2005年4月28日

私もお世話になったけどなー

asahi.com: 入試の「赤本」真っ青?著作権クレーム 損害賠償訴訟�-�社会

入試問題に著書を使用された著作権者たちが、「赤本」の版元、世界思想社教学社を相手取って損害賠償訴訟(とはいえ、賠償額は使用料相当額)を起こしたとか。

大学入試問題は、確か事前に外に漏らすことができないという性格上、著作物の複製を認められていますし、事後の補償金支払の必要もありません。

でもそれを集めて出版したら、当然一般の複製になりますので、著作権料を支払わなくてはならないってことなんですね。この記事の元である朝日新聞とか、「大学入試多数掲載」って宣伝したりしてますけど、赤本に対してはどうなんだろう。今回は、使用料を払うなどで掲載の許諾を得られれば、絶対に複製できないってわけじゃありませんけど、許諾をしない作家もいたようで、掲載出来なかった問題もあったとか。その問題が一番配点高いんだよ!ってのもあるのでは。


うーん、「使用料を取って許諾」程度ならともかく「許諾をしない」というのは、やりすぎ感を感じるのはわたしだけでしょうか。著作権って縛ろうと思えばいくらでも権利が主張できるような微妙な法律ですし、一方で気にしなければいくらでも使って貰える、という部分もあります。少なくとも大学の入試問題で使うような著作物なら、一般にそれなりに広まっている人でしょうし、文化活動をしている以上、まあ赤本や大学入試にはお世話にならなかったとしても、他の人の著作物に触れ、刺激をうけることは多々あるはず。自分もその一端を担っていると考えれば、「許諾しない」という選択肢はどうなんだろう・・・という気がしてしまいます。そもそも入試過去問を買うのは受験生と受験産業だけでしょうし、それを作品として読む人はいない(それが嫌なのか?)と考えれば、例の新古書店問題と比べて、少なくとも著作権者が当然受け取るべき利益を損なっているとは思えないのですけれども・・・。

ただ、入試問題そのものにも問題がありそうです。以下の毎日新聞の記事によると、

MSN-Mainichi INTERACTIVE 話題


同社(筆者注: 世界思想社教学社)は「80年代から著者には承諾を得たり使用料を払うようになり、ここ数年は出典が不明だったり使用を断られた場合は掲載を見合わせている」と話している


とのこと。著作権の例外に認められているとはいえ、出典を書かなかったり、改変を明示しなかったりする大学にも責任がありそうですね。

入試のときはもちろん、最近も所蔵調査で赤本のお世話になった私としては複雑な気分でございます。

2005年4月26日

電車怖い

神戸新聞ニュース:総合/2005.04.25/ 軽量車両で曲がりきれず? カーブで速度超過か

昨日は一日この事故の話題でした。でも、私の乗っている電車も他人事ではないと思うのです。電車では珍しいくらいアップダウンが激しい路線。そして、同じターミナル駅間を走るJR線との顧客の奪い合いで、「速くて安い」をキャッチフレーズに数年前から特急電車を導入してます。たまに怖いくらい速いな~って思うこともありますし。今まで飛び込みを除けばほとんど事故の無い路線、これからも安全であることを祈ります。

2005年4月23日

ウィルス取りがウィルスになった日

コンピュータのCPUが100%になる現象に関して

やられました。。。

まずパソコンが落ちなくなり、Windowsが立ち上がるところまでは問題無いのに、ログインしようとするとやたらと時間がかかる。CPU使用率が100%になっていて、Systemという名前のプロセスがCPUを食ってることはわかっても、それが何なのかさっぱりわからず。セーフモードでは普通に立ち上がるから、スパイウェアかウィルスを疑ってしまいました。

症状を相方に伝えて、「やばいよー」と言うと、彼がたまたまラジオのニュースで言ってたウィルスバスター不具合の件を思い出してくれて、対処できたのでした。

ウィルス駆除ソフトがウィルスみたいな動きをしてどうすんだって感じです。そして声を大にして言いたい。


更新料返せ!



