2010年1月31日

[movie]ゴールデンスランバー

監督:中村義洋
原作: 伊坂幸太郎
出演: 堺雅人 竹内結子 吉岡秀隆 劇団ひとり 香川照之 柄本明 濱田岳 大森南朋 貫地谷しほり 伊東四朗
2010年/日本/139分/カラー

仙台で首相の凱旋パレードが行われる日、青柳は久しぶりに大学時代の友人・森田と会っていた。釣りに行きたいと言っていたはずなのに、森田はスーツを着ていた。そして青柳に突然言う「おまえ、オズワルドにされるぞ」と。森田が何を言っているのか分からない青柳だったが、パレードが通過しているすぐ後ろの大通りで、ものすごい爆発音があがる。森田に「逃げろ!」と言われた青柳は、後ろから来る警察官の静止と発泡を逃れ、路地を必死に走り始める。

伊坂幸太郎の作品って、妙に客観的な視点というか、登場人物がどこか他人事で、そこが面白い雰囲気を醸し出しているという印象があるんです。昨年見た『重力ピエロ』はその伊坂作品の不思議な魅力を、見事にスクリーン上に映し出してると思ったのですが、この作品は残念ながらその感じはなかったなあ。その「不思議な魅力」が魔法をかけてくれないと、彼の作品は大人のためのおとぎ話ではなく、単なるご都合主義になってしまう気がするんです。どうでもいい細かいセリフやシーンが、ちゃんと1本に収束する辺りは、伊坂作品の「型」をよく踏襲していると思いましたし、多分原作を知らず、まっさらな状態で見れば十分楽しめるのではないでしょうか。ただ、原作が好きで、それを期待して見てしまうと、少しがっかりかも?私が一番好きな、お父さんと書き初めのエピソードはちゃんと入ってたし、要所要所はおさえてるとは思うのですが。

[movie]サロゲート

監督: ジョナサン・モストウ
出演: ブルース・ウィリス、ラダ・ミッチェル、ロザムンド・バイク、ボリス・コトショー
2009年/米国/89分/カラー

近未来、人間たちはサロゲートという分身ロボットを日常生活に用いていた。主に身障者用に開発されたロボットだったが、徐々に整形をしなくても完璧な外見の自分になれることを売り物にしだした販売戦略が見事にはまり、誰もがサロゲートを使うようになったのだ。交通事故や殺人事件はほぼゼロになったが、一方でサロゲートはまやかしだ、という一部の反対波が人間としてしか生きられない独立区をあちこちに形成していた。そんな中、サロゲートが殺される一方で、そのサロゲートを操縦していた人物までもが死んでいるのが見つかる。

サロゲートという設定と、それを遠隔操作することで日常生活を送っているという光景は、セカンドライフがリアルに展開されているようなものですから、簡単にできるようになれば増えていくというのは理解できる範囲かもしれませんが、それにしたって誰も彼もが「日常生活」でサロゲートになるのかとか、サロゲートを買いに行く時はどうするのかとか、それでどうやって生身の人間が知りあっていつ結婚するのかとか、1日中椅子に座っているだけじゃ、足腰なまるだろうとか、つまり現実的かというと全然そうじゃない。細かいところでその設定部分が気になってしまいました。そして、その中途半端な設定が物語に活かされているかというとそうでもない。SFとして見ると、ちょっといまいち。アクション映画としてみると多少面白いかも。ブルース・ウィリスは結局いつも血だらけになるんですね。

2010年1月30日

[自転車散歩]六本木ヒルズ展望台

引っ越す前はしょっちゅう映画を見に行ってた六本木ヒルズ。なのに、一度も展望台に上がったことがありませんでした。今日はヒルズのお店に用があったので、ついでに展望台に上がってみることに。

