2006年6月30日

歩いていこう

違法駐車の取り締まり強化で、売り上げ激減!? - 日経レストラン ONLINE - 編集長の机から


最終的には必ず弱いところにしわ寄せが来ます。駐車場を備えた店は残り、駐車場を用意できない個人店は確実に減っていくと思います。


うーん、実際そうなのかもしれませんが、個人店の場合、私の中ではまずは地元密着というイメージが強いんですよね。大学近所にも有名な個人店がいくつかありますが、やはり地元(大学や、近隣の企業を含めた)密着です。家の近所にも都内の有名店にも負けないようなイタリアンレストランや、これまた近隣では有名な焼き鳥屋があるのですが、当然駐車場などありません。そもそも車で来る人間もいないと思います。だって近所の人が来るんだもん。それはそれで駐車場を持てる大きなお店とは違う良さがあると思うんですよね。規制強化で路駐できない→個人店は駐車場を持てない→個人店が消えていくというのは、私の中では違和感があります。それって元々やばかったってことじゃないの、と。

超田舎の、バスが1日数本、移動は車が無いとやっていけません、という地区の話をしているわけじゃないと思うのです。実際、くだんの駐禁強化の話題はほとんど都市部のことですし、移動に車が欠かせない地域では居酒屋でも駐車場を持ってたりしますから、関係ないでしょう。世田谷区の国道沿いや、千葉県松戸市。そんなところで店を開いて(特に国道沿いの店)、今まで「国道」を店の客に占拠させていたわけですよね。本来店が支払うべきコストを、店の客に違法行為させることで逃れ、それで取締りが強化したからと改革に文句をつける、というのはなんか違うような気がするなぁ。そもそも駐停車禁止の場所に停車しちゃだめ、駐車禁止の場所に駐車しちゃだめという部分は6月の以前以後でなんら変わってないわけですから、規則が強化されたんじゃなくて、もともとの法律どおりになっただけなのです。

とはいえ、何でもかんでも法律通りに厳格に!っていう規制強化はなんとなく私も嫌だな~って思うんですよね。いつのまにかあれもだめこれもだめ、気づいたら特高が復活してた、みたいなことにならないかと不安があります。ただ、そういう規制強化って、現行のままでは「法律の効果が得られない」とお上に認定されちゃうような事態が起こっているから。お上に言質を与えないためには、この程度の法律、守るべきなんだと思うんです。それで問題があるなら法律自体の責任なのですから、改めて法律を糾弾すれば良い話。「この程度なら・・・」という考えで散々駐車違反してて、我慢ならなくなったお上が規制強化、監視員の導入ってことになってから何か言っても「駐車違反してる奴が悪い」ってことになってしまいます。

駐車違反が違法なのは、法律にそう書かれているからではなくて、そう決めないと大勢の人が迷惑するからなわけですよね。車が無くてもこの記事に出てくるような首都圏なら普通の生活は送れます。車が無いと困る身障者(弱者)に対しては、駐車違反が免除されるステッカーも配布されています。車を使わず、ちょっと歩くだけで健康にも地球にも良い、渋滞に悩まされることもないと考えて、今日はあの辺りのお店を歩いて探してみよう、帰りはぶらぶらと買い物でもしながら・・・というのもたまには良いのでは?

2006年6月27日

トリビアの泉はたった10年前に

町の話題はやはりサッカー。昨日昼食を食べに行くと、隣の男の子2人連れが、サッカーの解説について話題にしています。

「おれ、セルジオ越後とかラモスとか結構すきだよ」
「あの歯に衣着せぬ物言いが?」
「ラモスとかさーそれでテレビ出演が減ったとかって」
「そう言えば、松木って実はヴェルディ全盛期の監督だったんだって?」
「そうそう、そのときラモスが選手でいたらしいよな」

「ヴェルディ全盛期」という言い方にも、「だったんだって?」と伝聞口調なのも、Jリーグ元年に大学に入学した私との明らかな世代差を感じて、少し凹んだお昼だったのでした。見てた見てないよりも、まだ私の中では最近の出来事であり、当時は一世を風靡とも言え、誰もが知っていたそれらが、「頼朝が鎌倉幕府を開いた」と同レベルの知識になっていること、そして彼らの風貌からして少なくとも高校生ではないということが特に(笑)。気づくとそういうのがトリビアと言われたり、カルトクイズになったりするんでしょうね。

2006年6月25日

あじさいと桔梗

あじさいと桔梗を見てきました。土曜日は週間天気予報どころか、朝の天気予報も外れて、カンカン照りの良い天気。暑い中、三室戸寺のあじさいと、東福寺天得院の桔梗を見てきました。



