修羅像、という印象しかなかったのですが、それって度重なる火災のせいだったのかも。実は面白い仏像や歴史を沢山持っているのですね。

地下の展示室は主にその歴史と曼荼羅や絵といった二次元の宝物、3階の展示室が仏像などの大物の展示でしたが、仏像、あれだけよく持ってきましたね~。今興福寺行った人かわいそう。あちこちに「出張中」とか書かれてるんでしょうね。特に十二神将像や、四天王像なんかはさすが鎌倉時代の作品、動きのある面白い仏像で、これ見なくちゃ意味ないでしょ、といった感じ。私が鎌倉時代以降の作品ですごいと思うのは玉眼なんですよね。あれが入ると生きてるみたいな雰囲気。そして木彫りであそこまで肌の感じをリアルに表現しているのも。ある意味宗教色が薄れて、どちらかというと世俗の美術品という感じを受けるのですが、でも美術品としては本当に美しいと思いますね。

3階入ってすぐに置いてある法相宗の祖である無著・世親の像が飛び抜けてすばらしかったです。

今日は薔薇鑑賞です。



(ピンクのはクリックすると大きくなります。)

お天気も良かったので、今日は旧古河庭園に薔薇を見にでかけました。去年は土砂降りの雨で、それはそれで風情があったのですが、やっぱりお天気良いと気持ちいいですね。今年は台風のせいなのか、少し薔薇が少なかったように思いますが、広場の前に飾られている薔薇も綺麗でしたし、去年とは違った色の薔薇が見られたように思います。でもまたメモとかしてないから、何が何だかわからない・・・。

去年は薔薇のアップばかりだったのですが、今年は建物と空を入れたのも撮ってみました。うーん、でもこういうのって一番難しいですね。アップだとなんとなくどアップすれば普通に写真になる気がするのですが、いろんなものを含めて空を入れるのって、まだまだいまいちです。



2004年10月16日

コスモス見てきました

ピンクと白
赤っぽいの(クリックすると大きくなります)
黄色
いろいろ
いろいろ(クリックすると大きくなります)

昭和記念公園でコスモスを見てきました。今日は私の中ではもっと天気が良いはずだったんですけどねー。青空を期待したのに、曇り空でした。というわけで、長いレンズで大きめに写してみました。今年は「これから見頃」ってところに例の台風22号が直撃してしまい、ほぼ満開だったと思われる広場東の花畑はほとんど全滅状態。コスモスの丘も上のほうはかなり倒れてしまっていました。バーベキュー広場の花畑は背丈が小さいから風の影響も少なかったようで綺麗でした。来年リベンジ。


いろいろ


ついでにタイトルバックもコスモスで秋の雰囲気にしてみました。

2004年10月15日

消化試合?それとも練習試合?

サッカーワールドカップの1次予選最終試合は消化試合が決定。で、夕刊紙の見出しに出てたのが、カズとかゴンとか。相方に言うと、

「ここで大事な選手に怪我されちゃ困るからだろ」とのこと。なるほどー。

「じゃあ、負けてもいいなら思い切って超ドリームチームにしちゃえば。ゴールキーパーが松永とかさー。」
「で、司令塔は当然ラモス。」
「井原とか、北澤とか。」
「松木も選手として出ちゃえば、解説がうるさくなくていい」
「そうだ、ジーコも監督じゃなくて選手として出ればいいんだ」

「・・・ジーコは日本人じゃないよ」

そうか、なんかずっと日本で見てるから出られるような気がしちゃってたよ。

でも先のことを考えるなら、興行的なおもしろさよりも、オリンピック代表を試合に出させるのが一番なんじゃないかなあ。いや、確かにカズとゴンの2トップを再び見られるのは、私としては嬉しいけど。

2004年10月14日

茶のこころ



伊藤園の花セラピージャスミン茶についていた「あおくび大根の携帯ストラップ」。全6種類でそのうち1種類がシークレットらしいのですが、どうもシークレットっぽいです。袋についていたシークレット以外の5種類にあてはまらないんだもん。今日はいいことあるかも?