展望台まではローソンのLoppi(Lコード 37098)で前売りを買うと、300円安くなりますのでご参考まで。

で、屋上のスカイデッキには、かばん類は一切持ち込めないそうです。ヘルメットも全部ロッカーに預けて、カメラだけ取り出し、300円の追加料金を払って(スカイデッキは天候によってしばしば閉まるので、当日券300円しかない)、レッツゴー。

うぉーすごい景色だ。



元々海抜が高い上に、54階相当の高さ。東京タワーも眼下に見えるのがすごいです。今さらながら感動。そして、お台場、芝浦、豊洲とレインボーブリッジに囲まれた湾内は、まるで池のようだなあと思いました。遠くに建設中の東京港臨海大橋がおもちゃのように見えます。スカイツリーも見えました。六本木ヒルズでもこれだけすごい景色なら、スカイツリーの上部展望台ならどんな感じなんだろう。ただ、ヒルズのすごいところはここが屋外(屋上)だということです。上部が開いてるってやっぱり開放感あって良いです。スカイツリーも外に出られる箇所があると良いのですね。

2010年1月28日

[movie]板尾創路の脱獄王

監督: 板尾創路
出演: 國村隼 ぼんちおさむ オール巨人 木村祐一 宮迫博之 千原せいじ 阿藤快 津田寛治 笑福亭松之助 石坂浩二
2010年/日本映画/94分/カラー

舞台は昭和初期。微罪で捕まり拘置所に入れられるも、脱獄を繰り返すので刑務所送りになった鈴木雅之。しかし、それでも彼は脱獄を繰り返す。国中の刑務所から脱獄をし刑務所に戻ってくることを繰り返す鈴木。無口で何を考えているのか分からない鈴木に、刑務官の金村は興味を持った。なぜ彼は脱獄と逮捕を繰り返し、刑を重くするのだろうと。

類まれな身体能力と、深い思索で脱獄を繰り返す前半。そして、なぜそこまでして彼は逃げるのか、という答えが分かる後半。映像はすごく真面目で、昭和・戦前期らしいグロさをあちこちに散りばめているだけに、最後の最後、この真っ暗な90分は、このオチを國村隼に言わせるためにあったのか!と思うと、馬鹿らしさが一本通ってて、まじで笑えました。このラストは本当にすごいです。心底感心しました。

2010年1月24日

[自転車散歩]隅田川の始点

荒川を遡って、隅田川との分岐点まで行ってきました。そこには、岩淵水門があります。



荒川サイクリングロードは広く、信号もなくとても快適なのですが、信号がないために、「休憩をとろう」と止まらない限り、走り続けなければならないんだと思いました。

今日は50キロちょっと走ったのですが、前の50キロとは全然違いました。何しろほとんど坂がなかったですからね。それに、車が走る車道を走らなくてよいのは、疲れを軽減させるんだなとも感じました。

2010年1月23日

勝どき橋の謎

都心方面に向かうためにいつも使う勝鬨橋。以前に写真を載せたこともありましたが、隅田川の最下流に架かるあの橋は、自転車で通るのにはちょうど良い橋です。一つ先の佃大橋は傾斜がきついうえに、車道を走るのは危険ですが、かといって歩道を通ると明石町側は降りるのが面倒な作りになっています。一方、さらに先の中央大橋は、北側へ向かうときは便利ですが、南下しようと思うとかなり遠周りになってしまいます。その点勝鬨橋は傾斜はゆるく、そして銀座まで一直線です。昭和15年に建造された重要文化財にも指定されている橋ですが、現在も立派に役目を果たしています。

実はその歩道に不思議な鋲が打ってあります。



最近は脚力に大分自信がついて、勝鬨橋なら車道を通ることが多く、歩道のこの鋲のことを忘れていたのですが、歩道を通っていた頃は、下りが始まるくらいのところに打ってあるこの鋲を、「自転車は速度落とせ」という警告をするための障害物なのだと思っていました。