お天気だと、ちょっと風情に欠けますけど(^^;。お寺の門を入ると、いきなり眼下の林の中に紫陽花が大量に咲き誇っている様は、かなり圧巻。

東福寺の桔梗は、普段公開していない天得院のお庭に咲いているもの。こちらも雨のほうが風情がありそうでした。どちらも他の写真はアルバムで。

京都2006

2006年6月23日

もう若くないかも・・・。

PC View: Business:米国IT事情−第38回 若者に人気の「蚊の着信音」

年齢を重ねるにつれ可聴域が狭くなることに着目した様々なアイディアが生まれているそうです。そのひとつが若者にしか聞こえない携帯の着信音。さっそく上の記事にリンクされてる視聴サイトに行って、試してみました。3つめの16961Hzで脱落。15102Hzは確かに音が聞こえるけど、16000Hzはかろうじて、のレベルです。16961Hz、17959Hzに至っては「え、本当に鳴ってる?」といった感じ。全く聞こえません。この可聴域は私の年齢では問題無いレベルですが、確かにここ数年、聴力検査でも高音が聞き取りにくくなった気がするんですよね。まだまだ自分は若いと思われる方、お試しあれ。少なくとも私は17000Hzの着信音は使えないようです。

2006年6月21日

着うたをインターネットDLが抜く日が来るのか

2006年第1四半期有料音楽配信売上実績について
(社団法人 日本レコード協会|プレスリリース)

モバイルに対して、数量・金額共にものすごい増え方。昨年の統計を見ても、8月に上陸したiTunes Music Storeが起爆剤になったことがよくわかります。そう考えると、金額の伸びで最近はあちこちのレーベルが古いもの入れたり、新しいレーベルが入ってきたりもしてますし、何よりやっぱり洋楽強いですよね。このまえJust For Youにつられて買ったやつ、CDはAmazon.co.jpでは売られてなかったもの(日本には入ってきてないってことかーって思った)。

まだインターネットを介するダウンロード数は、モバイル経由のものと比べて桁が1つ少ないですが、伸び率は4倍。いつか逆転する日が来るのかなー。価格が着うたが倍くらい高かったと記憶してるので、決してインターネットダウンロードが不利ってわけじゃないと思います。iPod携帯とか、PCでもモバイルでも使えるものが出てくると、この区分が意味をなさなくなる可能性がありますが。

2006年6月20日

iPod買っちゃった

自分の年齢を1歳若く思いこんでいた(本気で)ことに今日気づいて、あまりの衝撃に愕然としているhiroeです。私の1年はいずこへ。そして久しぶりにウォーキングシューズからサンダルなんかに衣替えしたら、靴擦れしてしまいました。もうダメかも。

そんな私、とうとうiPod買っちゃいましたよ〜。5世代の30GBのやつ。さっそくiPhotoから写真を同期したり、iTunesに入った音楽を全部入れたり。あとは既にSafari対応になったGoogle CalendarがiCalに完全対応してくれることを待つのみ。もうすぐだの、8月だの、新製品の噂もいろいろあるみたいですけど、結局待てなかった・・・。次出るのはiPod nanoの新ヴァージョンとも言われてたし。

プラス、ATOK 2006 for Macの予約が今日開始されたので、さっそく申し込んでしまいました。こんながんがん買い物しちゃっていいのかしら。

2006年6月19日

みどりの人発見

駐禁が厳しくなったことで話題の改正道路交通法施行後、16日目にして初めて緑の制服を着た駐車監視員を目撃しました。職場近くの幹線道路から一本入った道は、一方通行にも関わらず、トラックや違法駐車やらで、通れない車が派手にクラクションを鳴らす光景がたびたび見られましたが、さすがに6月入ってからは綺麗なもんで、こんなに広かったのかーこの道と思っていた次第です。その道で、駐車違反を確認した監視員のおじさんが、端末を睨みながらあーでもないこーでもないとやっていました。あんなモタモタしてていいもんなのか・・・。

ただ、上に書いた一方通行の道は例外で、職場の周りは諸般の事情でかなり路駐に厳しく、容赦なくレッカー移動されるので(だから道路にはあちこちチョークの跡が残っている)、もともと駐車違反は少ない方でした。だからこそ今まであまり緑の人を見なかったのかもしれないですね。

