2011年7月17日

[自転車]奥多摩行ってきました



都内は暑くてそろそろ自転車を漕ぐのが辛い季節になってきましたが、山だったら平気かなーと思って、初めて自転車をたたんで輪行してみました。行く先は、それでも都内の武蔵五日市。月夜見山を登って、奥多摩駅まで山の中を走る計画です。

かつて山登りを舐めてた私は、東京から箱根まで自走し、さらに芦ノ湖まで登るという無茶をしましたが、今回は登り始めはまだ元気です。一度山登りをして、自分のペースで進まないとダメなんだということを学んだので、どんどん先へ行ってしまう相方も無視。たらたらと登ります。

ただ、箱根と比べると最初は大したことなかったのです。というのも、ある程度登ると下りがあったり、平坦が続いたりして、乗りながらも休憩ができるから。斜度もずっと10%が続くなんてことはありません。最初の難関は上川乗の分岐の後の登りでしたが、それまでずっとフロントは39Tを使ってて、それで登れると思っちゃったからで、30Tに落としたらなんとか登れました。

奥多摩周遊道路に入った後の登りがちょっときつかったのですが、ただひたすら前方のみを見て、イチ、ニ、イチ、ニと上がっていきました。上を見てしまうと、崖の上にへばりつくガードレールが見えて気持ちが萎えるのですが、前を見てる分には見た目よりも厳しくありません。



辛いのは登りよりも太陽光線。日陰に入るとさすがに山で涼しいし、川沿いは天然クーラーのような気持ちよさだったのですが、何も無いと空が近くて日差しが痛いです。

都民の森まであと1キロ、そしてゲートまであと100mという標識に鼓舞されながら、なんとか登り切って都民の森到着。沢山のローディが休憩してました。



相方が思ったよりも暑さでへばってるので、ここで昼を兼ねた長い休憩を取ることにして、私は売店でキュウリと、お団子を購入。冷えたキュウリおいしかったです。疲れた体に味噌キュウリがおいしい。都民の森の温度計は27度を差していました。日陰で風をあびていると、汗がひくくらい。

峠まであとひとがんばり。箱根のつらさを思うと、峠まではあっと言う間でした。登り切ったら今度はずっと下りです。途中月夜山第1駐車場から奥多摩湖が見下ろせると聞いていたので、写真を撮るために停車。思ったよりも下に見えます。これだけ登ってきたのだから、降りるのもそれだけ降りなければなりません(ワクワク)。



下りはあっと言う間。途中多少の登りはありますが、下りの勢いでやり過ごせるレベルです。気づくと奥多摩湖畔に出ていました。ちなみに湖畔の温度計は37度表示でした。下りながら、風の温度が上がってきているなとは思いましたが、10度も違うとは。そして、湖畔でこんなものを見つけましたよ。相方が顔を洗ったら、硫黄臭かったです。足湯になってるとよかったのになー。



次々現れるトンネルにうんざりしながらも、奥多摩駅に無事到着。



ここにも休憩してるローディが沢山いました。そういえば、山の中に自転車置き場があるお店があったんですが、沢山の人が来るんでしょうね。

もう少し気温が低いほうがよいですが、とりあえず山登りもできたし、輪行もできたし、次はどこに行こうかなと考えるのが楽しくなってきました。箱根リベンジはまだ先になりそうですが。






0 件のコメント:

コメントを投稿