2009年12月31日

1年を振り返って

今年はまずは何をさておいても引っ越したのが大きくて、いろんな意味で環境が変わりました。築地までなら自転車で行けるかなと思って、自分用のクロスバイクを買ったのですが、思った以上に自転車の可動範囲が大きいことを知ることができたのは、思わぬ収穫でした。ちなみに今年の目標のひとつが「自転車を買って、上野まで行ってみる」だったんですが、今思うとあまりに低すぎる目標設定でした(笑)。自転車のよいところは地元を知ることができることで、電車だと行きにくいのに、物理的には近い場所というのが多々ありますが、徒歩ではその範囲が限られてしまいますし、かといって自動車で移動する距離ではない、という中途半端な距離が、自転車だとちょうどよいのです。また、自転車の速度自体も、町を知るのによいのかもしれません。子供のころは、自転車であちこちに遊びに行って地元を知ったものですが、結局人間は子供でも大人でも同じってことですよね。区内くらいなら余裕で移動できるので、方向感覚というか、どことどこがどう繋がっているのか分かってよかったと強く感じています。そして今はロードバイクがとっても欲しいです。

引っ越して東京競馬場が遠くなってしまったのが非常に残念なのですが、一方でよいこともありました。映画館がものすごく近くなったのです。一度帰ってきて、家でごはんを食べて、券だけ持ってレイトショーに行く、ということができるようになり、映画が身近になりました。多分シネコンの近くに住んでる方は同じようなことをされるのではないでしょうか。その映画館も、土日は外からの客も多いと思うのですが、平日の夜は「家でテレビ見る」感覚で来る人が多いのか、手ぶら&楽な格好の私のような方もよくいます。

というわけで、今年映画館で観た映画は32本。多分今までで最多です。

今年最も面白かった映画は『南極料理人』。私の中で、今最も注目する俳優・堺雅人主演映画の中でも、この作品は彼の持ち味が存分に発揮されている映画だったと思います。笑いの方向が独特で、きっと原作も面白いんだろうなあと思うのですが、まだ読んでません。

映画を観たら、原作も面白そうと思ったものが、『風が強く吹いている』。本当に期待しないで(しかも招待券だったし)観たのに、この爽やかさ、この感動は何なんだと思うくらいよかった映画です。原作も読んでしまいました。先に映画を観てしまったので先入観入っていますが、映画は原作の雰囲気を見事に表現してると思いましたし、原作は原作で、映画では表現しきれない各々の気持ちが描きこまれていて、結末を知ってるにも関わらず面白く読めました。

そして今年の目玉は本格的に3D映像が導入された『アバター』ですよね。映画は脚本が重要と思う私も、あの映像には圧倒されました。雪や埃みたいなものが目の前をちらちらすると払いたくなったり、人々が集合するシーンでは、手前に映っているエキストラの頭が邪魔だと思ったり(笑)。きっと初めて映画を見た人たちが感じた驚きを、あの映画は追体験させてくれているように感じました。映像で感動できる映画もあるということを久々に思い出させてくれた映画です。

海外の映画では、『フロストXニクソン』がよかったですね。映像の怖さと、それがジャーナリズムの中心となっていく時代を知ることのできる映画ですが、テレビからインターネットへ、報道における媒体のパラダイムシフトが起きている今だからこそ面白いとも言えるストーリーでした。

ふと気付くと、最近日本映画が結構面白いなーと思うのですが、一方で外国映画は映画よりもドラマのほうが面白いんですよね。ドラマが大体24時間くらいの長さを提供してくれるので、映画をやっていた人々が、表現媒体をドラマに替えているという話を聞いたことがありますが、きっとそのせいもあるんだろうなあ。『ボストン・リーガル』は相変わらず安定した笑いを提供してくれていますし、『LOST』はシーズン5までほぼ一気に見たのですが、ありえないストーリーながら、それこそ日本ではテレビドラマではありえないような映像のおかげで、「ばかばかしい」よりも「面白い」ほうが強く出ているドラマだと思いました。『バトルスター・ギャラクティカ』は来年ファイナルシーズンのシーズン4が始まるのでそれも楽しみ。今年見始めたテレビシリーズで「これはいい!」と思っているのは『ダメージ』です。

