2014年8月17日

平成26年深川八幡祭り

今日は深川八幡様の例大祭の最終日、連合渡御です。朝から永代通り、清澄通りを一帯をほぼ全面的に通行止めにして52基の御神輿と大量の担ぎ手が練り歩きます。深川八幡様の支配区域(?)は結構広く、横十間川まで(旧深川区)と隅田川を渡って箱崎、新川の辺りの町も御神輿を出します。

3年に一度の大祭は、前回は2011年に行われる予定でした。ところが3月11日に震災が起き、それどころではなくなって早い時期に翌年への延期が決まりました。2012年の大祭では、何故か旦那の友人と共に神輿の担ぎ手として参加したのですが、8kmにも渡り水浸しで慣れない御輿を担ぎながら炎天下のなか歩くのは、この歳になると厳しいです。でも旦那はとても御神輿が好きなようで、再びずぶ濡れになりに行ってしまいました。私はポタを兼ねて自転車で少しだけ待ちぶせ。

一度担いで全部を回ったので、大体ポイントはつかめてます。まずは近所の永代通り沿いにある木場の御神酒所に寄ってみました。御神酒所前では差し上げをします。もう永代通りはあちこちに水たまりができてずぶ濡れです。ちなみに雨は降ってません。


永代通りを脇道に入っていきます。広い永代通りと違って、1.5車線の道路は担ぎ手で一杯に。何しろ神輿の数が多いですから、いつまでも続く感じです。大体全部が通り抜けるまで1時間半というところでしょうか。


この後、深川江戸資料館通りで少し休憩が入ります。補給は重要です。実はこのお祭り、最初から最後までいない人もいます。担ぎ手は次々と入れ替わらないと保たないので人数が必要ですが、ずぶ濡れで8kmも練り歩くのは結構体力を消耗するので、家の近所まで来たら入るとか、休憩ポイントなど時間の読みやすいところで待つとかいう人も沢山いるのです。ここは女神輿とか決まっている町会もあるので、そこに入ってくるという人もいます。だから清洲通りに到着する頃は、明らかに後ろを練り歩く人が多くなっています。徐々にお祭りも盛り上がってくるのです。清洲橋前で待っていると「あ、やばいもう過ぎてるよ〜」と走って行く女の子たちともすれ違いました。

あちこちの町会ではバケツや子供用ビニールプールを出して水かけの準備をするのですが(中にはかなり内側からなが~いホースを道路にのたうち回らせて、大通りまで持ってきているのも)、なんと言っても放水量が多いのは消防用のホースです。気合入ってます。


そして、御神輿が続々と清洲橋へやってきました。


そうしたらがっつり放水!(注:晴れてます)






通り過ぎた後も放水 (注:晴れてます)


清洲橋は御神輿を差し上げて渡るので、みんな気合入っています。しかし、放水激しく、つい下を向いてしまうのです。


いやー見てると楽しいのですが、担ぐと本当に辛いですよ(笑)。ちなみに八幡様まで戻った後は、各町会まで戻り、さらに町内を巡るというエクストラ担ぎがあります。それもまた大変です。

それにしてもこれだけの人を(担ぎ手として)集められるの、やっぱりすごいなと思います。次は2017年。3年ごとだとすると、オリンピックイヤーの2020年も例大祭ですね。ちょうどオリンピックもこの時期だった気がするけれど、どうするんだろう。

2014年8月11日

東京巡り : Rapha、TNM、阿吽、Allpress...