2006年6月15日

省エネというかケチというか

ようやく、本当にようやく職場に冷房が入りました。古い建物で、地上・地下くらいでしか切り分けができないので、「今日は暑いから」とか「寒いから」とか微調整が効かないのが難点。そして、図書館らしく強度重視、窓が少ない構造のため、風が全く通らない。午後になるとものすごい湿気で、地下書庫なんかサウナかと思うくらい蒸してました。この熱気を何かに使えないかと思うくらい(笑)。というわけで、今日から快適!と思いきや、入ったら入ったで、今度はちょっと寒いんですよね(ワガママ)。今日は元々そんなに暑くなかったし。

でも職場の人たちと話していると、私もしかして寒がり?と思うことがあります。直射日光が当たる本格的な暑さはダメなのですが、この蒸し暑さは風さえあれば案外平気かも。我が家自体が夏場もほとんど冷房使わないんですよね。さすがに夏本番の時期になると毎年「そろそろ寝室にも・・・」と2人して言うのですが、電気屋行って「取り付けは9月になってから」、なんて言われたら「なら、我慢するか」って思っちゃう。毎年そう思ってるんだから、今の時期から電気屋行けばいいのか。でも居間の冷房駆動時間を考えても、たぶん要らないかなーと思うのです。

そう言えば、いつも夏場は凍るかと思うくらい寒い通勤路線は、まだ冷房を入れていないようです。これもまた省エネ対策なのかな。とはいえ、梅雨が明けて、本格的な夏になれば、またあの寒い電車で震えなければならないのでしょう。体温調節のできない私は、いよいよ服に困る季節がやってきた、という気分です。

2006年6月12日

Google Spreadsheet

Google Spreadsheetsのテスト登録完了が来てましたよ〜。登録しても来ないんじゃないの?と思いきや、ちゃんと来るんですね。ほんと、まだまだベータテストって感じですが、EXCEL無くてもちょっとした表計算ならできちゃうし、Googleらしく他の人とシェアもできるんですね。さっそく普段使い用のあるデータを入れておきました。しばらく使ってみよう・・・。

案の定Safariでは使えませんでしたが、FirefoxならOK。Google Mapもそうでしたが、Googleは、Mac対応はいつでも後回し、ということがよくわかりました(笑)。

図書館員の矜持

衆議院、参議院の議席表が載っている資料(レファレンス協同データベース)

先日紹介した 千野信浩著『図書館を使い倒す!』で「ありそうでない『国会議席案内図』を入手する」という項目がありましたが、これ、意外と波紋を呼んでたんですよね。当然こんなの見たら、レファレンスのヘビーユーザーの方、図書館にやってくるのです。「こんな風に書いてあったけど、本当に入手できないの?」と。

レファレンス協同データベースにどこかの館が未解決事例として参加館公開し、「うちもそんな質問ありました」とか、調査過程などのコメントがついた結果、最終的に国会図書館が事例として一般公開したのが上のもの。

お~すっきり。未解決事例が流れたときも「これは国会(図書館)が答えるべき質問でしょ」って我々の間でも言ってましたし、レファレンス協同データベース事業としても、こうしてちゃんと答えが出たことは意義深いものではないかと思います。資料も人員も足りない小さい図書館でも、こうしたシステムさえあれば、簡単に答えられる可能性を持ってますし、やっかいな事例の場合に図書館員同士でその事例を共有すれば、答えを持っている人もいるかもしれません。特に今回のような似たような問い合わせが多い場合など、二度手間も省けます。

衆参の公報は古いものはマイクロフィルムで持っている大学も多いですが、新規のものはやっぱり国会図書館。県立レベルでもあまり持っていないようです。参議院議員の議席番号は衆参両院の会議録(官報号外)に掲載されており、こちらはネットの議事録システムでも見られるし、比較的どこでも置いてあるものなので、あとは衆参の(空の)議席番号表だけネットで公開すればいいのに・・・。でも、これを機に公開されたら『図書館を使い倒す!』の功績は大きいかもしれないですね。

六本木ヒルズの会員制図書館

ばっくどろっぷ非常勤日記: 六本木ヒルズにある会員制図書館が月額57.5%も値上げした!?。 [ITmedia +D Blog]

アカデミーヒルズ六本木ライブラリーは「ライブラリー」じゃないですよね。あれは単なる本屋に自習室がついたもの。貸し出しはできないし、ホームページを見る限りは、あれだけの金を払って入るにしては、一般に手に入りにくい専門書はおかないとか、中途半端そう。Amazonのほうがよっぽど使えると思います。こじゃれた自習室に近いイメージと、一度覗いたときは思いました。

