2012年2月26日

[自転車]高半と榎本牧場

本日東京マラソンで、自宅周辺がほぼ1日閉鎖されてしまうので、早めに出て荒川を遡り、埼玉に行ってきました。今日の目的地は上尾。自転車乗りがよく行くという定食屋の高半というお店です。いつものように荒川を遡っていったのですが、今日は思ったよりも天気が良くなかったのが逆に幸いしたか、ほとんど風がなく、快適に北上できました。しかもランナーがいません。東京マラソンに出ているのか、それとも応援しているのか、びっくりするほど荒川の道も空いていて、走りやすかったです。途中、一輪車駅伝(なんかすごい競技だ)や、裏東京マラソン?の月例赤羽マラソン大会に出会いましたが、まだ一輪車はスタート前だったこともあって、無事やり過ごし、月例マラソンはやはり東京マラソンに出場する人が多いからか、それほど問題なく通り過ぎることができました。

問題は国道16号の下を通るトンネルを抜けたところから。西貝塚環境センター(病院だと思ったけど、清掃工場だったのか・・・)までは順調だったのですが、その先で左、左下、やや右よりの直進という分岐が現れて、左を選択。住宅街の塀の間にある細い道を行くと、T字路が現れたのですが、自転車が右から来たので、そちらへ。すると県道にぶちあたったので、そのまままっすぐ行きました。2つめの交差点で、まっすぐがあまりにも狭いので、左へ曲がると、話を聞いたことのある「川岸屋」が見えました。どうやら道は正しそうとその先まで行くと、自転車道のマークがあったので、右へ。どうやら自転車道へ戻れたと思ったものの、狭い上に見通しが悪く、頻繁に直角に曲がったり、下りの先にU字カーブがあったりとかなりトリッキーなルートを行くこと5分。ようやく榎本牧場に到着しました。ところが、こっちから入ると最後ダートなんですよね。駐車場を横切るだけなので、天気が良い日ならなんとも無いと思うのですが、あれだけ雨が降った後だけに正に「ダート」。今までも水たまりが道をふさいでいることはあったもののなんとかやり過ごしていたのですが、最後のここで車体が泥だらけになりました。

さすが、サイクリストが集まる場所とあって、ちゃんと足の無い自転車をかけるタイプの駐輪場がありました。榎本牧場はアイスが有名で、今日もたき火の周りでアイスを食べてる人が沢山いましたが、私は暖かいものが飲みたかったので、ホットココアをいただきました。美味しかったですよ。次はもう少し暖かい時に来て、アイスを食べたいです。地図を再度確認し、本日の目的地高半へ。榎本牧場からゆっくり行って5分くらいでした。もう少しあるかと思ってたので、思ったよりも早く着いてしまい、お店の前で開店待ち。でも開店10分前には自転車の人や車の人も沢山来て、なんだかんだ行列となりました。予約もできるらしく、予約席と最初に並んだ人の半分くらいで満席。案外小さいお店でした。大人数で行く場合は、少し余裕を持って予約したほうがよさそうです。私たちは賛否両論あるステーキ丼を注文(写真)。確かにこれはすごい(笑)。でも肉は軟らかく、思ったほど脂っこくもなく、完食できました。

再び榎本牧場まで戻ったのですが、あのダートを通りたくなくて、右折。すると結局高半を出て最初の交差点で右折したのと同じ道路に出ました。もし荒川から直接行くなら、この道路が正解ですね。帰りも荒川を戻ってきて、あまりに泥だらけになってしまった自転車を、六本木のお店に預け、ついでにメンテナンスしてもらうことにしました。

本日の結論としては、高半、榎本牧場へ16号をくぐってからのより走りやすい行き方は以下のとおり。正しいかどうかは不明だけど、とりあえず道があり得ないほど狭くなく、ダートが無いのが条件(笑)




今月は最後追い込みで頑張ったつもりでしたが、500キロまであと50キロ足りず、453キロ。2012年の走行距離は873キロになりました。来月こそ。

0 件のコメント:

コメントを投稿