いまgooブログ検索でうろうろしていたら、やっぱりあちこちで引っかかってる人がいるようですね。うちのようにネットに繋がってるパソコンが複数台あるとかなら、対処方法をネットで書かれてもどうにかなるのですが、そうじゃない人だって多いはず。セーフモードで立ち上げるってどうやってやるんだよ!って人だっているんじゃないかと思ったり。テレビで謝罪会見の映像が出てましたが、その前に対処方法を懇切丁寧に画面付きで流さないと。自動アップデートにしてしまっていると、パターンファイルを更新した、という感覚も薄れるので、ウィルスバスターが原因であることを知るまでにも時間がかかると思います。実際私はウィルスバスターが原因だと思わず、ウィルスチェックかけようとしましたから。原因がわからないと、単にパソコンが壊れたと思う人だっているでしょう。それに常時CPU負荷が100%になるような状況で長時間使っていたり、固まったと思って電源を切ったり、リセットを繰り返したりすると、ハードへの影響もありそうです。こわいこわい。

ウィルスバスターなんか入れてた私が悪いですか、そうですか。

2005年4月21日

地震の影響

このところ、本当に地震のニュースをよく目にします。何故か「いつ来てもおかしくない」と言われる関東地域の大地震は後回しにされているようですが(もちろん、来ないにこしたことはありませんが)、北で南で西で東で、地球がくしゃみをしてるんじゃないか、ってくらい揺れてます。

4月は新しくキャンパスに来る学生さんのために、図書館やデータベースの使い方をレクチャーする行事が次々とやってくるのですが、そのひとつで古い新聞のデータベースを紹介することになりました。説明の例として、明治や大正の新聞を調べられる読売のデータベースで、関東大震災の記事を検索してみることにしました。

データベースは普通はキーワードから検索するのですが、今回はキーワード作成のために1923年9月2日の新聞を調べてみました。ところが無い!無い!無い!出てこないのです。そのとき、数年前に阪神大震災のときに地元新聞が発行できなくなり、被災者へ情報を伝えるために、新聞社が一体となって新聞を発行するための努力をした、というルポを読んだことを思い出しました。この記事を見ると、やはり。関東大震災の際も、東京の主要新聞社の大部分が社屋を失い、新聞発行が不可能になったとか。というわけで、データベースに掲載されている震災後最初の新聞は、9月12日付だったのでした。

首都圏に多くのメディアが本社を持ち、出版も新聞も東京を中心として発行されている現在、もし東京を襲うような震災が起きたときの「情報」への被害を考えると、恐ろしいものがありますね。

2005年4月19日

使ってみればやっぱり便利

電子マネーの利用率は3割程度、利用経験者には高評価~BCN総研調査

わたしも使っていますけど、やっぱり便利ですよ~。というか、利用者3割っていうのはどうなんだろう。Suica定期やSuicaイオカードは電子マネーじゃないの?単に駅でしか使えないというだけで、Suicaは立派な電子マネーだと思うんだけどな(最近はコンビニでも使えるところありますけど)。Suicaだけでも、JRに乗る人ならほとんど持ってるんじゃないの?と思うくらい、普通に見るのですけれど。「電子マネー」の定義をはっきりさせないと、正しい割合は出ないような気もします。そういうのも含めてその程度なのかしらん。

面白いのは、記事の書き方で電子マネーへのイメージが違うこと。同じこと書いてるのに、利用が少ないことを強調する下記のような記事と、利用経験者の高評価を強調する上のような記事では大分イメージ違いますよね。「3割程度」と「2割どまり」と数字まで違ったり(笑)。

電子マネー、「知っている」は6割に達するも利用は2割どまり - nikkeibp.jp - IT

わたしはあえて最初に上げた電子マネー肯定記事に軍配。

[movie/スカパー]25年目のキス

25年目のキス

発売日:2004/10/22
価格: ¥ 1,565

Amazonで見る





原題: Never Been Kissed
監督: ラジャ・ゴズネル
出演: ドリュー・バリモア, モリー・シャノン, デイヴィッド・アークウェット, ミシェル・ヴァルタン, ジョン・C・ライリー
1999年/アメリカ/107分/カラー

真面目だけど、ちょっと冴えないジョジー(ドリュー・バリモア)は、シカゴの名門新聞社のコピーエディター。彼女はどうしても記事を書きたい。そのチャンスが巡ってきた。なんと17歳と偽って高校に潜入し、高校生の実態を取材してこいというのだが・・・。