1年間お付き合いいただいた方はありがとうございました。来年もあまりかわり映えしないブログになると思いますが、よろしくお願いいたします。

今日はおせちとお雑煮の準備をしたら、一度昼寝をして、いつもの場所にカウントダウンにでかけます。去年はブログに投げてましたが、今年はTwitterに常駐しているでしょう。そうそう、今年の「これは買って良かった!」ベスト1は、クロスバイクを差し置いて、iPhoneでした。

2009年12月30日

[movie]ジュリー&ジュリア

原題: Julie & Julia
監督: ノーラ・エフロン
出演: メリル・ストリープ エイミー・アダムス スタンリー・トゥッチ
2009年/アメリカ/123分/カラー

1949年、ジュリアは夫の転勤でパリへ引っ越したが、何もすることのない生活に何か目的を持たせようとル・コルドン・ブルーに入学する。のちに彼女はフランス料理524のレシピを掲載した大部な本を出版。テレビにも出て人気料理研究家として一世を風靡した。それから50年後、ジュリーは政府機関で911事件の後始末をしていた。30歳を前にしてバリバリ働く友人たちを見てため息が出るばかり。編集者の夫のアドバイスで、好きな料理でブログで書く決心をし、その題材として1年でジュリアの524レシピを作ろうと試みる。


ジュリアの底抜けに明るく、そしてヘコタレない性格が非常に楽しい映画。可愛らしいという言葉がこれほどぴったりな映画もないというくらい、面白く、そしてラブリーな映画でした。そして次々出てくる料理の数々に、お昼を食べた後だというのに非常にお腹が空きました。
 アメリカでも30歳というのはいろんな意味で特別な曲がり角なようで、その歳と自己実現の間でもやもやする女性を、50年という時間を超えて対峙さえてるところもよくできてるし、それによって今も昔も人間の悩みってのはあまりかわりばえしないものなんだなーとも思え、元気が出る映画です。

2009年12月29日

[自転車散歩]年末の築地

年内の仕事も終わり、今日から5日まで(金杯の日まで!)お休みです。年末年始は例年判で捺したように毎年同じように過ごしてるので、今年も同じように過ごす予定なのですが、ひとつだけ例年と違うことをしてみようと、築地市場に買出しに出かけてみることにしました。

しかし、晴海通りを土曜日に自転車で通ることの多い私は、一般人が休みのときの築地の異常な混雑をよく知っています。一度など、両側の路肩に観光バスが停って客が降車していて、「ここに停めていいのか!」と、とても驚いたこともありました。余談ですが、土日の晴海通りは、銀座四丁目のタクシーの行列、そして歌舞伎座前の急停車や車道まではみ出す観光客、そして築地の路肩駐車という三連コンボで、自転車はとても通行しにくいのです。それはさておき、市場内であまり混雑するのは避けたいので、まずは電車の始発時間を調べました。すると午前5時頃到着する電車が始発のようです。一方で、場内・場外市場ともに4時頃にはお店が開くので、お店が開く時間から、電車が動き出すまでが勝負だと思い、競馬に行くよりも早く自転車で家を出たのでした。

しかし、勝鬨橋に差し掛かる頃、交通情報を表示する看板に「500m先渋滞中」という表示が。寿司大の角を曲がって、市場の裏口に通じる道が既に業務用車両で渋滞しています。さすがにまだ自家用車と思われる車は少なかったのですが、さすが年末の築地。

気合入りすぎて、着いたときは場外市場はまだ準備中のお店も多かったのですが、徐々に電気がついて活気が出てきました。自転車を停めて、場外市場をうろうろ。私はおせちの甘さがあまり好きではないのですが、しかし伊達巻は大好きなので、まずは伊達巻を購入。でも伊達巻だけじゃなくて、ついつい美味しそうだった玉子焼きも買ってしまいました。蒲鉾はよく出遅れて、白しか無いとかあるので紅白蒲鉾も購入。牛肉や鶏肉の量り売りとかもとっても気になりましたが、やや単位が大きいかなあと思って断念。家族が集まるとかなら調度良い気もするのですが、2人では持て余しそう。魚もいろいろあって楽しいですし、豆や雑穀なども加工されていないものが様々な形で売られています。函館の朝市は何度か行ったことがあるのですが、場の雰囲気は似ているものの、年末、しかも午前5時前の築地場外市場は、比べ物にならないほど活気がありました。しかし、やはり観光客相手ではないお店は、予約やお得意さんなどでいっぱいのようで、開店時に「本日の販売は終了しました」という大きな看板を立ててるお店もありました。買い物をして、場外市場の雰囲気を満喫したので、場内で何か食べて行こうと思ったのですが、中に入ったらトラックと場内を駆け巡るカートを避けるゲームのような状態。なんとか場内市場のところまでたどり着きましたが、お目当てのお店は早すぎてまだ開いてませんでした。前来たときは電車で来たので、1時間以上遅い時間だったんですよね。いくら市場の朝が早いとはいえ、今はまだ業務の真っ最中で、市場関係者が仕事が終わった時に食べるためにある食堂は、これからという感じでした。お仕事の邪魔してすみません。そして、いくつか開いてる店は、既に長蛇の列が出来てました。