そもそも図書館ってものすごくお金がかかる上に、収入のチャンスはゼロに近いですからねえ。ビジネス関連なら、ジェトロビジネスライブラリー(赤坂)のほうが、レファレンスもしてくれるし資料も多いので使えるのでは。アジア経済研究所の資料も取り寄せてもらえますし。それにちょっと行けば国会図書館もあります。

卒業生や卒業見込みの人によく聞かれるのは、大学で契約している電子ジャーナル(数は少ないけど電子ブックもある)やデータベースを使えないか、ということ。年10万くらい払っても良いと言われたこともあります。アカデミーヒルズもあのレベルでお金を取るなら、まずはデータベースサービスじゃないかなーと思うんですよね。無線LANが使えるなら、パソコンは用意しなくても良いし、データベースは場所もとらないですし。日経テレコン(しかも有料って)だけじゃなあ。ああ、でも海外データベース入れたら、1つだけであの程度の会費なんてあっという間に吹っ飛ぶかな。

2006年6月8日

スプー削除されちゃったのかスプー

ITmedia News:「スプー」削除の舞台裏 「YouTube」にテレビ局苦慮

著作権関連2連続。「おねえさんが草薙画伯を超えた件」とか言われてた頃(ずいぶん前)にこの動画見たんですけど、私もすごーく絵が苦手なので、お姉さんに親近感沸いちゃったんですよね。お兄さんは普通にうまくて、その上途中で苦笑いとかしてるんだもん。

って、やっぱり文字で書くより、You Tubeに誰かがアップロードして、「これすげーよ」ってリンクしたから、これほど話題になったんだと思うのです(実際すごいんだもん、ほら見たくなってきたでしょ>見てない人。)。

文章の場合、それを引用と明示して転載するのは著作権の制限として認められてるんですけど、その元が動画の場合って、難しいですよね。テレビの場合、本よりもっとひどくて、昨日のコンテンツさえ見逃したらもう二度と見られなかったりするのです。

今の法律に照らし合わせるともちろん違法なんでしょうけど、時代は変わってるわけで。記事で言及されてるコンテンツは、もし動画を引用としてみるならギリギリ範囲内かな〜と(改変してるわけじゃないし、番組全部をアップロードしてるわけじゃない)。ドラマを全部アップロードされるとかならともかく、「これすげー」って一部をそのままアップロードするくらいなら目くじらたてなくても・・・。「おかあさんと一緒のスプー」なんて、これ見るまで全く知らなかったし、そういう意味では宣伝にはなっても、商売の機会をじゃましたりはしてないと思うんです。法改正とかになると、ドラマが全部アップロードされたりしないか、とか、過剰反応する人も多くて無理だと思うので、このくらいは黙認という消極的な合意でもいいのでは・・・(記事に出ているフジテレビの対応はそれに近いと思われる)。どうせしばらくしたら忘れられるんですし。それに、そういう最初の波が終わった頃、見ようと思っても見られない!ってときにこういうのは重要だったりするのかも。

2006年6月7日

書籍の価値は売れるかどうかなのか

グーグル、書籍のデジタル化をめぐり英国出版界と対立 - CNET Japan

この記事で私、下の部分に仰天したのですが・・・・


「出版業界は書籍を出版し、購入してもらうことを望んでいるのを忘れないでほしい。内容をきっちりと保管することなどには、興味を持っていない。検索エンジンは確かにすばらしいものだが、図書館のサービスと出版社のサービスには明確な差異がある」



出版と図書館のサービスが全く違うことは重々承知。こっちはそれで金儲けしようなんて思ってないですからね。そもそも出版は生産で、図書館は消費の側。違って当たり前です。とはいえ、書物に関わるという意味では同じ気持ちだと思うんですよね。書物は、もちろん商品である一方で、その内容は人類の知恵とか文化そのものだと思ってたのですが、彼らはそれを「保管することなどには、興味を持ってない」んですか。あくまで金銭と交換できる商品としての意味しかないの?発言は弁護士なので、出版界の人の気持ちとはややずれてる可能性もありますが・・・。私、訳が間違ってるのかと思って、原典も見ちゃいましたよ。でも"we're not interested in locking up content."って書いてありました。。。"We're"じゃなくて、"I am"の間違いだと思いたい。