面白いのは、高校っていうのはアメリカでも日本でも大して変わりがないということ。彼女は時代を経ても変わらないと言ってましたが、これだけ文化が違うところでも、同じ世代の子供たちが集うと、起こることも大体同じ、っていうのは興味深いです。

でもやっぱり高校生の中に25歳がいたら、例えドリューみたいな幼く見えるタイプでも浮くと思うんですよね。特に新聞社で仕事をしているような女性なら、余計に。そういう雰囲気に子供は案外敏感だから、何もしなくても一目置かれる、という感じにならないかしら。

分野としてはラブコメなのですが、単なるラブコメよりもドリューは元気で可愛いし、面白かったかな。元気になれる映画です。

2005年4月18日

[bk1リニューアル]リニューアル後、初めて本を買ってみたが・・・。

リニューアル後初めて本を買ってみたのですが、なんかちょっと不安です。1回目は最後の「注文する」ボタンを押したら、トップページに戻ってしまいました。あれ、と思って「注文履歴」を見ましたが、注文されていない模様。

その「注文履歴」も表示されるまでやたらと時間がかかります・・・今まで買った量が多いと重いのでしょうか?(ヘビーユーザーに厳しい?)

もう一度注文したところ、今度はうまくいきました。ところが、リニューアル前はあっという間に届いた「注文確認メール」が待てど暮らせど来ません。「出荷確認メールが遅れている」という情報は出ていますが、遅れているのはメールすべてということなのでしょうか。うーん、こういうところはオンライン書店だけじゃなくて、オンラインショップとして重要なところなのでは・・・。

注文履歴を確認すると、2回目のは注文は出来ている模様です。

ちなみに環境は
OS: WindowsXP SP2
ブラウザ: Firefox1.0.3

こんな時期にbk1を使うこと自体が、ヒトバシラー?

(4/19追記)
しかし!やっぱりちゃんと届きました~。すばらしい。「出荷のお知らせ」も普通に来たし。「注文確認メール」はやめたのかな。でもできれば復活して欲しいですけど。でもやっぱりこの速さと確実さがイイですね。

2005年4月17日

[movie/スカパー]階段の途中で

原題: Halbe Treppe
監督: アンドレアス・ドレーゼン
出演: シュテフィ・キューナート、ガブリエーラ・マリア・シュマイデ、トルステン・メルテン、アクセル・プラール
2002年/ドイツ/105分/カラー

ラジオのDJクリスと、その妻のカトリン、「階段の途中」という軽食屋を営むウヴェとその妻のエレン。30代も半ばを過ぎた彼らは長年の親友だった。結婚してからはもう何年も経つが、かといって「死が二人を分かつとき」まではまだ半ばの彼らは、新婚当時の新鮮さを失っていた。やがて、クリスとエレンが偶然から不倫の仲となってしまい・・・


40歳を目前にした彼らの、日常への焦りというか、悲哀というかが、平板なストーリーながら良く出ている映画でした。全体としてはまあまあでしたが、人間の弱さ、非日常への憧れと、日常の有り難さ、といったテーマをうまく表現してるなとは思います。

2005年4月15日

図書館のヘビーユーザー

本と本屋と図書館に魅せられて(takam16さん)

図書館のヘビーユーザーさんですね~。図書館員としてはとても嬉しいです。4月は新しくキャンパスにやってくる学生さんたちに、図書館を使って貰おうといろいろと企画をしてます。学生さんも今後レポートや卒論のことがあるので、そういった説明会のようなものに参加してくれるのですが、やっぱり「図書館は学校の勉強ばかりじゃなくても、いろいろな情報が得られるところだ」という認識と、図書館の基本的な利用方法くらいは子供の頃から地域で身につけて欲しいと思う私なのでした。

一方、図書館の使い方をわかっていらっしゃる人は、公共図書館から「この本無いか」と依頼してきたり、大学の図書館に紹介状を持ってやってくる人も結構います。近隣図書館や国会図書館との相互協力を利用して、欲しい本そのものや、雑誌論文の複写を取り寄せるなんてことも可能なんですよ。