では帰るかと外に出てみると、先程は業務用車両で混んでいた道が、今度は自家用車で渋滞中。しかも狭い道に慣れない車が沢山入ってきているし、市場関係のトラックやカートも行き来しているので、非常に危険な状況です。築地では交通事故が多いそうですが、確かにこりゃ事故にもなるよなあと実感。歩道とか整備されてないし、横断歩道なんてあってなきようなもの。道は狭く、大小様々なトラックが行き交う中を、カートが縦横無尽に駆け巡ってるという感じで、そこを観光客や自家用車がうろうろしていれば、事故にならないほうがおかしいです。

築地の開市は年内は明日が最終です。今朝は朝5時半には上のような状況でした。14時頃、大井競馬場に行くのに再び自転車で築地の前を通った時も、まだ混雑してました(お店は大体お昼頃には閉まると思うんですが)。築地へ買出しにと思っている方は相当の混雑を覚悟したほうが良いと思います。

2009年12月24日

[散歩]メリー・クリスマス

ららぽーとで火薬の香りにむせながらも花火を楽しみ、



東京タワーもクリスマスカラーなので、写真を撮っていたら、女の子2人連れに「花火って終わっちゃいましたか?」と聞かれました(ええ、5分ほど前に)



IHIの前で写真を撮っていたら、「これ、サンタさんですよね〜」とおじさんに話しかけられ(どうみても雪だるまだ)



さらに反対側のIHI壁面の絵柄がなんだか分からず首を捻り(ひこにゃん?)



IHI前のイルミネーションが何気に綺麗だということに今さらながら気づいた



そんなクリスマスイブ。

夜は更けても、雨が雪に変わる気はしません。というか、曇ってますけど、外は気持ち悪いくらい暖かいです。

2009年12月23日

[movie]アバター 3D版

原題: Avatar
監督: ジェームズ・キャメロン
出演:  サム・ワーシントン シガニー・ウィーバー ゾーイ・サルダナ スティーブン・ラング ミシェル・ロドリゲス ジョバンニ・リビシ
米国/2009/162分/カラー・3D(XpanD)

ジェイクは負傷して脚の自由を無くした元海兵隊員。医者の兄の代わりに宇宙の彼方にある美しい惑星・パンドラで、あるプロジェクトに参加することになった。パンドラには非常に高価で貴重な資源が埋れている。しかし、その上に特殊な世界を築くナヴィという人に近い部族が住んでいた。彼らを移動させたい企業の人間たちは、研究者たちと協力し、人間とナヴィのDNA混合体でできた「アバター」に意識をリンクして操縦し、彼らの中に入って彼らの情報を得、彼らを移動させるのに何が必要かを知る作戦を実行しようとしていた。

ユナイテッド・シネマで見ようと思ったら、TOHOシネマズのほうが3Dの料金が圧倒的に安かったので、日劇を予約。ユナイテッド・シネマは割引料金が一切効かないのですが、TOHOシネマズ系は通常料金+300円なので、レディーズデーや映画の日は1300円です。ただ、引換用のvitもものすごく並んでいるので、ネットで予約した人も、先に券を引換ておくか、早めに行って引換えるのが吉です。

ナヴィ語まで作る徹底した世界観と、3Dだからこその奥行のある映像は、映画史に残るものになってると思います。おそらくこれからこうした「お金をかける映画」は、3D化するんだろうなあとすごく思いました。特に家庭のテレビが大型化し、ブルーレイなど映像も綺麗になっている昨今、大スクリーンの意味が問われたとき、映像そのものが素人が見ても全然違うという3Dは、ひとつの解答なのではないでしょうか。最初の数分は映像の奥行感に慣れない感じがしましたが、思っていたより3D酔いみたいになったりはせず、映画自体を楽しめます。

