2013年2月10日

[自転車]春の房総サイクリング

立春を過ぎても寒い日が続きますが、という枕詞が似合わない房総。もう花摘みが始まり、菜の花も見頃だそうなので、お天気良さそうな連休中日に行ってみることにしました。房総は案外「自転車の人たちが寄るお店」も多いし、行ってみたいルートも沢山あって迷うのですが、一番楽そうな房総スカイライン〜フラワーラインを選択。

まずは木更津まで輪行です。木更津か君津か迷ったのですが、1駅でも近いほうがいいかなと思って木更津にしました。そこからスカイラインを目指すのですが、いきなり坂で凹みます。峠まで来て後ろを振り返ったら海が見えました。

県道249を選択したのですが、途中まで最近キレイにしたのかなと思うような美しい道路だったのに、「え、こっちですか?」という道になり、最後は林道のような狭い道に。下りの切通は、房総半島らしいものすごい地層の線が見えて、それはそれで面白かったのですが、県道92(スカイライン)にぶつかるまで、「本当にこの道でいいのか」と不安になりましたよ。そして無茶苦茶な登りが何度か出てきて既にヘロヘロです。

房総スカイラインには2つの有料道路があります。ひとつが房総スカイライン有料道路。適度なアップダウンのある美しい道です。自転車30円。ここは車と一緒に並んで窓口で支払ました。



房総スカイライン終点の前に、たまらん-kimitsu という卵屋さんがあります。ここの名物はTKG(たまごかけごはん)です。300円で味噌汁とお漬物がついて、卵とご飯は食べ放題。醤油も5種類くらいありました。朝食(は食べたんですが)代わりにちょっと寄ってみました。



片倉ダムを過ぎると2つ目の有料道路。鴨川有料道路20円。ここは自転車はポストにお金を放り込むタイプ。お釣りがないように10円玉を用意しましょう。




こちらは少し登りがあってその後ほぼ下り。ただ、大日の交差点から国道128号までかなりの渋滞でした。交差するR128も大渋滞のようでした。そういえば三連休でしたね。私はトンネルのあるR128は嫌だったので、海沿いの道に出ます。

海が見えて来ました。鴨川青年の家前で一気に開けるのですが海がすごく綺麗。まるでハワイのようです(いや、冗談じゃなく)。ここからずっと海沿いに続くフラワーラインは、ハワイのセンチュリーライドを思い出させる道でした。白い砂浜じゃないけど。



北風が強いのであれば、鴨川から野島崎までは追い風だと思っていたのに、海から風が吹くから微妙に向かい風。きついです。この辺りから逆方向から来るランドヌールとおもわれる人たちとすれ違うようになりました。白浜のセブンで休憩したら、ちょうどCPだったようで、沢山の自転車が休憩してました。私もお仲間だと思われたようで、レジのお姉さんに「お客さん、レシート忘れてますよ!」と言われました。

そろそろお腹が空いてきたから、千倉の道の駅あたりで食べようかなーと思っていたら、千倉漁港でなにやらお祭り中。屋台が沢山出ていたので、なめろう汁を食べました。くじらコロッケも食べたかったのですが、2つのテントどちらも大行列で諦めました。その後千倉の道の駅 の前を通りましたが、渋滞の列がここまで続いていたようで、大混雑してました。先に食べて正解。

フラワーライン沿いの花摘み所は、金魚草?が綺麗でした。




そしてようやくフラワーラインのメイン、洲崎への道。ここは両側に菜の花が植えられていて、この時期はとても綺麗なのです。



海とのコントラストも美しい。


洲崎灯台を抜けた辺りで富士山が見えたのですが、本当にうっすら。カメラで撮ってみましたが、パソコン上で綺麗に再現するにはちょっと厳しかったです。

館山駅15時15分頃到着。自転車をたたんで、さて電車は何時かなと思ったら、次の鈍行は16:03発でした。房総半島、ウチから見えるだけに近い気がするのですが、特急は本数が少ないし、鈍行に乗ると蘇我まで2時間、そこから自宅までさらに1時間という長丁場になり、それだけが困りものです。

でも房総半島は案外良いですね。道も綺麗だし、お店も多いし。今回は通らなかったのですが、安房グリーンラインとか嶺岡林道も気になってるんですよね。三石山はともかく、今日はかすめるだけだった鹿野山にも行ってみたいし。あと、もう少しあたたかくなったら、アイスも美味しそうです。

というわけで、今日のルート



0 件のコメント:

コメントを投稿