2013年1月26日

[自転車]荒川左岸ルート

荒川の右岸(河口に向かって右、都心側)は3月中旬までの工事のため、堀切橋から千住新橋まで通行ができません。山に行けないこの時期は、大抵岩淵水門までの50キロで練習をしていたので、そこが通れないとちょっと痛い。その迂回路にあたる川に沿った一般道路は、かなり狭くて走りにくく、できれば他のルートで行きたいところです。葛西橋から左岸に渡れば、鹿浜橋までは自転車が走れる道路があると聞き、重い腰を上げてようやく行ってきました。

本日のルート



いつもの通り清砂大橋たもとからサイクリングロードへ。すぐに現れる葛西橋河口側の歩道を渡ると、途中に川の中洲のようなところに降りれるルートがあり、そこが左岸ルートの始まりです。実際はあと1キロくらい河口方向へ下れますが、そこは完全な行き止まりです。清砂大橋の下をくぐるのに、この橋へ登ることはできません。葛西臨海公園にも行けません。

さて、そこから上流にさかのぼりますが、思っていたよりずっと走り易かったです。右岸には意味不明な短い未舗装箇所が2箇所ありますが、左岸にはありません。左岸のほうが車止めも少ないように思います。ただし左岸にはトイレがほとんどなく、中川とに挟まれた中洲を走るので、川岸から一般道へ出るのがちょっと面倒なのが難点でしょうか。まあ、鹿浜橋まで行っても20キロあるかないかくらいなので、それほど問題はないでしょう。鹿浜橋から先は舗装されていませんが、土手上に上がって少し行くと、旧レストランさくら(都市農業公園内 見晴らし茶屋)があります。自販機もトイレもありますし、休憩所に使えます。

ちなみに右岸は鹿浜橋から岩淵水門までまた工事箇所があり、しかも岩淵水門近くになると未舗装になります。

12/28 の岩淵水門前未舗装路
さて、鹿浜橋で右岸へ渡り、河口方向へ戻ります。今日の目当てのひとつ、リニューアルした「かどやのやりかけだんご」。ちょうど右岸ルートが工事で途切れるところで一般道に出て、川沿いの道路をさらに下りて、まっすぐ駅方向へ向かったところにあります。

かどやの槍かけだんご、こんなに綺麗に!
1本90円。焼団子(みたらし)とあんこがあります。どっちも美味しいです。ちなみに以前のお店はこんな感じ。まるでビフォーアフター。


あまりの変貌ぶりに旦那は気づかず、一度通り過ぎてました。新店舗では、お店の前にベンチも置かれて、その場で座って食べることもできるようになりました。

千住新橋からふたたび左岸に戻って、河口の行き止まりまで行き、葛西橋で右岸に渡って帰って来ました。55キロくらいでした。とりあえず工事が終わるまでは、このルートかな。


2013年1月4日

[自転車]新春富士見ライド

4日は旦那だけが仕事で、私はまだ冬休みだったので、ちょっと遠くに自転車で行ってみようと思っていました。このところ寒さと北風に負けて、あまり長距離乗っていなかったので、100kmコースを考えてました。秦野輪行ヤビツから自走(130kmくらい)、箱根まで自走して電車で帰ってくるとか、暖かそうな房総半島とかも考えたのですが、何しろ日の出の時間が6時半過ぎ。輪行だとどうしても始動が早くなるので、暗い中動くことを考えただけで寒さに負けそうです。いいや、明日は天気がよさそうなので富士山見られる場所に行こうと、茅ヶ崎方面へ行く事に。箱根駅伝見てたら、また駅伝ルートを走りたくなったのもあります。

というわけで、いつも出勤する時と同じ時間に起き、7時に出発。国道15号に出てひたすら箱根方面を目指します。蒲田の踏切跡にも感動しましたが(ここで何度ひっかかったことか)、環状7号をパスする地下道(もちろん自転車は走行不可)ができていたのには驚きました。そう言えば長いこと工事してたけど、こういう工事だったんだと思いました。ただ相変わらず蒲田から六郷橋までの道路はガタガタで走りにくいです。お願いだから直してください。