が、重要文化財でもある橋に、ただそれだけの理由で変更を加えられるわけがないのです。この前説明を聞く機会があって初めて知りました。これは、可動橋だった頃の名残で、「歩行者はここで止まれ」のサインだったとか。そして上を見上げると、



看板の跡が残っています。ここには「ここで止まってください」といった注意書きがされていたそうです。

可動橋であった勝鬨橋は、昭和45年を最後に開かずの橋になってしまいましたが、設備自体は問題はないと思われるものの、実際に動かすとなると、全体的な補修や動力系の改修が必要で、現実的にもう一度開く可能性はほぼゼロだとのこと。動くところを見たいとは思いますが、湾岸部への幹線道路になっている晴海通りが通ってることを考えると、まあ無理なんでしょうね。残念です。

2010年1月18日

建造物の50年

五島美術館が増改築のため、今年の秋から閉館になるという連絡がありました。大規模な増改築を行うそうです。五島美術館が建築された50年前、昭和30年代というのは、オリンピックや高度経済成長という日本にとって最も明るい時代だったのだと思いますが、あの頃経った建物が今次々壊されているような気がします。オリンピック時代には次々と公団住宅が建てられましたが、今URでは建築年代の古いものを次々建て替えてます。前に住んでた公団も、そういう建て替え住宅のひとつでした。また、東京都の資料によると、アスベストが使われるようになったのは、昭和30年代から。吹付けアスベストが禁止されたのは昭和50年なので、「アスベスト除去のため」と次々閉館していた図書館たちも、あの頃の建物なのかもしれません。ふと思うのですが、老朽化とか、耐震性の問題とか、コンクリートって十分強いはずなのに、たった50年しかもたないものなのでしょうか。

多分あの頃の建物が次々建てかえられているのは、老朽化ももちろんあるのですが、その老朽化の中には「陳腐化」も混じっているのではないかなーとも思えます。端的に言って「古臭い」とか「使いにくい」とか。昭和30年代を象徴する建物のひとつ、東京タワー。約50年ものあいだ、東京のシンボルとして多くの修学旅行生や観光客を受け入れてきたあのタワーも、今年電波塔としての役目を終えます。もちろん、タワーが無くなるわけではありませんが、実際のところあの建物は誰が入っても「古臭く」て「昭和のにおいがする」と思うのではないでしょうか。それも悪くないとも最近は思えるんですけどね。

東京という移り変わりの激しい土地にあって50年というのは長すぎる時間なのかもしれません。でも、世の中には、100年前の住宅とか、1000年前の建物とかが現存するのに、なぜ昭和30年代に建てられた建造物は50年しかもたないのでしょうか。実は個人的にすごく身近な場所で、50年前の建物がぶち壊され、新しい建物が建てられています。本来ならば年月が経つことで風格が出てくるのではないかと思うのですが、あの頃の建物はそうじゃないってことなのかなぁ。

昭和30年代の熱気は、熱病みたいなものだったのかもしれません。昭和30年代は明るい時代であった一方で、水俣病を始めとする公害病が問題になった時代でもあります。とりあえず建ててみようとか、オリンピックに間に合わせなければとか、後先考えなかったツケが今になって噴出してるのでしょうか。

多分もうああいう時代は戻ってこないと思うのですが、だからこそ、限りある資源や財源を「使い捨て」じゃない方向で使ってもらいたいものだと思う今日この頃です。

2010年1月17日

[自転車散歩]葛西臨海公園のスイセン

今年はちょっと早めに水仙が見ごろ、と聞いたので、朝から葛西臨海公園へ。本当にお天気が良くて、日当たりのよい場所は暑いくらいなのですが、でも気温はものすごく低く、日陰に入るとこれまた寒い。荒川大橋を登る頃には自転車を漕ぎ続けている私は暖かくなっていましたが、吐く息は白くなっていました。