ただ、全体的に宮崎駿的なエッセンスがあちこちに見られるんですよね。いくつか笑えるくらいリンクするシーンがあって、「王蟲の群れだー」って言いたくなったのは私だけじゃないはず。あれを実写化したらこんな感じになるかなーと。でも、こういう映画が、繰り返し世界的に放映されることは意味あることだとも思うのです。特にCOP15で何の成果も得られなかった今だからこそ意味があるとも。宇宙の彼方まで移動できるような技術を手に入れ、これ以上ないほど繁栄した人類が、「彼らに与えられるものなど何も持っていない」という皮肉な状況を、この映画はとてもよく表現していると思いました。

まあでも何を訴えるか、とか、そういうことは考えずに美しい(驚異の)映像世界を楽しむのがいいんじゃないかなあ。実質3時間は全然長く感じませんでした。これで終わるのが勿体無いと思ったくらい。メガネをしてるの忘れて、目を擦りそうにもなったし。

終わった後、瞬きしてなかったからなのか、眼球が腫れてるような圧迫感を感じました。そしてしばらく浮遊感。予告編が終わった後、「ここから3D映像が始まります。メガネをしても映像が2重に見えるなどの問題があれば、お近くの係員まで」といった文字が表示されるのですが、メガネを外したあとで現実が二重に見えるような気がする私はどうすればいいんでしょうか(笑)。それは冗談としても、こんなに目が疲れたのも久しぶりです。それに3Dメガネって、もともとメガネかけてる人は邪魔だったりしないのかしら。

とはいえ、多分これは3Dで見るべき映画だと思います。普通の映画で見たら勿体無いかも(逆に、両方見て比べたい気もするんですが)。気になる方は、ぜひ劇場へ。

2009年12月22日

[東京スカイツリー]クリスマスシーズンのスカイツリー現場(ただいま245m)

26日まで、スカイツリーの工事用照明が21時まで全点灯されるとTwitterで知り、たまに見える工事用照明が綺麗だったのを思い出してスカイツリーまで行ってきました。



夜行ったのは初めてですが、さすがに人は少ないですね。ただ、新聞にも点灯のことが掲載されたらしく、それを目当てにした人はちらほらいるようでした。いつものようにおじさんやおばさんに話しかけられたのですが、彼らが一様に言うには、「これで終わり?」

・・・確かに工事用照明だし、いわゆるイベント用のライトアップじゃないから暗いんですよね。ただライトアップじゃない実用灯だからこそ、面白い美しさとも言えるんですが。でも「工事用照明が全部点灯される」=「ライトアップ」と脳内変換されて来た人にしてみると、「え、これで点いてるわけ?」となってしまうようです。写真が明るそうに見えるのは、長時間露光しているからです。

久々に川沿いを歩いて気づいたのですが、下のほうを覆っていた足場が無くなったんですね。エレベーターの一番下の部分が見えていました。



私は実は工業用のパイプが苦手なんです。ただ嫌いと言うのとは違って、目を離すことができない恐怖感があるんです。それはパイプだけじゃなくて、テトラポットとか、極端に大きな無機物全般に対してそうなんですが、怖いもの見たさで近づきたくなるという相反する感情を持っています(大抵の人に理解してもらえません)。改めてこの建造物を支えるパイプを見ていたら、そのことを思い出しました。複雑な感情ながら、早く真下から見上げてみたいなあと思います。

2009年12月19日

[自転車散歩]キャンドルナイト in お台場2009

冬至に合わせて100万人のキャンドルナイトイベントが行われていますが、お台場でも砂浜にクリスマスツリーや星、雪の結晶を形作って灯すイベントが行われています。



昨日はものすごい風だったので、どうかなーとは思いましたが、今日はとても穏やかな天気で、寒くはありましたが外でキャンドルを灯すには調度良い感じでしたね。レインボーブリッジもレインボーになっています。

イベントは明日も行われます。点灯は日没(17時前頃)から21時頃まで。

2009年12月16日

オール電化で9ヶ月。光熱費は・・・

引越して約9ヶ月。結構気になってたのが光熱費です。自分の意思というより、引っ越した先が最初から強制的にオール電化になったもので、どの程度光熱費がかかるものなのか、ちょっと心配してました。オール電化と一般の電気ガスの生活との料金比較は、「安くなる」とは言われつつも、本当なの?と思ってる人もいると思うので、一例として書いておこうと思います。

