2007年12月30日

[今年を振り返って]読書

最近本をなるべく買わないようにしようと、図書館を使い、そして再読をするというモードに入っています。2度目に読んでみると最初読んだときよりも面白く感じられたり、新たな発見があったり、そして本当に忘れていたりと、案外面白いものです。宮部みゆき『模倣犯』や映画化された高嶋哲夫『ミッドナイトイーグル』、奥田英朗『サウスバウンド』など、読んだ当時も面白いと思ったものは、やはり何年経って読んでみても面白いですね。

そして、仕事で様々な調査の手伝いをしたり、マイクロフィルムの解題を書いていたりすると、あれこれ知りたいことが出てきて。最近のマイブームは明治時代。元々近代史は結構好きなほうなのですが、このところ立て続けにこの時代の調査をしたりしたので、その辺りの本とか読んでみたいと思っている今日この頃です。

再読本が重厚系が多かったので、何故かその他では軽い系が面白かったです。特に立て続けに読んだ米澤穂信の古典部シリーズでは、『クドリャフカの順番』が一番。これはこれからも追いかけたいシリーズのひとつですね。図書館界でもかなり話題になり業界誌『図書館雑誌』にもとりあげられた「図書館戦争シリーズ」が『図書館革命』でとうとう完結。大分図書館からは離れてしまった感がありますが、明るい結末で満足です。相方も全冊読破してました。4月からアニメ化されるらしいですね。

私は普段から短編というのはあまり読まないし、ましてや複数の著者の短編集などはまず読まないのですが、「こち亀」を下敷きに豪華執筆陣が執筆した『小説 こちら葛飾区亀有公園前派出所』は、それぞれのシリーズキャラクターが両さんと競演というファン必見の短編集で、思わず買ってしまいました。これはおすすめ。

日本の様々な風習をおもしろおかしくアレンジした石持浅海『人柱はミイラと出会う』もよかったですね。石持浅海氏は今年も精力的に出版されてましたが、あまりに多くて私が追いかけきれてないです・・・。

来年は今年以上に本を読めるように頑張ります。最近さぼり気味で面白くなかった本とか、仕事関係で読んだ本で、様々な制約があって感想を書いてない本も結構あるのですが、なるべく自分の覚え書きとして載せていきたいと思います。何せこのブログのサブタイトルは「競馬場で読書する図書館員の日記」ですからね。本当に競馬場で本読んでるんですよ。全レース賭けてたら財布が持ちませんから、案外レースとレースの間に時間があったりして(あと開門前とか)、本持って行くことが多いです。

ナナフシの恋 / 黒田研二著

ナナフシの恋~Mimetic Girl~ (講談社ノベルス クM- 7)

ナナフシの恋~Mimetic Girl~ (講談社ノベルス クM- 7)

著者: 黒田 研二

出版者: 講談社

発売日: 2007-12-07




25日前に自殺を図り、意識不明のまま入院中の麻帆からメールが届いた。彼女のケータイは、自殺したときから行方が分からなくなっていた。メールの指示するとおり、新校舎の教室に行くと、同じく呼び出されたクラスメートたちが数人集まってきた。

教室から全く動かずに展開される推理劇。そうですね、舞台にしたりすると面白いかも。消えた携帯電話や、麻帆が自殺した時の行動、そして謎のメールの送信者。クラスメートたちが語っていくうちに、徐々に真相が明らかになっていくという手法は、使い古された話ではあるものの、私は結構好きです。「私は」と書いたとおり、こういうのって好き嫌いあると思うのですが、でも著者らしいラストだったし、おすすめの部類にはいるかな。

2007年12月27日

[movie/スカパー]ボーリング・フォー・コロンバイン

ボウリング・フォー・コロンバイン

ボウリング・フォー・コロンバイン
出版者: ジェネオン エンタテインメント





原題: Bowling for Columbine
監督: マイケル・ムーア
カナダ/2002年/カラー/120分

アメリカでは毎年1万人以上の人間が、射殺事件で命を失っている。他の国とは桁が2つ以上も違う。何故アメリカ人は互いに撃ち合うのか。その問いの答えを求めて、マイケル・ムーア監督が銃規制反対派や乱射事件の被害者から、NRAのトップまで様々な人にアポ無し取材を試みる。