水仙の花壇は観覧車の下にあります。ボランティアの人々が整備してくれているそうですが、海のそば、という立地がそうさせているのか、かなりワイルドな感じです。



水仙って思っている以上に小さいんですよね。60mmマクロでよってたら,地面に霜柱が出ていたのか、膝が冷たくなってきました。



クリスタルビュー前から海を見ると、東京港臨海大橋も上部構造体が大分出来上がってきていました。



今日はややもやっていましたが、富士山も綺麗に見えていましたよ。

2010年1月16日

[exhibition]国宝土偶展

東京国立博物館の「国宝土偶展」に行ってきました。大英博物館で行われた土偶展の帰国記念展です。本館1階の奥の部屋で行われていて、思ったよりこじんまりとした感じでした。

目玉は、3つの国宝土偶すべてが展示されていること。ひとつは拝むような形をしている合掌土偶(八戸市)、ほぼ完璧な形で残っている中空土偶(函館市)、そして縄文のビーナス(茅野市)の3つです。もちろん宇宙人ではないかとも言われている亀ヶ岡遺跡の遮光器土偶もちゃんと展示されています。小学生か中学生か、数人で来ている男の子が熱心に土偶のスケッチをとっていました。学校の宿題でしょうか。どれも歴史の教科書でおなじみの土偶たちです。

土偶は何に使われていたのか良くわかっていないというのが難点で、それぞれの使い方や、なぜ意図的に壊されたり、不思議な形をしていたりするのかについて、個々の説明は全くありませんでした。ただ、改めてこうしていろんな地域の土偶が集まってみると、「土偶」という種類もある程度幅はあっても同じような形式ではあるんだなあ(だから、土偶というものに何らかの統一した用途はあったのではないか)と思うのです。地下で仮説を含めた土偶解説のビデオが流れているのですが、それによると再生祈願とか説明されていました。やっぱり何らかの儀式用というのが有力なんでしょうかね。

ハート型の頭をした土偶や、仮面土偶と名づけられた土偶は、造形としてもかなり面白いものでした。それに、他のも含めてなんかこう憎めない顔をしているんですよね。脚が短い寸胴体型であるのも、愛らしさを増している要因かもしれません。土偶欲しいなあと思ったのですが、そういう人を巧みに取り込むために出口にお土産屋がありました。が、土偶には結構良いお値段がついていました。

特別展ではありますが、800円とお得です。今、国宝室では雪舟の秋冬山水図(1/13〜2/7)が出ていて、合わせてみようとこの時期を狙っていきました。土偶は阿修羅よりも人をひきつけないのか、あまり混んでもいませんでしたし、おすすめです。

そうそう、帰りは芸大のほうから不忍通りに出て南下してきたのですが、不忍池を挟んで向こう側に、スカイツリーの上部が見えました。今300m弱だと思いますが、もう少し経つと完全に見えると思います。上野の辺りはあまり高い建物が無いので、ものすごく目立つのではないでしょうか。

2010年1月13日

[movie](500)日のサマー

原題: (500) DAYS OF SUMMER
監督: マーク・ウェブ
出演: ジョセフ・ゴードン=レビット ズーイー・デシャネル ジェフリー・エアンド
2009年/アメリカ/96分/カラー

トムは建築家の夢を諦め、カード会社で働いている。運命の女の子といつか出会い、結婚するのが夢。そんな彼が一目惚れしたのが、社長のアシスタントとして入ってきたサマー。しかし彼女は運命の恋どころか、愛って何?というタイプの女の子だった。

予告編を見たときは、あまり見るつもりなかったんですが、意外と評判がよく、単なるラブストーリーではないと聞いて見てきました。確かにこれは「ラブストーリーではない」ですね。かなりひねくれていて、そして描き方が面白い。ズーイー・デシャネル扮する自由気ままな女の子サマーのその無軌道さが、私にはとってもツボでした。サマーとの出会いを1日とし、そして彼女との500日、というとなんかストレートな物語に感じてしまうのですが、これがこれが一筋縄ではいかないのです。敢えて言えば女性向けだと思うのですが、逆に男性が見たらどう思うんだろうと感じました。可愛いというより、愉快な映画でした。