上記ブログの最近の話ですと、「延滞金」は大学図書館では結構取ってるところ多いですよね。卒業のときにまとめて返したら多額の延滞金を取られたり、「なんだ買ったほうが安かったよ」なんてことも。延滞金を取ってないところでも、一定期間貸し出し不可という罰則を設けるところもあります。ただ、公共図書館となると、無料が原則であり、地域市民が対象であり、元々の財源が税金であるという様々な事情があるし、さらに10円20円を取るために発生する煩雑な事務作業(伝票書き)を思うと、二の足を踏んでしまうということもあるのでは。結局100円取るためのコストがそれ以上かかってしまう、という笑えない事態が発生しそうです。

自動貸出機は、私の大学では案外不評です。好評でどんどん増設してる大学もあるようですが、何ででしょう。度々壊れる、という問題もあるのですが、何故かあまり使われてないように思います(置き場所が悪いんじゃないかというのが私たちの意見なのですが・・・)。私は使いたいのですよね。なんか知ってる人に貸し出ししてもらうのってちょっと嫌じゃないですか?(笑)でも職員用の利用券は自動貸出機が使えないんです(T_T)。私が学生のときに導入してくれれば絶対に使ったのに・・・。最近は公共図書館でも取り入れてるんですね。貸し出し返却は確かに機械でもできることだから、もっと対面でしか出来ないサービスにカウンター要員を振り向けるというのは確かに考え方としてあるのでしょうね。単なる人減らしで、本当に人がいなくなっちゃうのはどうかと思いますけど。

2005年4月13日

[韓国ドラマ/スカパー]天国の階段

天国の階段 DVD-BOX 1

発売日:2005/03/25
価格: ¥ 20,160

Amazonで見る





原題:천국의 계단
出演: グォン・サンウ, チェ・ジウ, シン・ヒョンジュン, キム・テヒほか

建築家のハン教授を父にもつチョンソ(チェ・ジウ)と、グローバルグループの跡継ぎであるソンジュ(グォン・サンウ)は幼なじみ。子供の頃から家族のようにいつも一緒に過ごしていた。ところが、ハン教授が女優のテ・ミラ再婚したことで、チョンソの環境は一変する。継子イジメに遭い、義理の妹のユリ(キム・テヒ)にも嫌がらせをされるチョンソは、それでも父が幸せならと我慢をする。そんなチョンソの唯一の味方は義理の兄となったテファ(シン・ヒョンジュン)だった。一方ミラは、チョンソと仲の良いソンジュをチョンソと引き離し、ユリとくっつけようと画策を始めていた。いよいよソンジュが留学から戻ってきたその日、しかしチョンソは車に轢かれ・・・。


シンデレラストーリー・・・というより、「シンデレラそのもの」なんですけど、最後の大逆転ホームランの後に、こんなラストを持ってくる辺りがすごい。ラストは「猿の手」みたいだな~と思いました。きっとあらすじから想像されるその通りのストーリーです。ただ一つ計算違いだと思ったのが、ラストの2話。私はソンジュが隠していた「あのこと」をチョンソには最後まで言わないだろうと思ってたんですけど、そうじゃなかったこと。えーそりゃないでしょ。私だったらその時点で自責の念で狂うね、と思いましたよ。結局発端はチョンソの発言だったわけでしょう。人はまだ若いうちに訪れることがわかってしまった死を前にして、ここまで冷静になれるものなのでしょうか。うーん。

このドラマの初回を見たときに、同じ頃始まった『秋の童話』となんか似てるな~と書きました。『秋の童話』はまだ続いてますけど、こうしてみるとストーリーはやはり違うのですが、要素要素がやはり似通っていますね。「卑しい生まれの女の子」とは別に、「血の繋がらない兄妹の恋愛」という別のテーマも同じだから、余計にそう思うのかも。もうそろそろ「純愛もの」はいいかな。『ドクターズ』は少し毛色が違って面白そうなのでまだ見てます。今のところ一番は『チャングム』です。

2005年4月12日

[bk1リニューアル]ISBNリンク復活

早!

なんともう対応してくれました。さすがbk1。
直した私がバカでした・・・。

http://breeder.bk1.jp/rd/[ISBN]/[ブリーダーID]/noentry

の形も大丈夫になったようです!