2004年10月13日

携帯サイトも作ってみました。

Tonkey Magic: MT4i Tonkey Ver. MT3.0暫定対応版(MT4i_18T7)

こちらからcgiを貰ってきて、携帯サイトも作ってみました。QRコードを貼り付けてみたかったのと、モブログしたときの確認用です。。。URLは表示してませんが、QRコードをクリックすると飛べます(^^)。多分iモード以外でも読めるんじゃないかと思いますが、私のケータイはdocomoなので確認できません。すみません。

そう言えば、馬券にもQRコードが書いてありますよね。あれ、読み込んでみたんですよ、ケータイで。よくわからない数字の羅列でした。暗号化されてるのか、それとも何かフィルタをかけるとちゃんと読めるのか。まあ別にどうでもいいけど、馬券は裏が黒いやつのほうが、栞として再利用しやすいです。。。

シーモがおサイフケータイ対応

Let's Try! Cmode

でも見たこと無いの<シーモ。しかも上記サイトを見ると、Edyで買えるわけじゃなくて、シーモはシーモ用のチャージをしなくちゃいけないのですね。めんどくさー。

毎日Edyを使ってて思うのは、Edyが威力を発揮するのは小額決済のときだってことです。小銭のやりとりって、わずらわしい上に、結構お釣り渡されるとき間違ってたりしません?100円玉が50円玉だったりとか、10円足りないとか。それに小銭って必要なときに無かったりして。今ジュース飲みたい!のに、財布を開けたら万札しかない!小銭も100円玉1個だ!お願いだから誰か20円くれーって周りの人に言いたくなるときありますよね?(え、無い?)私はわざわざ改札まで戻って万札を崩した記憶もあります。そんなときでもお財布ケータイに対応してれば買えるし。現金を自販機の中に入れないことになるのでセキュリティ的にも良さそうですよね。

コカコーラじゃなくていいから、どこかケータイEdy対応の自販機置いてくれー。お願い。

2004年10月12日

[movie/スカパー]ぼくのバラ色の人生


ぼくのバラ色の人生

発売日 2000/05/26
売り上げランキング 7,742

Amazonで詳しく見る



原題: Ma vie en rose
監督: アラン・ベルリネール
出演: ジョルジャ・デ・フレネ, ジャン・フィリップ・エコフェ, ミシェール・ラロック, エレヌ・ヴァンサン, ダニエル・アンセンス
配給: ギャガ・コミュニケーションズ
1999年/ベルギー・フランス・イギリス合作/カラー/87分

7歳のリュドヴィックの夢は、女の子になることだった。着飾って、好きな男の子と結婚する・・・そんな人生を思い描く彼を、最初は受け入れていた周りも徐々に奇異の目で見つめ、やがて決定的な事件が起きる。家族だけは何とか彼を理解しようとするが、しかし・・・


男女の差っていうのはどこで生まれるのか、彼の「ボクって男なの?」というあくまでも純粋な問いに揺らぎを感じちゃいますよね。生物学的な男女の差、っていうのも実は曖昧で、半陰陽というのは少なからず存在することも確か。この前図書館に来た『男でも女でもない性 : インターセックス(半陰陽)を生きる』という本を見て、本当に男女の差って曖昧なんだなあと思いましたよ。それに最近は所謂トランスセクシャル、生物学的には男性だけれども、心は女性というのもかなり認知されていて(正しくかどうかはともかくとして)、なんとなく社会でも受け入れられるようになった感じもします。戸籍変更も可能になってきているようですし。「男らしい」とか「女はこうあるべき」みたいな性概念も、社会が勝手に考えだした偏見みたいなものですから、時代が変われば女性性、男性性というのも変化するもの。実は男女なんて簡単に分けることのできない複雑で微妙なものがあるのかもしれません。最近可愛らしい男の子の中には(もう既に少年を過ぎたような年の子でも)本当に女の子にしか見えない子っていますしね。ジャニーズ系とかまさに。