台風が過ぎた東京は、朝は曇っていましたが徐々に晴れてきました。しかし風が強い。山に行こうかとも考えましたが、雲が多いようですし何より山の強風にはトラウマがあるのでやっぱり平地で過ごそうと、今日は都内をぐるり。

暑いのですが風があるので自転車に乗っているととても気持ちいいです。特に追い風のときは。まずは平日は8:30から開いていて朝食も取れるというRapha Cycle Club Tokyoのカフェへ。プレオープンのときにおじゃましたのですが、実際に店舗が開いてからは一度も行ってませんでした。とはいえ、Rapha製品を販売する店舗のほうは12:00からなのでセールやってるのに寄ってないのですが・・・・。

ちょっとわかりにくいところにありますから、行かれる方は地図を確認してからどうぞ。明治通りの千駄ヶ谷三丁目交差点を1本西方向(明治神宮方向)へ入った通りにあります。本日の相棒は最近購入したブロンプトン。通勤用に使おうとS2Lを購入しました。6段変速のと迷ったのですが、試乗したら2段変速でも関東平野を走るくらいなら平気そうだったので、むしろ持ち運びのときの重量を重視してS2Lにしました。ただ夏は暑くてあまり通勤に向かないので、もう少し涼しくなるのを待っているところです。パンクしたり、突然雨が降ってきたりしたら畳んで輪行しちゃえばいいんですよ、という自転車店の人の言葉に目からウロコでした。もちろん輪行用の全部覆えるカバーも常備です。

カフェのメニューは結構多彩。プロサイクルチームのSKYでも食べられてるというライスケーキがあったり、サンドイッチやウィンナー系のプレートもあるようです。私はちょうど焼きあがってきてたブルーベリーとクリームチーズのマフィンをいただきましたが、かなりボリュームもあって満足でした。見た目は写真のとおり、かなり大胆なんですが、熱々で外はさっくり、中はふんわりで、クリームチーズと大粒のブルーベリーがとても美味しかったです。コーヒーは豆の種類が幾つかあって、私はコク強めというブレンドのアイスコーヒーにしてみました。

さて、千駄ヶ谷を後にして、次に向かうは上野。「白菜」は帰っちゃったけど、台湾の故宮博物院展は休み中に見に行こうと思っていたので、そちらへ向かいます。外苑から四谷を抜けて、水道橋から白山通りへ。ブロンプトンにはナビ類を一切つけてないので、わかりやすいルートを選びました。後楽園はちょうど開園時間らしく、多くの人が並んでいました。私が子供の頃も混雑してましたが、21世紀に入って大分経つのに未だ人を呼べるテーマパークならぬ「遊園地」、なかなかすごいです。

白山通りの西片交差点を東大方向へ行こうと思っていたのですが、追い風で気持よく漕いでいたら、右折するのをすっかり忘れていました。気づくと谷中→という青看板が。行き過ぎた?と思って地図を確認すると、案の定通りすぎてしまった模様。戻るのも面倒なので白山下の交差点から都道452号を谷中を通って芸大方向へ。古い町並み残る谷中のサイクリングを楽しんでいたら、圓朝忌の看板が見えました。命日の8月11日に墓所のある全生庵で法要があるようです。さらに進むと、元酒屋と思われる古民家に、素敵な自転車が飾られているお店を発見。tokyobikeです。残念ながら夏休みのようでしたが、ここにあったかと思いました。

ようやく上野の国立博物館前に到着。まずは麦茶を1本買って一気飲みしちゃいました。駐輪場(と見做されてる場所)に自転車を置いて、平成館の特別展会場へ向かいます。つい最近、国立博物館は門のあたりを大改装したので、駐輪場(しつこいですが「そう見做されてる」場所で、博物館が公称してるわけではないです。もちろん看板もない)も無くなってしまったかと心配したけれど大丈夫でした。

故宮博物院展は、皇帝コレクションを時代の流れと共に展示されていました。伝統的な中国の技法は素晴らしく、特に宋代の刺繍は目を見張るものがあります。明代くらいから白磁が増えるらしいのですが、私はもう少し古い青磁がお気に入り。青とも水色とも言えない美しい色の陶器は不思議な透明感がありました。また、軸や書の類は沢山の蔵書印が押されていて、それらの印によって誰の手を渡ってきたのかを知るのも重要という解説は、図書館員的には非常に面白く思えました。あちこちに印が押されているものは、いろいろとドラマを想像させます。

展示物の多くは書なのですが、解説が少し簡潔で、もう少し書き下しがあると面白かったかなとも思います。来館者は案外中国語を話している方がいらしたので、捕まえて読んでもらえばよかったか(笑)。