『ユリイカ』2005年4月号特集*ブログ作法
著者:
発売日:2005/03/28
価格: ¥ 1,300
ISBN: 4791701321

Amazon】【bk1




テスト。おー直ってる!

(22:00追記) おー素早い対応で、ISBNリンクもしてくれるようになった!と思ってたら、1日も経たずになんと違う本がヒットしてしまうようになりました。再び河野さんのブログにコメントを書き込みましたが・・・ちょっと心苦しくなってきた。。。リニューアル直後に、書影画像と書誌が合ってないバグが出てましたが、それと同じような原因でしょうか?

あと、デイリーランキング、今日はフランス書院の発売日だったんですね・・・というか、やっぱりオンライン書店で最も売れるのは(案の定?)アダルト系なんだな~とここ数日見てて思いました。リアル書店で買いにくいもんね(笑)。いままでどうしてたのか知りませんが、知らなかった人はこりゃびっくりですよね。ブリーダーばかりじゃなくて、トップにこのランキングを貼り付け続けるbk1も、どうなんでしょ。

2005年4月11日

[bk1リニューアル]リンク方法・・・

smashmedia: ブリーダープログラムについて

http://breeder.bk1.jp/rd/4163222006/freelink/noentry

の形でのリンクは事情があってすぐに対応できないそうです(泣)。ISBNリンクは近いうちに公開されるそうですが・・・。

有里さんのコメントによると、


http://www.bk1.co.jp/search/search.asp?partnerid=[ブリーダID]&kywd=4-04-445212-1


の形でISBNで検索した結果(個別ページではない)にリンクされるようです。うーん、ISBNリンク提供を待つことにして、過去分はとりあえず遡ってbibidに修正するかな~。breeder.bk1.jpのISBNリンクは結構使ってる人いるんじゃないかと思うだけに、ちょっと残念です。

#と思って今検索したら、なんか劇重になっている・・・。大丈夫かbk1。

私の失礼なコメントに(しかも朝っぱらから)即座にお答え頂きありがとうございました>河野さま。小回りの効くbk1が私は好きなので、これからも頑張ってください。

2005年4月10日

bk1リニューアル

オンライン書店ビーケーワン

おー約束どおりリニューアルされてますね。確かに速い!ただ、前に作成したbk.jpへのリンクをたどるとトップページに飛ばされちゃうのは(昨夜の段階ではちゃんとbk1.co.jpの個々のタイトルに飛ばされてたのに)、まだDNSが浸透してないからなのかな。

あと、新刊予約一覧見てたら、画像とタイトルが合ってないのがあるのはご愛敬?天国の階段DVD-BOXの画像が、「得するリフォーム」になっちゃってるよ~。これもDNSが浸透するまでのバグなのかしらん。でもこれはちょっと笑ってすませられるバグではないのでは?(17:00現在、直ってるのを確認しました)

そう言えば結局ブリーダーに説明無かったですね。まあ確かにrubyで作ったリンク自動生成機能とか、配られてるCGIとかは勝手に作ったもの、と言えなくもないですが、個別ページのリンクのはりかたとかは過去にブリーダーのページで説明されてましたよね。bk1.jpのも。そのURLをどかんと変更してしまうのって、やっぱりあらかじめの説明責任があると思うんですよね。AmazonのWebサービスとかはかなり前からβ版みたいのが公開されて、意見も取り入れますよね。リンクはbk1のページから作らない人のほうが多いと思うのに。そういう対応の仕方は不満です。ISBNでリンクできるっていうの、無くなっちゃうのかなあ。

ところでデイリーランキングのほとんどがボーイズラブ系になっているのは何かの策略ですか?

とりあえずしばらく静観。

2005年4月9日

小さな旅?