まず前提条件。引っ越す前の家よりも20平米ほど広くなり、かつ何を思ったか新居では蛍光灯をひとつも使っていません。全部白熱灯で揃えました。その代わり、こまめに切れるように、一球辺りの光量を抑えて、数を多くしています。オール電化ですから、料理も電気、お風呂も電気、もちろんお湯も電気です。また、我が家にはほぼ常時稼動しているパソコンが2台あります。相方のは17インチのディスプレイが2台、私はiMac20インチ、最近27インチに乗り換えました。引越して変わった電化製品は、テレビが14インチのブラウン管から42インチのプラズマになったこと、浴室乾燥機がついているので、雨が多い時期はそれを使うことが増えたことでしょうか。一般家庭と大きく違うのは、冷房も暖房も嫌いで、ほぼ1年中エアコンを使わないことです。この「使わない」というのはそのままの意味です。1年間で冷房・暖房共に稼働するのは7日あるかないかくらいだと思ってください。

引っ越す前の電気契約は30A, 契約種別は従量電灯B。ガス契約は契約種別が一般契約、適用単位料金がB表でした。現在の電気契約は8kVA, 契約種別が電化上手です。どちらもブレーカーが落ちたことは一度もありません。なお、今も前も、昼間は誰もいないので、電気はほとんど使いません。

やや特異な条件下ではありますし、これから最も光熱費を使う真冬がやってくるので、あくまで目安ですが、9ヶ月を比べると、約20%、現在のほうが安いです。なお、オール電化がコンスタントにほぼ同じ金額であるのに対し、電気ガス併用の頃は、季節によって大きく料金が異なりました。特に炊事やお風呂でガスを頻繁に使う真冬の時期は、電気ガス併用は料金が高い時期です。ガスの高低は激しくて、最も安い時期と最も高い時期が3倍くらい料金が違いました。一方で、オール電化がコンスタントに同じ金額だとすると、あまり変わらないことになるでしょう。つまり、これから3ヶ月を足すと、さらに差が広がる可能性があります。来年3月に、最終的に1年間みた上での結論も書きたいと思います。オール電化で迷っている方は、ご参考まで。

電化上手の場合は、朝・夜と、深夜の料金が段違いに安くなるので、昼間いない家にとっては非常にありがたい料金体系になっています。ただし、我が家の光熱費は、国の統計で出ている平均値よりも安いです。普段から電気ガスを多く使う方、また暑い地方、寒い地方など空調を使わざるを得ない場所では大きく違うでしょう。

またオール電化の調理器具は、私が大好きだった中華鍋が使えません。また、アルミについてはオールメタルのIH調理器具を用意する必要があったりと、器具にも気を使いますし、底がやや曲がっていたりすると熱の伝わり方が中途半端になったりするので油断できません。火力は思ったほど悪くはないですし、電子レンジのようにスイッチにタイマーがついてるので便利ですが、やはりガスの「一気に炒める」的な使い方は、構造上無理と思った方が良いと思います。料理が趣味という方はその辺りも考えた方がよいかもしれません。

特に炊事の点ではガスが恋しくなるときもあるのですが、まあ安くなったから仕方ないかとも思います。オール電化もまだ発展途上ですし、最近はガスを使った省エネの装置もあるそうなので、「これが有利」と決まるのは、まだこれからなんでしょうね。

2009年12月13日

[自転車散歩]海王丸

青海(あれはお台場[港区台場]ではなく、江東区青海だ、と江東区民なら言うべき?)のヴィーナスフォートにアウトレットモールができたとか聞いたので、どんなもんだか見に行こうと自転車で繰り出したのですが、11時半頃ついたときにはすごい人。テレポートの駅先のほうまで並んでるのを見たら冷やかす気もなくなってしまいました。いくつか面白そうなお店が入ってるようなので、あまり人がいなさそうな時間帯に行こうと思います。多分最初だけですよね。「アウトレットモールとしては、都心からも電車で行けて近い」とか書かれていましたが、その電車がバカ高いし、案外みんなの中で「お台場は遠い」っていうイメージがあるのではないでしょうか。普段も土日はともかく、平日の夜なんかは誰もいないですし。というわけで、駐輪するのさえ諦めてビックサイトのほうに戻ってきたところ、海の方に帆船が停泊しているのが見えたので、写真撮ってきました。