しかし、頭ではわかっていても、そのグラデーション的な曖昧さは、社会制度をも崩壊させるほどのインパクトを持つものだけに、なかなか受け入れてもらえないものですよね。特にそういう社会制度上で巧くやっている人たちにとっては、その存在は脅威以外のなにものでもない。コミュニティで受け入れてもらえないつらさと、でもそんな彼も家族の一員と思う彼ら。どっちが正しいとかそういう説教臭さではなく、あくまで家族愛と「それはほんのちょっとしたボタンの掛け違い程度の話なんだ」に焦点を置いたところに、この映画のよさがあると思います。可愛らしい主人公と、ポップな映像(笑っちゃうくらいステレオタイプな女の子の世界)に乾杯。

2004年10月11日

2タッチ方式・・・昔取った杵柄

自分の携帯で2タッチ方式が使えることを今更ながら知って、2タッチ方式を使ってるんです。やっぱりこっちのほうが早い。ポケベル世代なら、絶対指が覚えてるはず。何しろ通話料をなるべく安くするために、いかに速く打つかが決め手でしたから。当時はほとんど使わなかった英文字・記号や数字類のタッチを覚えるのがネックですが、何しろ打つ数字は断然少ないですからね。<2タッチ式。ただ、私のSO506iCに搭載されてる「連想方式」というのが意外と使えるのです。たとえば「と」とか打ち込むと、今までよく使ってる文字から予想して「東京」とか「ところが」とか出してくれるんですよ。それでそれを選択して確定すると、さらにその後によく打ち込まれる文字を予想して「から」とか「に」とか、次の予想文字を出してくる。選ぶだけで「今東京にいます。これから帰ります」とか文章になっちゃうのですが、その連想変換が2タッチ式では使えないのです。なんでだー!!!それだけが不満。どうにかして>SONYさん。あと句読点を*のとことかに割り当てて欲しいかも。

2004年10月10日

2004年10月9日

ただいま暴風域

16時過ぎ、突然真っ暗になったかと思うと、それまでも断続的に強く降っていた雨がさらに激しくなって、風も出てきました。窓閉めてるのにカーテンが揺れてます。暴風域に入ったようです。

仕事も半日で終了になり、とりあえず夕飯と競馬新聞と水とお茶を買ってNHKをつけっぱなしにしています。ラジオ(競馬用、当然電池で動く)もあるし、あとは懐中電灯を用意。NHKは私の見ている限り、休み無く台風情報を放送しています。

スカパーのアンテナが心配です。意外と軽くて薄いので、風の影響は受けてないようなのですが・・・当然今は受信できてません。

ひえー!!!さらに風強くなった。まじで怖い。葉っぱが舞ってます。木が飛びそうです。あ!自転車大丈夫か?!

お出かけは控えてください

かなり降ってます。昨日の夜中にはまたスカパーが受信できない状態になったようです。台風本体はまだまだ潮岬の南にあるのですが、雨だけはかなりのものです。この雨は秋雨前線の雨なのか、それとも台風の雨なのか、よくわかりませんが、とにかくどのニュースも同じことを言っています。

「今日のお出かけは控えてください」

でも私も相方も仕事なんだよ(T_T)。結構外は寒いようです。厚着して、さらに競馬観戦用の合羽持って(着て)いこう。。。今日はきっと競馬も中止でしょうね。ちょうどメインレース辺りで直撃されたら、馬も観客も悲惨だもの。電車止まりそうですし。

日本テレビの傘マーク、傘がおちょこになってるのが笑える。

2004年10月8日

歌が伝える電話の歴史

先日、押入をひっくり返していたら、引っ越してからずっとしまい込んでいた昔のCDが出てきたのです。プリンセス・プリンセスのアルバムの山。うぉーなつかしーと思って、さっそくそれらをパソコンに取り込んでみました。あ、でも私が一番気に入ってたLOVERSだけ、初回限定版の変型だったから、ここにないぞ!今度実家に帰ったら探さなくては。と思ったのは別の話。