異動前に少し古文書の読み方を習ったのですが、ちょうど古文書を本館の1室で展示をしていたので帰りに寄ってみました。うーん、やっぱりちゃんと続けてないと読めなくなる文字が多くなりますね。ああ、この字なんだっけと何度も思いました。反省して再度寺子屋本で練習します。

さて、いつものように仏像の部屋を回って正面玄関に戻ってくると、12時を回ってそろそろお腹もすいてきました。再び自転車に乗って不忍通りを南下、久し振りに湯島の阿吽へ行きました。しばらくお休みしてたと聞いたので心配したのですが、ちゃんと再開して元気に営業しているようです。ちょうど会社の昼休みが終わる時間だったからか、それほど待たずに入れましたが、相変わらず人気でしたよ。

向かいのZehn Coffeeで食後のコーヒーにしてもよかったのですが、せっかくなので清澄白河(江東区平野)に最近出来たAllpress espresso roastery & cafeに行ってみることに。ロースタリーも兼ねてるので、店舗の中には巨大なロースターが。ウィスキー蒸溜所のポットスチルを思い出すような形状で、なかなか壮観です。"エスプレッソ"なのでアイスのカフェラテをいただきました。散歩で疲れた時にちょっと寄る、という感じのお店です。現代美術館や木場公園が近いので、それと合わせて来てもいいかもしれないですね。駅は大江戸線の清澄白河か、東西線の木場だと思うのですが、どちらも歩くと1km以上あって若干遠く感じられるかもしれません。という微妙な場所です。ご近所用って感じでしょうか。

今年は深川八幡様の3年に一度の本祭です。前回2011年の本祭が延期されて2012年にやったので、今年は2年ぶりになるのですが、あちこちで御神酒所の設置が急ピッチで進められていました。見所は17日の連合渡御。50基もの御神輿が出て、深川をぐるっと巡ります。清洲橋・永代橋(差し上げて渡る)、永代橋過ぎ(大量の水かけ)の辺りが見ものです。2年前に担いだとき「これは無理」と思ったので、今年は担ぎ手としては参加しないのですが、見てるだけでも楽しいですよ。ちなみに近くで見学したい方は着替えをお忘れなく(笑)。

2014年8月4日

[自転車]八ヶ岳一周 + α (翌日編:原村〜霧ヶ峰〜佐久平)

当日編から続く

翌日はリカバリーを兼ねたライドで、長野新幹線の駅に出ようと思っていました。霧ヶ峰まで行って、美ヶ原から上田に抜けるか、それとも車山方向から佐久平へ下るか。疲れや天気と相談でどちらかにしようというプランです。結果、台風12号の影響で天候が不安定、雲も多いので山の上の天気が読めないこともあって、距離の短い車山ルートを選択。とりあえず霧ヶ峰に向かいます。


皆さんよりもちょっと早く朝7時半に宿を出発しました。原村から前日と同じエコーラインに出て、そのまま少し茅野方向へ下ります。大塩の集落からキリガミネファームを抜けて霧の駅までの道は、以前ビーナスラインが有料道路だったときに地元の人が抜け道として使っていたと聞いた道です。ほぼ二車線なのに、車の通りもほとんどない走りやすい道路でした。



最初の登りが本当にきついのですが、キリガミネファームに出ると気持ちのよい道路になります。


最後は草原の中に出ます。出発した八ヶ岳の麓の村が小さく下の方に見えました。


ここから霧の駅までは絶望的な坂でした。この道確かに良いのですが、かなり硬派です。素直に大門街道行ってもよかったかなと後悔しました。むしろ299号を再び麦草峠まで登るほうが楽だったかもしれません。麦草峠を過ぎれば後は下りですし・・・。そもそも、霧ヶ峰に3度も自転車で登ってるのに標高1500mくらいだと勘違いしてた私が愚かでした。1800mでしたよ。大塩の集落が大体標高800mなので、15kmそこそこで大体1000m登る計算でした。そりゃ辛いわけだ。

