2013年7月18日

[自転車]ビーナスラインで美ヶ原へ



祝日出勤分の振休で、再びRapha Risingライド。今度はビーナスラインで美ヶ原に行くルートにしました。天気予報がコロコロ変わって出発も危ぶまれましたが、最終的に「多分平気」という全く根拠のない自信でもって、小雨の降る東京を出発。

まずは上諏訪まで輪行です。さすがに平日だと下りは空いてました。そして上諏訪に着いたときは、雲は多いもののすっかりお天気に。


上諏訪に降りてきて上諏訪から帰ったことはあるのですが、上諏訪から登るのは初めて。下ってくるときは傾斜15%の直線的なバイバスを通るのですが、さすがにそれを登っては足が残らないので、グネグネ曲がる県道へ。途中、諏訪湖が綺麗に見える公園がありました。



直線のバイパスと交差して、霧ヶ峰の入り口までの3,4キロが結構きつかった。山の上は雲をかぶっているかと心配しましたが、晴れと言って良い天気です。


この時期に霧ヶ峰に登った理由のひとつが、ニッコウキスゲを見たかったから。昨年登ったときは、若干時期が遅かったし、鹿の食害でちらほらしか咲いていませんでした。でも今年は綺麗に咲きそろっているようです。今週末くらいが一番の見頃かも。車山肩まで登る途中、谷を挟んで反対側の車山のあたりも山が黄色く見えました。本当に山が黄色く見えるんだと思いましたよ。ここで小腹が空いたので、屋台でトマトを買って食べました。甘くておいしかった!


いったん道の駅のところまで戻って、今度は和田峠方向へ。ここからは登りもあるものの、下り基調で快調に。和田峠を過ぎると登りです。暑さと登りで若干やられ気味ですが、確か三峰展望台にお店があったと思って頑張りましたが・・・が!お店はお休みでした(T_T)。ここから見えるビーナスの丘が綺麗。雲も多いけれど、丘に面白い影を落としていて、それはそれで風情があります。


実は、この登りの途中ですごいものを見てしまいました。自転車ですから、道路の左を走ってるわけですが、前に木のようなものが落ちていたので、少し避けたんですね。ところが近づくと木じゃない。どう見ても動物の足の骨。犬とかではありません、最初人間の大腿骨かと二度見したくらいですから、かなり大きいです。そしてその骨の先にはしっかり蹄がついていました。馬なわけがないので、恐らく鹿でしょう。犯人は熊なのか、熊なのか?! 平日でほとんど車も通らないために、熊との遭遇は絶対に避けたいです。熊との遭遇に怯えつつ、でもそれ以上にお腹が空いた・・・結局補給ができたのは扉峠のレストハウスでした。ここが開いてなかったら、確実にハンガーノックでした。

少し行くと落合という交差点があります。ここに自分なりの時間制限を設けてました。ここから美ヶ原の登りは、10%の坂が続く厳しい道です。この時点で既に14時を回っていたら、明日は仕事だし美ヶ原高原はパスして上田のほうへ下ろうと思っていたのです。結局ここに到着したのは13時過ぎで、なんとか登れそうです。


落合の交差点からこれから登る美ヶ原の道(右側)。さあ登るぞ。


ここから美ヶ原までは4キロ程度です。その4キロで330m登ります。ざっくり8%の登りですが、少しの平坦と10%の坂が続くという感じで、泣きそうです。しばらく行くと先ほど通った道がものすごく下に見えました。


1959m。本日の最高地点。最高の景色でした。


美ヶ原には道の駅があり、そこで少し休憩。地下から採取しているという美ヶ原高原水がありました。ボトルに追加。


中央アルプスの山は少し雲がかかっていますが綺麗に見えました。


ここからは下りですが、武石に下りるまでの下りはかなりガタガタでしたね。たまに自転車が飛びました(笑)。村落に出てからは、まっすぐで下りの綺麗な道が続いています。でも遮るものが無くて暑い・・・。


上田駅発16時過ぎの新幹線に乗りたかったので、平地に出てからも急ぎ気味に漕いで、15時45分頃到着。獲得標高1964m、距離は89キロでした。Rapha Risingは残り3177m。なんとか達成できると良いのですが・・・。

0 件のコメント:

コメントを投稿