確かに不思議な話。一つの答えとして、アメリカはマスコミが国中で起こる様々な犯罪をドラマチックに誇張し、人々の恐怖を煽っているからというものがありましたけれども、それって日本も同じですよねぇ。そこでいきなり射殺に結びつかないのは、恐らく日本は身近に銃が無いというのもあるのでしょうけれども。昨今「銃による犯罪が連続したから銃規制を」なんて言っても、Kマートで9ミリ弾が買えちゃう(日本で言うならダイエーやイトーヨーカドーで銃が買えるみたいな感じ?)アメリカにしてみれば、既に十分規制してるじゃん、って感じなんでしょうね。

とはいえ、統計上は日本も米国も殺人件数が年々減少しているんですよね。なのに「最近は物騒だから」なんて、マスコミの煽りで恐怖感や疑心暗鬼を植え付けられて、何かというとその不安感を刺激されて手近にある武器で応戦、というのは一理あるのかも。

この映画で取材されてたカナダの人たちみたいに、のんびり過ごしたいものですよね。

差し手の顔 / 首藤瓜於著

差し手の顔 上―脳男2 (1)

差し手の顔 上―脳男2
著者: 首藤 瓜於
出版者: 講談社
発売日: 2007-12-01



鈴木一郎が逃走して、約1年のある日、真梨子のオフィスと自宅から彼のファイルが盗まれた。1年ぶりに茶屋を呼び出し、そのことを報告した真梨子だったが、そのちょっとした事件は、その後起きる連続惨殺事件と繋がっていた。

第1作の『脳男』が出たのはもう7年も前。第2作である本書の上巻を読み始めて、全く前作のストーリーを覚えてないことに気づき(そして、その知識が無いと読み進めるのがやや辛そうだったので)、再読しました。再読したけど、全く覚えてないことには変わりありませんでした。1度読んだ本は、タイトル聞いただけでは全く思い出せなくても、ちょっと読み始めると「あーこれ読んだことあるなー」と思う箇所が散見されて記憶が刺激されるものなのですが、そんなひっかかりもなく。かといって、面白くないわけではないのです。それどころか、十分楽しめたのに、こんなに覚えてないなんて(笑)。

というわけで、第2作目の本作は、前作から1年後のお話。上下2冊の長編ですが、今回は超人・鈴木一郎はあくまで裏方。次々と起こる精神科受診歴のある人たちの犯罪に、何かおかしなことが起きていると感じた真梨子と、そうした事件の一つを追っていた茶屋と共に真相を探るというストーリーで、その事件に見え隠れする鈴木一郎という配置です。精神科やその治療法などに関する情報も豊富で、いろんな面で楽しめる小説でした。ただちょっと長いかなあ。もう少し端折ってもよかったのでは(連載だから仕方ないのかなあ)と感じましたけど。

でもまだこの鈴木一郎(は別に主人公じゃないんですけどね)シリーズは続く感じですよね。このラストだと。どんな結末が待っているのか、というか、結末まで書かれるのか、楽しみです。

2007年12月25日

ヒットってどういう意味だっけ

年末になるとヒット商品番付とか、いろいろ出ますけど、実際のところその「ヒットぶり」を測る調査って余り見ないような気がする今日この頃。こんな記事を見つけました。

2007年にヒットしたIT製品やサービス、あなたは使いましたか?(CNET Japan)

全く知らなかったのはRolly。検索して、実機の写真なども見てみましたが、やはり知りませんでした(笑)。私の視聴覚機器への興味のなさが伺える結果です。

Windows Vistaを全く知らない人は3.6%、Mac OS X Leopardを全く知らない人は56.9%。聞く層にもよるでしょうけれども、今のシェアを考えたら、Macは善戦?Vistaをよく使ってる人は9.0%、Leopardをよく使っている人は1.3%(私もよく使ってますよ〜)。こちらはシェアを考えたらかなり良い線行ってるんじゃないでしょうか<Mac。

ちなみに認知度が20%を切るようなTwitterやFacebookはどう考えても「ヒット商品」ではないですよね。まあでもそれを言うなら、29品目もあって、「使っている」+「よく使っている」が2割を超えるのは、2ちゃんねる、Wikipedia、mixi、YouTube、脳内メーカー、DS Lite、ワンセグ携帯くらいで、それ以外は認知度もさることながら、実際に使ってる人間が2割もいないって、それで本当に「ヒット」してんのかよ、と小一時間問い詰めたいのは私だけでしょうか。「ヒットした」んじゃなくて、「一部で話題になった」に訂正したほうが良いのでは?