今日は1日晴れなのかと思いきや、曇ってきてしまいしたね。残念。

2009年12月12日

サイクルモード2009に行ってみた

ヘルメットを買った時に、サイクルモードのチラシを貰って「いろいろ試乗できるので面白いですよ」と店員さんにいわれたこともあり、行ってみることにしました。ロードバイクってとても高いのに、お店に行ってもどうぞ乗ってみて、って感じじゃないんですよね。

先日、TREKのMadone 5.2に乗ってみて、さらにそれにWSDという女性用サイズがあることを知っていた私は、まずはTREKで女性用サイズを試してみることに。確かに前回試乗したMadoneに比べると、乗った感じに無理がなく、とても乗りやすいです。相変わらず直線での真っ直ぐに走ろうとする力もすごいし。でも5.2 WSD(Project ONE仕様)はやっぱり高くて、本当は4.5WSDもあるとよかったんですけどね。

同じくスペシャライズドの女性用、ドルチェに試乗。大きさ的には、この辺りがいいのかなあというのもつかめてきました。SCOTTもXSサイズを置いていて、それも試してみましたが、この3社の小さいサイズはなかなかよかったです。

De ROSAは10分試乗券を配布する形で、行ったときはすでに午前の部が終了していました。次の配布が12時半だったので、20分ほど前に行き、14時過ぎの券を確保。次の回は15時頃配布と書かれていました。De ROSA狙っている人は、まず朝一で券をもらう必要があるかもしれません。De ROSAはNeo PRO、そしてFOCUSでCAYOに試乗、どちらも良かったのですが、午前中に乗ったものよりもややトップチューブが長い印象。多分ジオメトリ見るとあまり変わらないんだとは思うのですが、微妙なサドルの高さの違いとかが重要なのかもしれません。

ロードに乗り飽きてきたので、BD-1や、2人乗り自転車といった変わりものにも乗ってみました。BD-1は乗った感じはクロスバイクに近い雰囲気でしたが、小径車ですし折りたたみもできるので便利そうです。ProgressiveのTDM-710という2人乗り自転車は、怖かったです。相方が前に乗ると前が見えなくて怖いし、かといって自分が前に乗ったら、バランスがうまく取れなくてやっぱり難しかったのです。あとで他の2人組がこの2人乗り自転車に乗っているのを見ましたが、やっぱり怖い怖いと言っていました。2人で行く方はぜひ試してみてください。

最後にリカンベントに挑戦。17BicycleのS17です。見た目も難しそうな感じはしましたが、案の定最初の漕ぎ出しにコツがいるし、カーブするのも難しい!最初は走りだすことさえできなくて、2,3分ウネウネしちゃいました。慣れれば徐々に上手く乗れるようになりましたが、それでもこれを乗りこなすには、自転車とは別に練習が必要そうです。

そうそう、ここではヘルメットが必須です。各ブースで自転車と共に貸してくれるのですが、もちろん自前のものでもOK。私はYakkayのヘルメットを持って行ったわけですが、これが意外と知られてなくて、「ヘルメット被ってください」とことごとく言われました。「これヘルメットなんですよ〜」とコツコツ頭を叩いて示さないとダメで、そしてそれがヘルメットだと分かると、「え、これヘルメットなんですか!」と驚かれ、さらにあるブースでは「叩いてみてもいいですか?」と興味津々で言われてしまいました。待ってる人たちにも「あれヘルメットなのかよ」と言われる始末。Yakkayもブース作ったら人気になると思うんですが。

みんな自転車服を来て、太ももすげーな人ばっかりなのかと思いきや、全然そんなことありません。結構普通の服に、あの派手な色の骸骨ヘルメットを被ってる人たちが、試乗車を待つ姿はちょっと面白いのですが、試乗コースも初心者っぽい人もたくさんいるので、ゆっくり走っていても大丈夫。逆に上級者はあまりこういう所には来ないのかもしれません。お昼を過ぎると人が多くなりすぎて、一部カーブが続く場所が詰まるような状況になっていましたが、あえて直線を設けている部分はかなりスピードを出して直進性能を見るようなことも可能です。坂も設置されていて(もちろん避けることも可能)、やっぱり坂になるとロードとクロスバイクの差が如実に現れるなあとも思いました。