エドヒガン桜だそう

ちょっと遠出して桜を見ました。上野公園とか、多摩川とか、並木になっちゃってると、全体の花自体がかたまりになって、ひとつの風景になってるように見えてしまうのですが、立派な一本の桜が何もないところに立っていると、ああ、やっぱり桜って木だったんだなあって思います。

この木、ドラマ撮影なんかでも使われたらしく、最近とっても人気だそうで。テレビや写真で見て「ああ、見たいなあ」と思って実際に行くと、「あれはカメラワークだったのか~ガッカリ」、ってこと多いのですが、この木は遠くから見えたときも素晴らしかったです。近くを送電線が走ってるのがもう少しかな~。日本の風景ってどこもそれなりに良いと思うのですが(都会も田舎も)、あのあちこちに走る電線がね~。でもおすすめ。

遠くの八ヶ岳はまだ雪化粧でした。

2005年4月7日

Google衛星写真でケネディー宇宙センターを見る

Google Maps -- "nasa space center"

Google Mapsに衛星写真が搭載されたとか。かなり詳細とかいうので、私もさっそくやってみました。ちょうどケネディー宇宙センターで発射台にディスカバリーが移動した、とニュースに出てたので、ケネディー宇宙センターを見てみました。それが上のリンク。うーん、発射台はこれなのですが、上から見るとよくわからない。Googleによると、現在のものだけれども、リアルタイムではないんだそうです。でもとっても面白い。

Yankee Stadium

ヤンキースタジアムも検索してみました。誰もいない。。。

日本のもできるといいなあ。リアルタイムだとさらに面白いかも。プライバシーの問題とか起こりそうですけど。

昨日は暑かったですね。

山梨・大月で今年初の真夏日――観測史上最速タイ

大学構内の桜、あっという間に満開になりました。逆に花粉はピークを過ぎたかも。と思いたい。

2005年4月5日

桜の開花と共に

休み機関中の学校ってとこはなんとなく死んでるような感じです。人気が無いから静かだし。でも学生が戻ってくるととたんに華やかというか、生き返ったみたいになります。そろそろ履修案内が配られる時期も過ぎて、学生が戻ってきました。桜の開花と共に、どこか大学内もざわざわした雰囲気です。

2005年4月4日

bk1リニューアルデーが決まったそうです

smashmedia: リニューアルは9日です

おー日曜日から新サイトになるのですね。楽しみにしてます。

ところでリニューアル後ってどうなるんでしたっけ?とりあえず速くなるんですよね、ね。と思って前にもらったリニューアルに関するお知らせを見ると、詳細ページへのリンクURLとかも変わるんですね。うーん、前のサイトのは捨てるとして(自動で飛んでくれるみたいだし)、今のはどうしよう。まあリニューアル後に考えよう。。。

2005年4月3日

ようやく咲き始め

桜

定点観測してた近所の桜の木がようやく咲き始め。去年は大学の入学式のときにはすっかり葉桜だったのに、今年は間に合いそうにありません。桜花賞のときにちょうど満開くらいじゃないかな~。こうやってアップにしてみると、つぼみが開きそうになっているところがバラの仲間、というのを思い出させますね。

2005年4月2日

[movie/スカパー]黒水仙

黒水仙 特別版

発売日:2003/12/24
価格: ¥ 3,129

Amazonで見る





原題: 흑수선
監督: ペ・チャンホ
出演: イ・ジョンジェ, アン・ソンギ, イ・ミヨンほか
2001年/韓国/103分/カラー

漢江で他殺体が発見された。捜査にあたったオ刑事(イ・ジョンジェ)は、身元不明だった死体がヤン・ダルスであることを突き止める。ダルスの部屋から発見された写真を元に、巨済島を訪れたオ刑事。そこで見つけたのは、朝鮮戦争当時、巨済島捕虜収容所から脱走を助けていた黒水仙という名を持つソン・ジヘ(イ・ミヨン)の日記だった。


全体の印象としては火サス。いや、土曜ワイド劇場でもいいや。ミステリで言うなら、内田康夫系。そう思いました。確か浅見光彦シリーズでも日本を舞台にして、戦争当時の秘密がキーになって、犯人にたどり着くというのがあった気がします。奇しくもこの映画でも出てくる高千穂を舞台にした『高千穂伝説殺人事件』ってのもあるんですけど、まあそれは関係ないですか。つっこみどころ満載なのは韓国映画らしいところではあるのですが、土曜ワイド劇場と思えばなかなか良くできてるかな。

アン・ソンギって、韓国では国民的俳優だそうですね。映画界の大御所だとか。確かにラストのあの一喝はすごい迫力でした。あのラストシーンがすべてですね。