このアンケート、集計総数、集計した人の層などが書かれていない時点で、統計としては意味を成してないのですが、それでもCNETがとったアンケートでこの結果では、もっと広くやったらさらに惨憺たる結果になるのではと思うのでした。

最近「ヒットしてる」のか「ヒットさせたい」のかの境界が曖昧で、怪しい記事って多いですよね。そもそもこれだけ趣味が細分化されてしまった時代では、何をもってヒットというのか、それ定義自体が難しいのでしょうけれども。

2007年12月24日

ケーキ買ってきた



少しはクリスマスらしく(?)ということで、ケーキ買ってきました。自由が丘まで行く用事があったので、自由が丘ロール。さすが24日で、予約の人とそうでない人と別の列になってましたが、たまたま人がはけたときにたどりついたので、すぐに買えました。予約してないとダメかと思ったんですが、それほどではなかったようです。予約してると、チョコパウダーがかかってるやつとか、マロンのやつとか、種類があるみたいだったので、来年は予約しよーと思ったのでした。あまり甘いのが得意でない人にもおすすめです。ただ日持ちしないので、その辺注意かな。

2007年12月20日

いろいろあって

Lolipopの利用期限が過ぎてるのに気づかず(自動更新じゃないんですよね)、しかもメールが迷惑メールになってて、気づいたら期限切れ。フリーでも金払ってても、アクセス禁止になったら同じだなーと思って、ちょっとフリーのを使ってみようかと思い立ちました。

何しろ私は筋金入りのGooglerなので、アカウントも写真を含めた様々なパーツもBloggerに最適化されてることもあって、一度Bloggerを本格的に使ってみようと思っているわけです。

一番最初に使ったときは「日本語がうまく表示できない・・・」だったし、ちょっと前に使ったときは、「うーん、もうちょっと?」と思ってたのですが、そういう「もうちょっと感」が今回使ってみてかなり解消されてることに気づきました。Widget的に様々なパーツを組み込むこともできそうですし、そのWidgetに簡単にHTMLなどを書き込むパーツも含まれています。

というわけで、しばらくこっちになるかもしれません。一応ロリポも1年更新したので、あっちも残ってるはずですが、徐々にBloggerに移行できればいいかな。でも移行ツールが無いのね>Blogger。もう少し探ってみよう。

2007年12月15日

銀杏も終了、いよいよ冬本番です

大学構内の銀杏もそろそろ色薄くなり、木によってはすっかり禿になって、空の見晴らしがよくなってきた今日この頃ですが、神宮外苑はまだ大丈夫かもよ、なんていう期待して行ってみたら、やっぱりもう禿寸前でした(笑)



一部残ってる木もありますけど、見上げると綺麗な青空が見渡せる感じです。1週間遅かったかな。もうさすがに冬ですね。

2007年12月2日

紅葉は12月

今日は朝から良い天気。おとといのNHKニュースで京都のとても綺麗な紅葉が映っていたので、そろそろこっちも見頃かなーと思って六義園に行ってきました。

うーん、やっぱり東京だけにもう少し?



元々京都で赤くなっているモミジとは違う種類のものが多いのでしょうね。「赤」にもいろいろあることがわかります。

六義園の一番の見所は、ちょうど中心の高いところにあるオオモミジです。その下に立っても空が赤くなったようにも感じますし、下に降りて上を見上げると、まるで木が燃えているようです。が、何しろ最高の見所なのでものすごい人です。

同じ赤でも、モミジではないこの木の赤は綺麗でした。



駅が近いのが染井門なので、私が帰ろうとしたお昼頃には、行列が出来ていました。が、ゆったりとモミジを楽しむなら、案外正門側のほうに行ってみるのもおすすめ。正門周りのモミジも綺麗ですよ。



あちこちに茶屋が出来ているのですが、染井門近くの「もみじ茶屋」の甘酒(200円)がおいしかったです。そして先にも書いたように昼頃には入り口の券売り場が行列になるくらいの人出なので、開門直後を狙うのが(特に写真を撮りたい人は)おすすめです。まだあと1週間くらいあってもいいかなーというところと、今が盛りのところと結構ばらつきが目立つので、ライトアップの最終日16日くらいまで楽しめるかもしれません。

去年もそうでしたが、このところ紅葉まっさかりって大体12月中旬なんですよね。なんか変な感じ。大学の銀杏も今が一番の見頃です。