いわゆるスポーツ系の自転車に乗ったことのない人には、初心者用にロードバイクの乗り方講座、みないなのもやっています。ロードバイクやクロスバイクも見た目普通の自転車なんですが、私が初めてクロスバイク乗ったときは、前傾姿勢や、脚が届かないサドルの高さにちょっと怖さを感じましたし、トップチューブがあることを忘れて前から降りようとして転倒したりもしましたから、初めての人はそういうところで慣れるというのも手です。

ただ数分の試乗で違いが分かるかというと私のような素人では難しいですね。乗った自転車は20万くらいのから、100万を超えるものまで様々でしたが、ブレーキはやっぱり右が前で左が後ろがいいとか、ギアはシマノのが分かりやすいなあとか、そういう慣れに関わりそうな部分はともかく、本当に80万の差を知るには脚力のほうにも違いが必要そうです。普段使った場合にどんな感じなのかを知りたい場合は、サイクルスクエア北参道の試乗のほうが30分と時間も長いし、一般の道路を走るのでガタガタを走るとどうかとか、早く走る場合、ゆっくり走る場合などの差も分かるかなあと思います。でもこんなイベントでもないと、いろんなブランドの高級自転車に次々乗るなんてできないですからね。

サイクルモード2009は明日も10:00-17:00、幕張メッセでやってます。舞台などでもいろんなイベントやってますし、きっと面白いと思いますよ。

2009年12月11日

[2009年クリスマス]東京ミッドタウン

昨日はミッドタウンで面白い講演があったので行ってきたのですが、帰りについでにイルミネーション撮ってきましたよ。こちらもまた青い(寒い色の)イルミネーションでした。



上から見た方が綺麗なのですが、上からだと見られる位置が限られるんですよね。

20分、40分、正時にちょっとしたイルミネーションのショーみたいなものがあります。その時の白い光がとても綺麗です。

2009年12月7日

[東京スカイツリー]朝日をかざすと、真ん中の柱が見える

昼間しか行ったことがなかったスカイツリー工事現場ですが、昨日たまたま早朝に隅田川を北上したので、早朝の様子を撮ってみました。



逆光気味なので、真ん中にエレベーターシャフトと思われる柱が透けて見えました。昼間だと分かりにくいのですが、光を透かすと良く見えます。

日が沈んだあとのスカイツリーは、あちこちに工事用の照明がついていて綺麗です。今度その様子も撮ってみたいと思ってます。

2009年12月6日

[自転車散歩]水元公園の紅葉

本当は土曜日にしようと思っていたのですが、お天気が日曜日のほうがよさそうだったので急遽予定を変更。今日早起きして葛飾区の水元公園まで行ってきました。朝のうちに到着しようと思っていたので、夜明け前の6時に出発。ちょうどスカイツリーを通るあたりで夜が明け、そして7時半頃水元公園に到着。都立公園の中でも植栽がやや異色な公園で、特に20mを超えるポプラや、生きている化石と呼ばれるメタセコイア1800本の森と、水辺に隣接する立地が、都内(と言っても一歩川を渡れば埼玉や千葉なんですが)とは思えない景観を見せてくれます。

さすがにポプラはもう葉が落ちていましたが、メタセコイアの紅葉は今がちょうど見ごろ。雨上がりでちょっともやった感じが綺麗でした。







帰りは川沿いを行こうと、水元公園の川からそのまま中川へ出て、蛇行する川を下りました。中川は荒川に合流するので、そこからサイクリングロードへ出て帰ってきました。帰りは少し遠回りしたのでややかかりましたが、サイクリングロードは変な段差も信号もないし、何より車を気にしなくて良いのが楽です。中川の河川敷や隅田川河川敷も自転車専用道路を作ってくれるとありがたいのですが。ただ、雨上がりでまだ乾ききっていない道のせいで、上着に見事に泥ハネしました(T_T)。。。よく使うひとたちはそれを知っているのか、今日のサイクリングロードは自転車もジョギングの人も少なくて、ある意味快適だったんですけどね。

