2011年12月31日

1年を振り返って2011年

今年もこのエントリを書く時期になりました。天皇陛下が災害に明け暮れた年と言っていたそうですが、震災に台風と、自身も大変な目に遭った災害の年でした。あまりにいろいろなことがあって、トロントから帰ってきてまだ1年経っていないことが信じられません。

今年最大の出来事は、と東日本の人に聞いたら、誰もが3月11日のことを挙げるでしょう。ただ、個人的な視点で言うなら、実はそれほど被害を受けてないんですよね。東北の人たち、関東の太平洋岸の人たちのことを考えると、2時間程度歩いて帰ったなぞ、大したことではありません。あの日は確かにいろんな意味で非日常でしたが、6ヶ月にわたる非日常の中(=海外)での生活から、まだ現実に適応しきれていなかった私は、その非日常を日常として消化してしまった感があります。

個人的な今年のニュースは、自転車での山登りにはまったことですね。最初はゴールデンウィークに箱根へ自走したのが最初でしたが、登り切ることの達成感と、また登り切った後の下りの爽快感が面白く、本当に病みつきです。輪行もすっかり慣れました。そして自転車にも輪行時の傷が増えました。最初の箱根は悪天候もあって惨敗でしたが、その後奥多摩で練習、さらに高崎〜草津〜国道最高地点(渋峠)で2000m超えを経験、もう一度箱根に行って、今度こそ登り切りました。奥武蔵グリーンライン、ビーナスライン〜霧ヶ峰、日塩もみじラインをこなしたあと、清里から麦草峠越えでは、2000mの山越えを含めて100キロを走りきりました。来年は富士山目指すのが第一目標なのですが、それ以外にも長野側から渋峠に登るとか、奥利根湯けむり街道とか、霧降高原とか、あと今年は天候と日程が合わずに行けなかった福島の磐梯吾妻スカイラインとか、そして、大目標の乗鞍とか、越えたい峠はいろいろあります。8月末に距離や高度などを計測できるGarminのGPSサイクルコンピュータを買いました。取り付けてから年末まで距離1400キロ、獲得標高14000mだったので、来年は1年で距離3000キロ、獲得標高30000mを目指して頑張ります。

今年の特に秋はそうやってやたらと国内の山に行きましたが、冬には何故か出張でハワイに行くことに。昨年も12月の最初の週末にシカゴにいましたが、まさか2年連続で同じ時期にアメリカにいるとは思ってもいませんでした。というか、昨年カナダに行くまでは、東方向には何度も行っているのに、西方向には1度も行ったことがなかったのです。この2年ですっかりアメリカ慣れ?でも2泊4日の弾丸ツアーで、しかも仕事だったために、ハワイを十分楽しめなかったという気も。次行くときはプライベートで、そして水着を持って行くんだと堅く誓いました。自転車仲間の忘年会でも言ってたのですが、ホノルルセンチュリーライドに行けたら行きたいです。

今年見た映画は48本。中でも年末は怒濤の良作ラッシュでした。特に『サラの鍵』がよかった。タイムライン上で誰かがおすすめしていたので見たのですが、こういう誰でも無い人の過去を追究するというタイプの物語に、私はとても弱いです。また、カナダで予告編を見て、面白そうだと観に行った『灼熱の魂』も、同じようにある女性の過去を探す物語ですが、思っていたストーリーと全然違って、本当に衝撃を受けました。年末にもう一度日本で見られてよかったです。『サラの鍵』は、フランスのユダヤ人強制収容事件(ヴェルティヴ事件)を扱った作品でしたが、同じくヴェルティヴと子どもというモチーフを主題にした物語に『黄色い星の子どもたち』がありました。どちらも哀しい物語ですが、そんな厳しい世の中でも、ユダヤ人の子どもを助けてくれる人がいたことにほっとします。ミステリーという意味では、『ゴーストライター』がよかったな。ある程度「犯人」の対象者は絞られているのに、最後の最後で「ああ、そうだったか」と思えた映画でした。闘病ものが2本。『永遠の僕たち』『50/50』。好みにもよると思いますが、どちらも闘病が軸に据えられながらも、それを感じさせない綺麗な作品ながら、コメディ色の強い『50/50』が私はお気に入りです。コメディと言えば、忘れちゃいけない『宇宙人ポール』。笑えるという意味では、今年一押し映画です。本当に「楽しかった!」と思える映画でした。そして、忙しかった年末に元気づけてくれたのは、『リアル・スティール』でした。来年も面白い映画が観られるのを楽しみにしています。

今年の年末はやたらと忙しく、どの仕事も中途半端に終わってしまった感があるので、来年はもう少し余裕を持って仕事したいですね。

ではみなさま、良いお年をおむかえください。

<今年1年を振り返る写真>
1月 おとぎの国、ケベック・シティに行く


2月 帰国・東京ゲートブリッジがつながる


3月 震災。東京タワーの先端が曲がる


4月 でも今年も桜が美しかった。


5月 初の峠越え、箱根へ自走


6月 あじさい祭り


7月 武蔵五日市から奥多摩湖を抜けて奥多摩駅へ。こんどこそ峠を登り切りました。


8月 初の2000m越え。国道最高地点へ自転車で。


9月 箱根リベンジ


10月 未見だった『E.T.』を映画館で鑑賞。来年最後の午前十時の映画祭、楽しみです。

11月 麦草峠越え。今度はYさんおすすめの逆方向から登ってみたい。


12月 ハワイに行った。夢でなければ。


番外:今年こそ、有馬記念参戦。しめくくりはプラスで終わりました!でもレースは29日の東京大賞典のほうが面白かったな。