「富士見」と言えば、まずはやっぱり六郷橋。橋で写真撮るのを忘れてしまったのですが、橋の向こうにでっかい富士山が見えました。

横浜を過ぎて国道1号へ。しばらく東海道線に沿って進み、そして権太坂を登ります。初めてこの権太坂を登ったときは「これが権太坂じゃなかったらどうしよう」と思ったくらい厳しく感じましたが、大分マシになってきました。箱根でも権太坂云々言われますが、復路の遊行寺ほどではないですし、ましてや箱根山中に比べれば大したものではありません。そろそろお腹空いてきた(まだ9時半だけど)ので、権太坂を下りきったところにセブンがあったことを思い出し、休憩。

ここから少しトリッキーに。駅伝ルートはそのまま1号バイパスを行くのですが、ここを自転車が通れません。いったん戸塚駅のほうに下りる旧道1号を行くと、駅を越えて直ぐに開かずの踏切を通ることになるので、少し線路沿いを行ったところにある地下歩道で線路を渡り、国道1号に戻るルートを通ります。上り坂きつい。

登り切って下り始めると、右手に富士山が見えました。六郷橋と比べると大分大きい。道路脇で撮ったので、適当な写真ですみません。見えるってのがわかってもらえれば。



ここから少しで国道1号と別れ、県道30号に入ります。駅伝でもよく名前を聞く「遊行寺坂」です。往路は完全に下りなのですが、下りきった後に微妙なアップダウンがあり、しかも海から風が吹こうものなら、かなりきついのではないかと思われる3区です。

国道134号との浜須賀交差点には大きな歩道橋があります。歩道橋というよりも、展望台と言ったほうが正しいかもしれません。だって歩道橋の上に普通ベンチありますか?というわけで、今日一番の大きさの富士山。実は箱根やヤビツを断念した一因は昨日雪が降ったこと。国道1号の電光掲示板には「箱根山間部、滑り止め必要」と書かれていました。さすがにしばらく山に行くのは厳しそうですね。今年はなんだかやたらと雪降ってるし。


134号は交通量が多いのですが、道路が綺麗なのと路肩がきちんとあることで意外と走りやすいです。片瀬江ノ島くらいまでは。そこからはうんざりするような渋滞。夏だけかと思ったら、こんな時期でもなんですね。稲村ヶ崎まで来たら、江ノ島の向こうにばーんと富士山が見えました。iPhoneではこれが限界ですが、人の目にはもう少し富士山が大きく見えました。まるでポスターみたいな。


滑川のローソンで再び休憩。思ったよりも強風ではなく助かりました。日差しにあたっていれば寒くて凍りそうというほどでもありません。ただ気温計は3.6度と表示されていましたが。。。

ここからは何度も通ったことのある鎌倉からの帰宅ルートですが、鶴岡八幡宮までの直線は最悪でした。歩道に乗りきらないような人出で、車道まで歩行者が溢れてる感じ。2度ほど歩行者(一度はなんとベビーカー)と車道で接触しそうになりました。明日明後日も天気が良ければ混雑してそうですから、行かれる方はお気をつけて。

自宅近辺を端折りましたが、本日のルートは以下。国道1号は正直走りやすいとは言えないのですが、変な県道よりも幅がある分ましかも。箱根駅伝に思い入れが無ければ、あまり面白くないかもしれません。134号は私は結構好きなのですが、良いのは浜須賀から大磯の方向だけです。江ノ島近辺はいつでも渋滞してます。鎌倉横浜間は鎌倉街道(県道21号)が一番おすすめだと思います。変なトンネル無いし、道も綺麗です。






2013年1月1日

新年明けましておめでとうございます

今年もよろしくお願い申し上げます。本年の走行距離をリセット。目標(5000km)を超えられるように頑張ります!