2009年12月5日

[exhibition]聖地チベット ポタラ宮と天空の至宝

上野の森美術館でやっているチベット展。面白そうなので手帳に付箋を貼っていたのですが、他の予定もあってなかなか行くことができず、あと会期も1ヶ月。今日はお天気も悪そうだから自転車にも乗れないし、とようやく行ってきました。

チベットというと密教というか仏教の聖地というか、そういうイメージがありましたし、実際展示物も名前はよく知ってる千手観音とかたくさんあるんです。しかし、その形や印象は全く違います。国内にある金メッキされている仏様は、ほとんど黒く色が変わってしまい、またそれが時代の重みや枯れた美しさを表しているように思います。一方のチベットは、湿気ばかりでなく酸素さえ少ないこともあるのか、日本とは異なり天然に美術品を維持する力があるのかもしれません。どれもこれも鮮やかな金色。

そして、仏像の表現の仕方がとてもエキゾチック。踊るような雰囲気だったり、男の仏様と女の仏様が抱き合う姿(このモチーフは結構普通にあるようで、父母立像と言われるらしい)だったり、首飾りが髑髏だったりと、根本は同じなのに何から何まで目新しさが感じられます。色使いも青いトルコ石や赤のルビーが使われていたりするので、余計にそう感じるのかもしれません。日本の仏像の黒い雰囲気に慣れてしまっていると、かなり違和感を感じます。いくつか経典も展示されていましたが、チベット文字も含めて、どちらかというと東アジアよりも中東の影響を強く受けているように感じました。ヒマラヤ山脈に阻まれているとはいえ、ネパールのほうが物理的に近く、インドの僧侶が亡命してきているという歴史的な経緯も関係しているのかもしれません。踊っているような仏様や、その衣装も、アラビア系の雰囲気があります。

曼荼羅も描き方が大分異なり、特に面白いと思ったのは、曼荼羅の上に掛かる形で作られている薄い布を、綺麗に上部にまとめている飾り方。あれってどうやるんだろうと不思議に思いました。ここでも鮮やかな黄色や青がアクセントになっています。僧侶の持つ道具にも、独鈷杵みたいな知っている形のものもあるかと思えば、高僧の頭蓋骨を使ったカパーラという高坏とも飾り物とも言えるような道具(水を聖水に変える力があるらしい)のような、かなり衝撃的なものもあり、密教の奥深さを感じました。

チベットのことなんて何も知らないから面白そうと思って行った展覧会でしたが、思っていた以上に何も知らず、そして思っていた以上に興味深い展示でした。会期も残り少なくなっていますが、おすすめです。

2009年12月2日

[movie]2012

原題: 2012
監督: ローランド・エメリッヒ
出演: ジョン・キューザック キウェテル・イジョフォー アマンダ・ピート オリバー・プラット ダニー・グローバー
2009年/米国/158分/カラー

2009年。インドの研究所で、あるデータから地球は後数年で終末を迎えるという結果が出た。それを聞いた地質学者のエイドリアンは、直ちに大統領にそれを伝える。そして2012年。いよいよ地殻が大きく動き始める。マヤ文明の暦が予言していた2012年の終末説が現実のものとなった今、主要各国はある計画を実行に移す。

ストーリーとか本当にどうでもいいんです。『日本沈没』の世界版にして、『インディペンデンス・デイ』や『アルマゲドン』、『ダンテス・ピーク』に『ディープインパクト』そして『ボルケーノ』を掛け合わせたような映像が本当にすごい。というか、ストーリーもそれらの切り貼りで、最後はああ、これで『ウォーターワールド』に繋がるのかな、とか思ったり。最初の被災地がカリフォルニア州で、例の知事が出てきて、それをジョークにするようなセリフやシーンもあって、もしかしたらストーリーが切り貼りだったのも「この映像はこの映画」というハリウッドの派手な映画好き人間に対するファンサービス的な本歌取りを気取っていたのかもしれません。でも、映像に関しては一級品。カールじいさんじゃなくて、これこそ3Dにすべきじゃなかったかと思います。それに、このところ人間ドラマばっかり見過ぎたので、なんかこういう「人がゴミのようだ」的なスケールの映画を観たら、意外とおもしろかったです。最初に書いたように、本当にストーリーとかどうでもいいんです。もう最初から最後までどっかで見たストーリーの切り貼りなので、大抵の人はラストまで読めちゃうと思います。それでも、映像を見て「すげー」って思っちゃうのです。それだけに1000円払うのは惜しくないという感じでした。