2012年8月5日

[自転車]風張峠

いつもはトレックストアのイベントにキャノンデールの旦那も一緒に出てるのですが、昨日はキャノンデールのイベントに私がお邪魔してきました。この日のイベントはヒルクライム。武蔵五日市から、奥多摩湖を回って風張峠へのヒルクライムの後、武蔵五日市まで戻ってくるというルートです。以前、逆方向で風張峠まで登ったことがありますが、登るなら奥多摩湖から登るほうが楽ですね。

そして、道をよく知る人達と回っていると、単に道路に線を引いて回る私とは違うルートを教えてもらえます。奥多摩湖からは、トンネルを避ける「むかしみち」を行きました。路面はかなり荒れているのですが、ロードで走れないこともありません。途中には、「5人以上で渡らないでください」という看板のある吊り橋とか、冷たい湧き水がある場所とかを教えてもらいました。

むかしみちからアクセスできる恐ろしい橋

以前来た時には、東京都で一番高い道路の最高地点ポールなんて、全く気づかなかったのですが、今回はその前で集合写真を撮りました。この日は1日雲の多い晴れだったのですが、ちょうど登るときに雲がかかり若干霧雨が降ってくれて、そして峠で集合写真を撮るときは、お日様がぱーっと出て、下りるときには青空が広がるという、お天気に恵まれた1日でした。峠は25度くらいで快適です。

都内の道路最高地点。1146m。

イベントは30人くらいいたのですが、その中の一人から「春頃に箱根旧道を上ってませんでした?」と言われました。そういえば、キャノンデールに乗った人に抜かされたと思い出しましたが、向こうは一人で小田原まで輪行して、さらに旧道を登っていた女性、というのはめちゃめちゃ目立って強烈に覚えていたようです。もしかしたら他でも幽霊的に覚えられてるのかも。

この日のルート。奥多摩湖の境集会所のところが水汲み場です(「水かけ場」と言われてましたが)。



大人数で登るとどうしても時間がかかってしまいますが、サポートカー付きだし、いろいろな人がいて面白かったです。一人で登ってると、ほとんど修行みたいなものですからね(笑)。まあそれもなんかこう宗教的な厳粛さがあって良いんですけど。

0 件のコメント:

コメントを投稿