霧の駅で水を補給して、再び車山肩まで登り。ここでほとんど荷物のない私は、荷物を満載したランドナーに追い越されました。本当に情けないです。そして1800m近くまで登ると、涼しいというより肌寒い気候でした。今日はほとんど日差しもありませんでしたし。さすが霧ヶ峰、名前に違わず天然クーラーです。


ここからはビーナスラインを大門峠までひたすら下りです。実はこちらから下るのは初めてで、下ってみて「よくこれを登ってきたな」と思ったのでした。下っている感覚と、登っている感覚って少し違うかもしれないですね。

女神湖まで登り返し、雨境峠まで。なんとか天気も持ちそうですが、軽井沢のほうでは強い雨が降っている場所もあるようです。先を急ぎます。


ここからものすごい勢いで県道40号を下り、平地まで下りて来たら、やはり暑い!なのに佐久平の駅まではアップダウンの繰り返しで、ちょっと辛かった。数字上は八ヶ岳一周のほうがずっと厳しいのですが、3日の中で最も厳しいと感じたのは、この日のライドでした。リカバリーのつもりだったのに、何か間違っている。

この日のルート



結果、3日で230キロ、累積標高4600mのトレーニング?終了。今年はRapha Risingを達成できなかったので、その代わり(それでも標高足りないですが)ですね。なかなか楽しかったです。

[自転車]八ヶ岳一周 +α (当日編)

前日編から続き

さて、今年も八ヶ岳一周の日がやってきました。朝起きると鳳凰三山の向こうに北岳が赤く染まって綺麗に見えました。今日はお天気がよさそうです。


朝、宿の周りを散歩していると、こんな標識も。近くに馬術競技場もありますし、馬の牧場も多いので、実際に馬が歩いているのでしょう。


朝8時半頃、集合場所の道の駅こぶちざわに到着。次々と仲間が集まってきました。9時半簡単なブリーフィングの後、早速一周開始です。


昨年は既にこの時点で結構曇っていたのですが、今年は青空も見えて気持ちのよいスタート。日差しは厳しいものの、風は気持ちいい感じです。

ここから少しでも軽量化を図るためにカメラさえ預けてしまったので写真は無いのですが・・・。

山に入って登りの開始。昨年はすぐに追い越されてしまったので「10分以上間を開けてスタートして」と言い残して一人休憩所を先に出ます。が、やっぱりあっという間に全員に追いぬかれ。。。全然ダメですね。Stravaにアップしたところ、登りのタイムは昨年よりも遅くなってしまいました(笑)。逆に体力的には少し楽になった感があったので、ギアを変更したのは良かったのか悪かったのか。速度は出ないけど、体力は削らない、みたいな。

昨年同様お昼を食べているときに大雨が降ってきました。今年は雷が無いだけましでしたか。雨も上がったので、松原湖方向へ下り、141号を野辺山へ向けて登り返します。結局ライド中に雨には降られなかったので、ラッキーと言えばラッキー。ただ路面は濡れてたので、自転車泥だらけです。。。

昨年同様市場坂の下が休憩ポイントだったのですが、ここでもまた先に出発しました。市場坂くらい逃げ切れるかと思いきや、今年は野辺山の看板前で追いつかれてしまいました。私が遅くなっているのもあるのですが、それ以上に他の人が速くなりすぎ。

学校寮前交差点手前で3人に抜かれたのですが、彼らは危うくそのまま下って行きそうになってました。実は学校寮前の交差点って看板が無いんですよね。しかしここを通り過ぎてしまうとさらに厳しい坂を登り返さなければならないという、自転車にとっては死活ポイントです。「ここ右ですよぅ!」と叫んだのと、幸い交差点が赤信号だったので全員止まったのですが、じゃなかったらそのまま下ってたな。いや、彼らなら十分戻ってこられるから言わなくてもよかったか?(その方が面白かったし)