で、さっそく聴いてみたのですが、"Let's get crazy"の中の"Stay there"という曲、そこにこんな歌詞があるんです。


指先の魔法は9つであなたに繋がるけど いつも二人で眠りたい


私は何の気なしにああ、この頃ってとりあえず電話(それも固定)しか連絡手段が無かったよね~って思ったのですが、ふと気づいたのです。

あれ、電話番号って9桁だったっけ?多分こんな歌詞で東京以外の番号を使うとは思えないので、東京03の番号を思い浮かべたのですが、やっぱり10桁だ。市外局番をのぞくと8桁になっちゃうし。普通の3桁市外局番の電話も、通常は10桁。

・・・・あ!そう言えば私が子供の頃、東京の電話番号の市内局番が1桁増えたはず・・・。と思って調べてみると、やっぱりありました。

1991年 東京の電話番号、市内局番が4桁に

13年前ですね。それまでは東京の市内局番は3桁だったから、03-△△△-XXXXで9桁だったんだ。別に「ポケベルが鳴らなくて」じゃなくても、意外と流行歌って時代を反映しているものですね。

2004年10月7日

ほうとう食べた。


昨日はス−パ−になかったほうとうが、今日は出ていたので、作ってみました。やっぱり峠の茶屋には敵わない。。。

[韓国ドラマ]「チャングムの誓い」今日から放送

秋から始まるBS海外ドラマ -宮廷女官チャングムの誓い--

今日の午後10時からNHK BS2で放送です。というか、自分が忘れないように書いておきます。

主人公のチャングムは、イ・ヨンエ。それだけで楽しみ。でも全54話って・・・・いつ終わるんだろう。

台風接近・・・10日は?

台風予想進路図(気象庁発表)


台風が接近してきています。もっと早くくるのかと思っていたら、南海上でかなりうろうろしてて、その間に随分発達してしまいました。7日午後18時現在の台風の中心気圧は935hPa!しかも予報によるとこのまま紀伊半島~関東辺りへと進んでくるようです。関東は危険半円に入っちゃうし、今までよりも上陸地点がかなり東で、海から直接くるからちょっと怖いかも。まあまだまだ2日あるので、予報は予報ですが。

10日は毎日王冠なのです。できれば雨は上がって欲しい。その前に私、9日出勤だ!

揺れました

うぉーって飛び起きました。揺れてるよ!って感じでした。びっくりしました。相方も「揺れとるなー」とうろうろしています。テレビをつけたら我が家の周りは震度4くらいでした。このレベルで震度4なのですね。だとすると、震度6弱とか、震度7とか、想像を絶するものがありますね。

ああ、でも先の震災で被害に遭ったという綾戸智絵が言ってました。「本当にやばいときは、揺れてるとか、地震だとか思えない、だから「あ、地震だ」って思った時点で大丈夫だ」とか。まだ大丈夫だったってことですね。

震源地はつくば付近だった模様です。ナマズが動いたのかな。

2004年10月6日

Windows XP SP2入れてみた

特に何も起きず。というか、一番再起動して、最初に立ち上がったのが、ウィルスバスターの「パーソナルファイアウォールとバッティングするから、Windowsのファイアウォールを無効にしなさい」という指示。

えーこれがこのSP2の目玉じゃなかったわけ?

がっくり、というオチでした。というわけで、全く問題ありません。見られないページもありません。FTPも使えました。心配して損した。

うどん食べたい

なんか急にうどんが食べたくなりました。家にも乾麺がまだ残ってるのですが、どうもああいうのじゃなくて、もっと太い感じ(とはいえきしめんではない)のうどんが食べたい。スーパーにある讃岐うどんを買って茹でようかと思ったのですが、うーん、私が食べたいうどんとはちっと違う気がする。All aboutのうどんサイトを見たりしたのですが、これに近いかもーと思うところは微妙に遠いし、大雨で歩きたくない。結局気になってた近所のうどん屋に行ったのですが、たぶんうどんとしてはコシもあっておいしい部類に入ると思うんだけど、「私が望んでるうどん」とはやっぱり違う。何より麺はもっと太いほうが良い。

よーく考えていて、ふと思い出したのです。ああ、私が食べたいのは「うどん」じゃなくて「ほうとう」だ。この前スーパーでうどんの隣にほうとうが出てるのを見て、ああ、しばらく食べてないなあと思ったのです。山梨に食べに行こうかな(笑)。

