2013年10月2日

[自転車]安曇野から長野駅へ

乗鞍合宿最終日は、長野駅へのロングライドです。浅間温泉からあずみのセンチュリーライドのルートを踏襲しつつ、最後は県道31号で長野駅へ向かうことにしました。




まずは梓川を渡って、様々な作物が収穫間近となっている安曇野へ。こんな農道に迷い込み、ちょっと砂利道を押したりもしましたが・・・。



途中で牧場の売店を見つけて休憩。牛乳美味しかったです。


信濃大町の駅では、ちょうど有名な豚のお店が開店の時間帯で、沢山の人が並んでいました。横目にみつつ、飲み物を追加してさらに北へ。木崎湖、青木湖、とても綺麗でした。


白馬村に着くと、田んぼが一面黄金色。まだ雪のない北アルプスと共に、この景色も良いですね。


ここから長野市へ向かう県道に入り、ひたすら戻ります。途中3回道の駅を通るのですが、最初の美麻の道の駅でお昼。なんと自転車用のスタンドがありましたよ。隣の家族連れの男の子がダムカレーに挑戦してましたが、結構な量でした。しかしお昼食べた後思ったのは、「あれくらい食べられたかもなー」でした。今度行ったら挑戦しよう(笑)

というわけで、長野の市街地へ入ったのは15時前。どうしても七味が欲しいという旦那の希望で、一度駅を通りすぎて善光寺に立ち寄りました。


無事七味唐辛子もゲットして、駅から長野新幹線に乗車しました。長野新幹線は、デッキにスキーなどを置く荷物置き場があり、ちょうど自転車が入るんですよね。それに最後列の隙間が広く、そこにも置けます。自転車の人も結構いたのですが、問題なく乗車できました。長野新幹線は輪行列車として最強だと思います。軽井沢からはやはり混雑しましたけれど。

というわけで、3日間の自転車三昧旅行は終了。今年の目標のひとつでもあった自転車で行ける最高地点もクリアできました。乗鞍はまた行きたいなー。雪の壁もよさそうですが、やっぱり秋ですかね。

0 件のコメント:

コメントを投稿