そもそも図書館で所蔵している資料の大半は(英国の事情は知らないけど)、一般の書店じゃもう手に入らないものなんですけどね。10年、20年前に出版された本を普通の書店で売ってるならともかく、一部の商品価値が非常に高いものを除いて手に入りにくいのが現状です。「手に入りにくい」という状態になったらもう終わりで、気づくと「引用には載ってるけど、どこを探してもない」というのが書物というものなのです。いや、もしかしたら世界の誰かが秘蔵してる可能性はありますが(そしていつかお宝鑑定団に出てきたりして)、そんなのを探すことなど到底無理。そこで図書館という機能が活きるし、その機能の中の一手段としてGoogleが出てくるのはありかと思うのですが。

保管に興味なんか無い、なんて少なくとも生産(文化を創出)する側に言ってもらいたくないなーと私は思うのでした。

2006年6月5日

質問する人される人

視点の違い:G'sのだらだらぐーたら日記 on blog

やじうまWatchでリンクされて話題らしい、「パソコンに詳しい人への云々」質問。もう怒濤のごとくブログで批判されてるのですが、図書館員として見てて面白いなーと思ったのが上のブログ。



教えて貰う側がただその場しのぎで教えて貰いたいのか、今後の為に詳しく教えて貰いたいのか、適当にやらせるつもりなのか、教える側には判断なんてできないわけです

なので教える側は、その教えて貰う人物に合せた解答をします

明らかに教えて貰う態度でないような人物には適当に、詳しく教えて貰いたいそうな人には教え、仕事を押しつけにきたと感じたらそれなりに、各個その時点での最良を選択するわけです



それ分かるなー。毎日カウンターに立って、いろんな人の質問を受けるわけですが、学生さんも態度はいろいろ。急いでるから、とりあえず答えを教えてくれそうな図書館員に聞いちゃえ、ってのから、いろいろ教えてもらおう、という子まで、本当に様々。よく聞かれる雑誌なんかはどこにあるのかも分かっていても、学生に対しては使い方を学んでもらう必要があるので、あえて直接的にどことは答えないようにしてはいるのですが、あまりに態度がひどいと「3階にあります」って言っちゃいますね。

質問するときの態度によって、相手から引き出せるものが変わると思うんです。それは質問を受ける側もそうで、いかに相手に満足される回答ができるかは、相手からいかに情報が引き出せるかにかかってると思います。つんけんして威張ってる人に聞きたくないし、質問してるのに何その態度、って人に教えたくないっていうのは人情というもの。

質問する人もされる人も、それぞれ両方の立場になる可能性があるのですから、まあ人の振り見て我が振り直せってことで。

#リンクして下さってる元ネタの「はてなの質問」は便所の落書き以下なので(はっきり言って気分を害するだけなので)見ないほうがいいかも。

2006年6月4日

それはスパム爆弾ですか

Yahoo!ニュース
- 共同通信 - 最大2千万人に一斉メール 総務省がネット安全対策で


2千万人って、2千万アドレスってことでしょうか。。。同じ文面のが別アドレスに3つも4つも来そうでとっても嫌。普段メールを使う人って最低でも3つくらい持ってないですか?スパムによる遅延が問題になってるところに、そんなに一度に送ったら、弱小サーバーだと落ちるところあるんじゃ・・・。それにそのメール自体が私のメーラーだとスパムメールとして認識されることに5000点。そして、知らない人から来たメールに記載されたURLなんて、絶対踏まないのが鉄則、じゃなかったでしたっけ。。。

もうこれだけ話題になれば、もうその安全対策ページのアドレスを晒すだけで良いのでは?>総務省さん。やってること間違ってるし。

2006年6月2日

WordPress ME 2.0.3にアップグレード

WordPress Japan DB » ME 2.0.3 リリース

WordPress ME 2.0.3にアップグレードされたそうなので、さっそく入れてみました。最近FTPソフトをFetchからCyberduck(通称アヒル)に変更したのですが、同期アップロードで簡単にできました。かなり見直しましたよ。これはおすすめ。

全部アップロードしてから、最初に接続すると「データベースの更新」が入りますが、これもあっという間に終わり。今のところ問題なさそうです。

2006年6月1日

オトナ語の洗礼

某文書を作って、チェックを入れてもらってあと送るだけ。そこで出てきたのが「あと鏡が必要かな」

・・・鏡って何?

鏡=ミラー=コピー?なんて、Word文書なんだからすぐできるしさー。鏡って何さ。早速Goo辞書で調べると・・・

(4)提出あるいは送付する書類の一枚目に、あて先・標題・日付・作成者などを記して添える文書。

えー何それ。そんな言葉あるんだー。そもそも何で鏡なの?働き始めてもう○年、思わぬ「オトナ語」に仰天した私でした。皆さん「鏡」って言う?