ちなみにうどんなら私は東急東横店に入っている「饂飩四国」と、銀座の「木屋」が好きです。

2004年10月5日

デジタルARENAもRSS配信

デジタルARENA新着記事のRSS配信について / デジタルARENA

おーASCIIのデジタルARENAでもRSS配信開始です。一度使い出すと、やめられないですよね。私はOperaのRSSリーダー機能を使ってるのですが、Thunderbirdの新バージョンでもできるとか。Operaのは使いやすいですよ。おすすめ。RDFのページを表示させると、勝手にRSSリーダーの購読欄に登録されるので、あとは、[メール]→Newsfeedsでupdateの時間とか細かい設定をすればいいだけ。asahi.comとかnikkeibpもやってますけど、せめて概要ぐらいはRSSに含めて欲しいものです。見出しとリンクだけじゃいちいちサイト見にいかなくちゃならないし。広告収入をあてにしてるから、それじゃ困るのでしょうけど・・・。

このサイトもトップページの下のほうでXML形式の配信をしています。Operaで読めるのは、XML2.0のほうのようです。

夏に降らなかった分?

3日から3日間、ほとんど止まずに雨が降り続いてます。夏場は台風が大量に来たにも関わらず、関東には全く上陸しなかったし、雨もあんまり降らなかったこともあるのでしょうか、ここぞとばかりにかなり激しく降ってます。しかも今日は時間が経つにつれ激しくなるとか。南海上にはまた台風!

今週末もまた雨っぽくて鬱です。曇りでもいいから雨は降って欲しくないなあ。それに10日って、晴れの特異日じゃなかったでしたっけ?

2004年10月3日

ブイヤベ−スに挑戦


いわしが美味しい季節です。ちょうどいわしを使った料理が出てたので、さっそく作ってみました。簡単なのにうまいぞ!感動
ちなみに作り方はここ(from スタンダードキッチン 簡単レシピ集)

[movie/スカパー]乙女の祈り


乙女の祈り

発売日 2002/09/21
売り上げランキング 11,637

Amazonで詳しく見る



原題: Heavenly Creature
監督: ピーター・ジャクソン
出演: メラニー・リンスキー, ケイト・ウィンスレットほか
脚本: ピーター・ジャクソン, フランシス・ウォルシュ

1952年のニュージーランド、クライストチャーチ。女子高に通うポーリーン(メラニー・リンスキー)は、オペラやファンタジーが大好きな少し変わった女の子だった。そこへ転校してきたのが、ジュリエット(ケイト・ウィンスレット)。大学学長の娘で、英国生まれの彼女は、しかし、低所得層の家に生まれたポーリーンと趣味が非常に似通っていた。すっかり親友となった2人だったが、しかし双方の複雑な家庭事情で、その幸せも長くは続かなかった。


なんかこのころの女の子って本当こんな感じですよね。数人のすんごく仲の良い子たちと、いつもべったり。私はそういうのが本当にできなくて、誰とも適度に親しく、でも誰とも距離を置いてたのですが、それはそれで少し変わってる女の子だったってことかなと思うんですね。

ピーター・ジャクソンはその「女の子らしさ」みたいなものをすごく巧く表現してますね。もちろん実際にあった事件だということで、その辺りも現実を基にしているのでしょうけれども、そういう気持ちを理解して映像表現にした、といった雰囲気があります。

その映像ですが、元々このピーター・ジャクソンはこういう絵を作る人だったんだ、と思いました。あちこちにロード・オブ・ザ・リングで出てくるような映像が出てきて、ああピーター・ジャクソンだな~と思ったり。特にポーリーンが初めてジュリエットの家に行ったときのジュリエット登場シーンなんか、裂け谷みたいでした。きっとピーター・ジャクソンも彼女たちのように「想像の世界にはまってしまった人」なのかな。