レディースデーの夜の上映とあって、シャンテは満員。見たい方は予約していったほうが無難ですよ。

2010年1月9日

[自転車散歩]初の県境越え

今日は前住んでいた川崎の方向へ行ってみました。引っ越すとき、このお店は持って行きたいと思っていたレストランがあって、そこでランチをするのが目的のひとつ。以前、川を渡ったら埼玉、というところまで行きましたが、実はまだ自転車に乗って県境を超えたことはありません。多摩川サイクリングロードにも行ったことがないので、それもルートに入れてみました。

1号線から池上通りに入り、真っ直ぐ進むとガス橋。多摩川です。ここから神奈川県の標識が見えたときは、ちょっと感動しました。



ランチを食べて、丸子橋まで戻って多摩川サイクリングロードを上流方向へ。私の中では広い自転車道を想像していたので、土手上の自転車道は意外でした。広さという意味では荒川のほうが走りやすいですね。ロードバイクのようなスピードが出るタイプの自転車も荒川のほうが多いように思いました。二子玉川で橋を渡り、脇道に入ってから駒沢通りへ。しばらくいくと、駒沢オリンピック公園があったので、ちょっと休憩した後、サイクリングロードを一周してみました。



自由通りから目黒通りに出たのですが、忘れてたのが目黒駅前の坂。これが最後の難関でした。やはり東京は西に向かって高くなってるんなんだなあというのを実感。白金台とか、柿の木坂とか、どう考えても坂の上にあるってことなんですよね。逆に碑文谷とか谷になってるわけで。でもやっぱり最もダメージが大きかったのはやっぱり目黒の坂だな。。。目黒川に向かって谷になっていて、山手通りと目黒駅が尾根にあるというのがポイントで、その前に長い下りがあった後、急速に登るというのが辛かった要因ですね。

ルートラボで測ったところ、総距離57キロ、最大標高差40m。ようやく50キロを超えられましたが、100キロはまだ長い道のりです。

2010年1月4日

[自転車散歩]深川七福神巡り

深川の七福神を巡ってみました。深川七福神巡りとして結構人気だそうで、徒歩でも2時間程度とのこと。1月1日から15日までは8時から17時の間、御開帳されています。福笹(1000円)をもらって、それに各社にある土鈴(300円)をつけるめぐり方をしてみました。


より大きな地図で 深川七福神巡り を表示

富岡八幡宮の裏にある恵比寿神から始まり、葛西橋通りの弁財天(冬木弁天堂)、清澄通り沿いの福禄寿(心行寺)、清澄通りから少し入ったところにある大黒天(円珠院)、浄心寺をぐるりと回って毘沙門天(龍光院)、深川江戸資料館前を通って清澄通りに出て、清澄庭園と清澄公園の間の道を入ったところにある布袋尊(深川稲荷神社)、浮世絵で有名な万年橋を渡って、芭蕉記念館前を曲がるとある寿老神(深川神明宮)の順で回りました。深川神明宮は大江戸線または都営新宿線の森下駅、富岡八幡宮は東西線・大江戸線の門前仲町駅が近いので、そこから巡るのが効率良く回る方法だそうです。道にはずーっとオレンジの「深川七福神」という幟があるので、迷うことはないでしょう。ただ、車で巡るようにはできていない(一方通行が多く、駐車場も無い)です。

自転車の場合、富岡八幡宮から始めて、ゆっくり回って1時間かからないくらいでした。門前仲町も森下も、いろんなお店がありますし、清澄庭園周りはお茶を飲める場所も多いので、それも楽しみに行ってみてはいかがでしょうか。

参考: 深川七福神公式ホームページ

2010年1月1日

あけましておめでとうございます

東京は綺麗に晴れました。今年も1年よろしくお願いいたします。