清里に向けての厳しい登りを抜け、昨年は赤い橋で休憩したのですが、今年はその休憩ポイントが潰れてしまったとのことで、まきば公園駐車場で休憩。まきば公園からは富士山が綺麗に見えていて、私と共にいた最も遅い集団はそこで写真を撮ったりしてたのに、まきば公園で「富士山綺麗に見えましたね!」と言ったら「いや、見てなかった・・・」という回答。みんな追い込み過ぎ。

今度は私だけではなく、何人か先行集団を作って道の駅まで向かいました。もうここから下り基調ではあるのですが、案外登りが厳しくて足に来るんですよね。

というわけで、17時に道の駅に戻ってきました。昨年はこの後雷雨になったのですが、お天気も持って、今年こそバーベキューも楽しみました。それに星も見られたんですよ。ただあまりに星の量が多くてどれがどれだかさっぱり。20人近い人間がいても誰一人星座に詳しい人間はいませんでした。誰かがスマホの星座表を出してくれて、かろうじてこぐま座を認識。なんてしていたら、今度はすごく明るい流れ星!その後も短いものをもう一つ見られました。確か極大日ではなかったのですが、流星群の時期だったんですよね。よかったです。

ルートは昨年と全く一緒。赤い橋手前の売店は閉鎖してしまいましたので、ご注意を。



もう少し登りのトレーニングを積んで、みんなを待たせないようにしたいところです。目標は2013年の自分自身(目標低っ)。

翌日編へ続く

[自転車]八ヶ岳一周 +α (前日編:明野ひまわり)

昨年引き続き、今年も自転車屋イベントの八ヶ岳一周合宿。何人か新しい人も加わって、ライドには総勢15人参加です。昨年は自転車を預けて身一つでスーパーあずさに乗って行ったのですが、昨年はうち2人が翌日も自転車で帰るという暴挙に出ていたので(うち一人は東京まで自走してしまった)、今年は彼らを見習って夏休みを使って前日+翌日も自転車で山梨・長野を楽しもうと思って前泊も計画したのでした。

というわけで合宿前日の金曜日は韮崎まで輪行。以前7月の平日にスーパーあずさ1号に乗ったときは、さすがに平日でそれほど混んでいなかったのですが、8月に入るとやっぱり混んでいるのですね。さらに早朝の中央線事故によってダイヤも乱れていたので、後発の特急に乗る人まで1号に乗り込んできたのでしょう。自由席はひどい状況のようでした。

韮崎駅、結構久し振りに来たのですが、屋根ができていたり、ロータリーが広場になっていたり、少し改装されたようです。


まずは2年ぶりの明野ひまわり畑へ。駅を出た時点で市役所の防災無線が「熱中症に注意しましょう」とがなりたてているのが聞こえてきました。確かに暑いです。ひまわり畑までの道はとても開けた丘の上にあって、ほんの10km程度なのに既に汗だくです。



明野のひまわり畑は少しづつ長い期間咲くように、種まきの時期をずらしているそうですが、メイン会場は少し下の部分が満開でした。恐らく中央部分が満開になるのは人が多くなるお盆の時期でしょうか。


少し離れた会場が満開でしたが、こちらはそろそろ首が垂れてきているので終わりですね。


そのまま多麻トンネルを抜けて清里方向へ向かいます。今日のお昼はこれまた久し振りの中村農場へ。親子丼美味しいです。この辺まで登って来ると風も大分涼しくなってきます。黄色い橋(八ヶ岳高原大橋)を見下ろしてみました。雲が多くはなってきましたが、富士山も見えましたよ。


清里まではいかずに甲斐大泉へ。あまりに暑いのでパノラマの湯で休憩です。帰りがけに入り口にある「深層天然水」をボトルに詰めて、泉ラインを下っていくことにしました。泉ラインは森の中を走るので涼しくて気持ちいいです。


前日ライドはこの辺りで終了。翌日に備えます。ちょっと心配なのが夕方から雷と大雨が降ったこと。昨年大雨でバーベキューが出来なかったので、今年はバーベキューやりたいなと思っていたのでした。せっかく星空が有名な八ヶ岳界隈に来ているので星も見たいし。

まずはこの日のルート



当日編に続く