ケイト・ウィンスレットは高飛車な上層階級の女を演じさせると、見事ですね。ほんとはまり役。というか、それしかできないといえるのかも。あんまり人間的な雰囲気じゃないところとか、普通のドラマとかだと妙に浮いちゃう気がします。彼女、唇がめちゃめちゃ厚くて、しかも口がでかいんですよね。でもそれが魅力的なのかも。

2004年10月2日

バ−コ−ド野菜


最近は野菜1コづつにバ−コ−ドが貼ってあります。

イチローすげー

なんとなく記念で書いておこう、イチローが257安打で、メジャーリーグ安打記録のタイに並んだそうです。しかも前の記録は1920年のもの。先の大戦よりも前ですよ。多分自分が死ぬまでもうこの記録は更新されないかも?もしするとしたら、再びイチローなのでは?今日仕事じゃなかったら試合見られたのにな。これから3回裏。イチローの打席からです。

・・・やった!ヒットです!更新です!っていうかこのピッチャー、自分の名前も残るかと思って、甘いとこ投げてないか?

でもシアトルマリナーズってリーグ最下位なんじゃなかったでしたっけ?(違ったらすみません)野球は個人が目立つからダメだとわが高校の校長の方針で(単なる噂で本当かどうかは不明)、高校に野球部がなかったんですよ。こういうのを見ると確かにそのとおりだけど、そんな1番打者がかなりの確率で塁に出るのに勝てないチームを考えると、メジャーリーグレベルになるとさすがにチーム力が重要だってことですね。私の出身大学が所属している大学野球リーグは非常にレベルが低いので、打者でも投手でも抜けた選手が1人いると、リーグ優勝できちゃうものでしたが。

[movie]SURVIVE STYLE5+

SURVIVE STYLE5+ プレミアム・エディション
浅野忠信

ジェネオン エンタテインメント 2005-03-04
売り上げランキング : 1,607

Amazonで詳しく見る
by G-Tools






監督:関口現
出演:浅野忠信/橋本麗香/小泉今日子/阿部寛/岸部一徳 /麻生祐未/J・WEST/津田寛治/森下能幸/荒川良々/ヴィニー・ジョーンズ/千葉真一
原作・脚本:多田琢
製作:林田洋/森隆一/平井文宏/TUGBOAT
配給:東宝
2004年/日本/120分

妻(橋本麗子)は何度殺してもさらに凶暴になって蘇ってきて、石垣(浅野忠信)を苦しめる。CMプランナーの洋子(小泉今日子)は、日々の生活から奇妙なCMを思いついてはテープレコーダーに吹き込んで一人で面白がっている。その洋子とつきあう催眠術師(阿部寛)は、幸せな小林家の優しいパパ(岸部一徳)に催眠術をかけたまま、殺し屋(Vinnie Jones)とその通訳片桐(荒川良々)に殺されてしまう。そのころ小林家には空き巣(津田寛治、森下能幸、JAI WEST)が侵入し、トランプをしていた・・・。


典型的なナンセンス映画なのですが、思った以上にラストがよかったですね。なんとなく誰かの夢みたいな話。たぶんこの世界に浸かれる人は絶賛するだろうし、そうじゃない人は超貶すと思うので、評価が二分しそうな映画でした。私は嫌いじゃないけど、みんなに「見て~」って勧める映画じゃないかな。

なんとなく、これって現代の日本を反映したような作品映画だと思うんですよ。色(モノ)に溢れてる映像、でもそこに住む人はどこか壊れてしまって、夫婦の会話もなく、夫は妻を妻は夫を殺すことばかりを考える。一方一男一女の子供とマイホーム、お金はないけど優しい父親の家は、父親が壊れて(リストラ?それとも精神疾患?)、家の中もちょっとやばくなってきた。息子だけが父親の味方で、父が本当は空を飛べることを信じようとする。たぶん「負け犬」と言われる女は、仕事だけを誇りにイブも仕事。一方モラトリアムまっさかりの大学生?は、空き巣を繰り返すもそれさえまともにできやしない・・・。そこでロンドンから来たという殺し屋が言うのです。

"What's your function here?"(あなたの役割は何ですか?)

さあ、がんばれ日本人。これはおそらく監督の日本人へのエールなんじゃないかと思ったのでした。